規制機器


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

イギリス陸軍の兵士が西部戦線で敵を攻撃するように命じられたとき、彼は合計30キログラム(66ポンド)の装備を持っていました。これには、ライフル、2つのミルグレネード、220発の弾薬、スチールヘルメット、ワイヤーカッター、フィールドドレッシング、塹壕ツール、グレートコート、2つのサンドバッグ、ロールグラウンドシート、ウォーターボトル、ハバーザック、ご飯盒、タオル、シェービングキット、追加が含まれていました。靴下、メッセージブック、保存食。機器の重量により、ノーマンズランドを非常に速く移動することは困難でした。

私たちは2日間の食料を取り、150発の弾薬を常に持っていました。靴下を1足余分に取っただけでしたが、戻る前に3足余分に取ってほしいと思いました。私たちは素晴らしいコートを着て、その上に完全な装備を備えていました。パックの上に置いたマック。私たちの水筒はいっぱいで、もちろん私たちはご飯盒、マグカップ、カトラリーも持っていました。私たちがとることを許された一枚の毛布は、地面のシートに巻かれ、私たちの首に馬の首輪のように投げられました。さらに、ポケットプリムス、パラフィン缶、ハインツベイクドビーンズ2缶、ワセリン、トミーズクッカー、詰め替え缶を運びました。手袋、ミトン、マフラー。この横に、私たちはライフルを運びました。あなたが私たちを見ていたらよかったのに。私たちはアニメの古着屋のように見えました。

踏みつけながら、マルセイエーズを口笛で歌いました。パック(毛布、防水シーツ、オーバーコート、シングレット2つ、アンダーパンツ2つ、ハンカチ6つ、タオル2つ、本数冊)とハバーザック(食べ物、シェービングタックル、石鹸、歯磨き粉、ポケットフィールドドレッシング材、オッズとエンド)が満載でした。 )掘り下げるための固定ツールとハンドル。冷たいお茶と双眼鏡でいっぱいの大きな水筒。そして、私の言葉はそれが重いウォーキングでした!これは行進命令です。


規制機器-歴史

最近、危険な環境でキャリアを積む労働者は、彼らを安全に保つために、さまざまな防護服や装備を利用できます。耐久性のあるヘルメットから全身のスーツまで、いわゆる個人用保護具(PPE)の範囲には、あらゆる種類の作業現場で労働者の安全を確保するために必要なほぼすべてのものが含まれています。多くの職業にとって、この種の機器が絶対に必要であることは間違いありません。今日の働く人は、かなり日常的に多くの危険に直面することがよくあります。建設現場には、致命傷を引き起こす可能性のある落下物がたくさんあります。医療ラボには、重度の病気を引き起こす可能性のある敏感な生物学的材料が含まれています。特定の工業用地には、可燃性の衣服が発火する原因となる可能性のある発熱装置がある場合があります。潜在的な危険のリストは延々と続きますが、適切な機器とアパレルに加えて、少し常識があれば、通常、怪我を防ぐのに十分です。

プルデンシャルオーバーオールサプライは、1932年以来、高級な職場のユニフォームのサプライヤーとして、労働者を危害から守るために果たしてきた、そして果たし続けている役割を誇りに思っています。ただし、労働者がこの種の高品質の保護具に常にアクセスできるとは限らないことを覚えておく価値があります。今日多くの人が恩恵を受けている比較的安全な労働環境は、多くの進取的な個人によって設計された革新の長い歴史の結果です。今日私たちが当たり前と思っている特定の種類の安全装置の開発を図式化して、個人用保護具の歴史を見てみましょう。

手袋– 保護手袋は文字通り何千年も前から存在しています。実際、彼らはホーマーの オデッセイ、紀元前8世紀にさかのぼります。この古代の詩には、庭で仕事をしているときにとげから手を保護するために手袋を使用しているレアティーズの簡単な説明が含まれています。古代ギリシャの歴史家クセノポンはまた、彼の時代のペルシャ人が寒さから手を守るために手袋を着用していたことを記録しています。

何世紀にもわたって、手袋はまた、王族や他の著名人に支持された、ある種のファッションステートメントになるようになりました。しかし、一般の労働者もそれらを使用しました。たとえば、中世の間、石工は危険な道具や材料を扱うときに羊皮の手袋を着用していました。また、革手袋はハンターによって一般的に使用されていました。最近では、現場で使用される手袋には多くの種類があり、そのすべてが何らかの危害から手を保護することを目的としています。プルデンシャルは、www.shopprudentialuniforms.comで、寒い環境で断熱を提供するフリース手袋を含む、いくつかのタイプの手袋を販売しています。

ヘルメット 古代または中世の戦争を描いた映画を見たことがあれば、おそらくお気づきかもしれませんが、保護具を使用して硬い物体から頭を安全に保つというアイデアは新しいものではありません。実際、この目的で使用されたヘルメットは、紀元前10世紀、そしておそらくそれ以前にまでさかのぼります。しかし、働く人々が頭蓋骨を危険から守るためにヘッドギアを使用できるようになったのは19世紀になってからでした。造船所の労働者は、帽子にタールを塗ってから、太陽の下で乾かすというアイデアを思いつきました。これにより、落下物による危険から頭を守ることができる丈夫で耐久性のある帽子が作成されました。同じ頃、ヘンリーT.グラタキャップという名前のニューヨークの消防士が、彼の仕事に従事する人々のために特別に作られたヘルメットを考案しました。 Gratacapの基本的なデザインは、今日まで、彼が選んだ職業でほとんど無傷で生き残っています。

1898年、カリフォルニアのビジネスマン、エドワードディキンソンブラードが革製の保護用ヘッドギアの販売を開始しました。彼のビジネスは、第一次世界大戦が勃発するまで、彼に革の帽子をアップグレードするアイデアを与えるまで、何年もの間かなりうまくいきました。ブラードの息子は、ツアー後に米国に戻ったときに第一次世界大戦の戦闘員でした。彼は兵士として着用していた鋼製のヘルメットを持ってきました。これはブラードにアイデアを与えました:建設現場や関連する環境の労働者に同様のタイプのヘッドギアを使用してみませんか?いわゆる「ヘルメット」が誕生しました。

今日、ヘルメットは多くの種類の職場で必要とされています。プルデンシャルの製品ラインには、ヘルメットをかぶった労働者に追加の保護を提供するように設計されたスナップオンフードとフェイスマスクが含まれています。一部のタイプのヘッドギアは、単に頭蓋骨を外部の物体から保護する以上のことができることも指摘する価値があります。いわゆる「視認性」の帽子は、視界が遮られることが多い環境で従業員が安全を保つのに役立ちます。

安全ゴーグル– 溶接工、実験室労働者、および危険な環境で働く他の人は、視力を保護してくれた安全ゴーグルに感謝することができます。しかし、外部の脅威から労働者の視力を保護するための特別なアイウェアのアイデアを誰もが思いつくまでには、しばらく時間がかかりました。視力の低下を拡大するために使用されるアイウェアは何世紀にもわたって存在していましたが、アフリカ系アメリカ人の発明家であるパウエルジョンソンが1880年に彼の「アイプロテクター」の特許を取得したとき(米国特許第234,039号)、真の安全性の飛躍的進歩がもたらされました。 -さまざまな業界の個人がそのようなギアの必要性を見つけたので、高品質の目の保護。これにより、基本設計がさらに洗練されました。

今日では、安全ゴーグルの優れたペアは、多くの場合、紫外線、化学物質、およびその他の危険から目を保護するだけでなく、視力を向上させるなど、多くの貴重な機能を実行できます。

つなぎ服– このタイプの作業服は、カビなどの多くの種類の危険物やアスベストなどの鉱物を防ぐ連続した衣服の表面を提供することにより、人員の安全を確保するのに役立ちます。 (または低い)温度。この衣類は、作業者が完全に自由に動くことができるようにしながら、危険を防ぐ高密度でありながら柔軟な素材で作られている傾向があります。

19世紀に、消防士は職業に関連するさまざまな危険から彼らを保護することを目的とした特別な保護服を使い始めました。当初、厳しい熱条件からある程度の保護を提供するためにウールのユニフォームが使用されていました。消防士にとって、彼らのユニフォームが標準化され、厳格な安全基準の対象となり始めたのは、第二次世界大戦後の年まで、進歩は遅かったです。消防の専門家がこれらの変化を経験している間、他の業界は同様の防護服の必要性を認識し始めました。これは保護カバーオールの開発につながり、今日ではさまざまな業界のニーズに対応するために多くの種類があります。


PPEとは何ですか?予防と規制

防護服の歴史は、紀元前8世紀までさかのぼることができます。古代ギリシャの詩「ホーマーズオデッセイ」から記録されています。これには、庭で仕事をしているときに手をとげから保護するために手袋を使用しているレアティーズの簡単な説明が含まれています。古代ギリシャの歴史家クセノポンはまた、彼の時代のペルシャ人が寒さから手を守るために手袋を着用していたことを記録しています。

何世紀にもわたって、手袋は王族や他の著名人に支持されるファッションステートメントになるようになりました。しかし、一般の労働者もそれらを使用しました。たとえば、中世の間、石工は危険な道具や材料を扱うときに羊皮の手袋を着用していました。また、革手袋はハンターによって一般的に使用されていました。最近では、現場で使用される手袋には多くの種類があり、そのすべてが何らかの性質の害から手を保護することを目的としています。

頭を保護することも最重要でした。特に、人間の古代の過程で、実用的な目的と目立つために作成された多くの異なるタイプのヘルメットが戦争の状況で重要でした。初期のヘルメットのほとんどは主に軍事用途でしたが、戦闘関連の目的よりも儀式的な目的を持っていたものもありました。ヘルメットの最も古い既知の使用法は、紀元前900年のアッシリアの兵士によるもので、戦闘中の鈍器や剣の打撃、矢の攻撃から頭を保護するために厚い革または青銅のヘルメットを着用していました。この目的で使用されるヘルメットは、紀元前10世紀にまでさかのぼり、場合によってはそれ以前にもさかのぼります。しかし、働く人々が頭蓋骨を危険から守るためにヘッドギアを使用できるようになったのは19世紀になってからでした。造船所の労働者は、帽子にタールを塗ってから、太陽の下で乾かすというアイデアを思いつきました。これにより、落下物による危険から頭を守ることができる丈夫で耐久性のある帽子が作成されました。同じ頃、ニューヨークの消防士、ヘンリーT.グラタキャップが、彼の仕事に従事する人々のために特別に作られたヘルメットを考案しました。 Gratacapの基本的なデザインは、今日まで、彼が選んだ職業でほとんど無傷で生き残っています。

さまざまなタイプの安全ヘルメットとその使用法の詳細:

エドワードディキンソンブラード

1898年、カリフォルニアを拠点とするビジネスマン、エドワードディキンソンブラードは、革製の保護用ヘッドギアの販売を開始しました。彼のビジネスは、第一次世界大戦が勃発するまで、彼に革の帽子をアップグレードするアイデアを与えるまで、何年もの間かなりうまくいきました。ブラードの息子は第一次世界大戦の戦闘員であり、ツアー後に米国に戻ったとき、兵士として着用していた鋼製のヘルメットを持ってきました。これはブラードにアイデアを与えました:建設現場や関連する環境の労働者に同様のタイプのヘッドギアを使用してみませんか?これにより、いわゆる「ヘルメット」が誕生しました。

PPEとは何ですか?

個人用保護具(PPE)とは、着用者の体を怪我や感染から保護するために設計された保護服、ヘルメット、ゴーグル、またはその他の衣服や機器を指します。保護具が対処する危険には、物理​​的、電気的、熱、化学物質、バイオハザード、および浮遊粒子状物質が含まれます。保護具は、仕事に関連する労働安全衛生の目的だけでなく、スポーツやその他のレクリエーション活動のために着用することができます。 「保護服」は従来のカテゴリの服に適用され、「保護具」はパッド、ガード、シールド、マスクなどのアイテムに加えて他のアイテムに適用されます。

個人用保護具の目的は、エンジニアリング管理および管理管理がこれらのリスクを許容可能なレベルに低減するために実行可能または効果的でない場合に、従業員の危険への暴露を低減することです。危険が存在する場合は、PPEが必要です。 PPEには、発生源での危険を排除せず、機器が故障した場合に従業員が危険にさらされる可能性があるという重大な制限があります。

PPEのアイテムはすべて、着用者/ユーザーと作業環境の間に障壁を課します。これにより、着用者にさらなる負担がかかり、作業を実行する能力が損なわれ、かなりのレベルの不快感が生じる可能性があります。これらはいずれも、着用者がPPEを正しく使用することを思いとどまらせる可能性があるため、怪我、健康障害、または極端な状況下では死亡のリスクにさらされます。優れた人間工学的設計は、これらの障壁を最小限に抑えるのに役立ち、したがって、PPEを正しく使用することで安全で健康的な作業条件を確保するのに役立ちます。

良い習慣

労働安全衛生の実践では、危険管理と介入を使用して、労働者の安全と生活の質に脅威を与える職場の危険を軽減することができます。ハザード対策の階層は、絶対リスク削減の観点からハザード対策の種類をランク付けするポリシーフレームワークを提供します。階層の最上位には、ハザードを完全に除去するか、ハザードをより安全な代替手段に置き換える除去と置換があります。排除または代替措置を適用できない場合は、より安全なメカニズムを設計し、より安全な人間の行動を指導することを目的としたエンジニアリング管理および管理管理が実施されます。個人用保護具は、労働者が定期的に危険にさらされており、保護の障壁があるため、管理の階層の最後にランクされています。制御の階層は、個人用保護具には非常に有用ですが、作業者の安全の観点からは望ましい制御メカニズムではないことを認識する上で重要です。

「PPEには、発生源での危険を排除せず、機器が故障した場合に従業員が危険にさらされる可能性があるという重大な制限があります。」

PPEの例としては、イヤーマフ、呼吸器、フェイスマスク、ヘルメット、手袋、エプロン、保護具などがあります。 PPEは、危険の有害な影響への暴露を制限しますが、それは労働者がPPEを正しく着用して使用する場合に限ります。

管理制御とPPEは次の場合にのみ使用してください。

  • 他に利用可能な実用的な管理手段がない場合(最後の手段として)
  • リスクを管理するより効果的な方法が使用できるようになるまでの暫定措置として
  • より高いレベルの管理手段を補足するため(バックアップとして)
  • 最後の手段として、他に利用可能な実用的な管理手段がない場合
  • リスクを管理するより効果的な方法が使用できるようになるまでの短期的な対策となること
  • 局所排気換気などの他の制御手段と一緒に
  • メンテナンス作業中は単独で

「最初に尋ねる質問は、設計の安全性など、発生源で危険を排除できるかどうかです。」

ただし、有害物質の取り扱いや、アスベストや感染症などの特定の作業活動では、特定のPPE要件が存在する場合があります。特定の危険については、リスクに対処するために複数の管理手段が必要になる場合があります。たとえば、有毒化学物質への暴露のリスクを制御するには、換気システムの設置、換気システムの予防保守プログラムの確立、警告標識の使用、およびPPEの使用が必要になる場合があります。危険な化学物質や生物学的物質などの物質への暴露から保護している場合は、その物質がどのように体内に侵入する可能性があるかを検討してください。たとえば、化学物質が肺や皮膚から吸収される可能性がある場合、呼吸保護だけでなく皮膚保護も必要になる場合があります。

安全な作業システムを整備することは不可欠であり、安全のためのビジネスケースを浮き彫りにします。労働、健康、安全への投資は、戦略的なものを考慮に入れる必要があります。リスク管理の階層は、トップダウン管理の方法を使用します。特に潜在的な危険に関連するより高いリスク管理方法を優先することにより、これはより安全な職場を作り、各当事者が何らかの方法でより良い生産性とより安全な労働者に利益をもたらす状況を示すために必要な安全への投資です。

したがって、将来、最初に尋ねる質問は、「設計の安全性など、発生源で危険を排除できるか」ということです。もしそうなら、問題は解決しました。そうでない場合は、リストを下に向かって作業を開始し、適切なコントロールが特定されていることを確認して、回答を限定します。上級管理職および変更の影響を受けるすべての労働者に相談し、彼らの意見を求める必要があります。これにより、監視が最小限に抑えられ、変更のサポートと採用が増加し、労働者の満足度が向上し、最終的にはすべての人がお互いに有利な状況を実現できる可能性があります。


ルール履歴

1990年、油濁法は水質浄化法を改正し、一部の石油貯蔵施設に施設対応計画の作成を義務付けました。 1994年7月1日、EPAは、施設の所有者または運営者に、最悪の場合の石油排出に対応するための計画を作成して提出するよう指示する改訂を最終決定しました(サブパートD)。

1988年にペンシルベニア州フローレフェで油流出が発生した後、EPAはSPCCタスクフォースを結成し、地上貯蔵タンクからの油流出を管理する連邦規制を調査しました。 SPCCタスクフォースはEPAに次のことを推奨しました。

  • 油汚染防止規則の特定の規定を明確にし、
  • 規制対象施設の追加の技術要件を確立し、
  • 施設固有の対応計画の作成が必要です。

タスクフォースの勧告に応えて、EPAは1990年代に油汚染防止規則の改訂を提案し、2002年に修正を最終決定しました。EPAはその後、油汚染防止規則のSPCC要件を修正して、遵守日を延長し、明確化および/または調整しました。特定の規制要件。


米国における医療機器の規制と監視の歴史

食品医薬品局(FDA)は、米国で最も古い包括的な消費者保護機関です。 FDAによる食品医薬品の監視は、セオドア・ルーズベルト大統領が純正食品薬品法に署名した1906年に始まりました。それ以来、議会は、ヒトおよび動物用医薬品、生物学的製品、医療機器および放射線放出製品、ヒトおよび動物向け食品、化粧品の開発を保護および促進する上でのFDAの役割を拡大してきました。

1960年代と1970年代に、議会は、医療機器の改正を連邦食品医薬品化粧品法に可決することにより、医療機器に対するより多くの監視を求める国民の要望に応えました。 1982年に、医療機器と放射線放出製品を規制するFDAの組織単位が統合され、機器と放射線の健康センター(CDRH)が形成されました。

以下の年表は、米国の医療機器法の歴史におけるマイルストーンを強調しています。詳細については、個々の法律の本文を参照してください。


参考文献と参考資料

アルドリッチ、マーク。 安全第一:労働安全の構築における技術、労働およびビジネス、1870-1939。ボルチモア:ジョンズホプキンス大学出版局、1997年。

アルドリッチ、マーク。 &#8220「炭鉱の不必要な危険の防止」&#8217:鉱山局と炭鉱爆発に対するキャンペーン、1910-1940。&#8221 テクノロジーアンドカルチャー 36、いいえ。 3(1995):483-518。

アルドリッチ、マーク。 &#8220壊れたレールの危険性:運送業者、鉄鋼会社、および鉄道技術、1900〜 1945年。&#8221 テクノロジーアンドカルチャー 40、いいえ。 2(1999):263-291

アルドリッチ、マーク。 &#8220腸チフスへの難破船:鉄道医学組織の発展、1850年-第一次世界大戦&#8221 医学史紀要、75、いいえ。 2(2001年夏):254-89。

デリクソンアラン。 &#8220危険な労働条件の参加型規制:アメリカの米国鉱山労働者の安全委員会&#8221 労働研究ジャーナル 18、いいえ。 2(1993):25-38。

ディックス、キース。 石炭産業における労使関係:ハンドロード時代。モーガンタウン:ウェストバージニア大学出版局、1977年。この期間の炭鉱作業に関する最良の議論。

ディックス、キース。 石炭鉱山労働者がすべきこと?ピッツバーグ:ピッツバーグ大学出版局、1988年。機械化の時代における採炭労働についての最良の議論。

フェアリス、デビッド。 &#8220製造現場ガバナンスにおける出口から声へ:御用組合の事例&#8221 経営史レビュー 69、いいえ。 4(1995):494-529

フェアリス、デビッド。 &#8220米国製造業における製造現場のガバナンスの制度的変化と戦後の負傷率の軌跡、1946〜 1970年。&#8221 労使関係レビュー 51、いいえ。 2(1998):187-203。

フィッシュバック、価格。 ソフトコールハードチョイス:瀝青炭採掘者の経済的福祉、1890〜 1930年。ニューヨーク:オックスフォード大学出版局、1992年。炭鉱労働者の労働市場の最良の経済分析。

フィッシュバック、プライス、ショーンカンター。 福祉国家への前奏曲:労働者の起源&#8217補償。シカゴ:シカゴ大学出版局、2000年。雇用主の責任規則がどのように機能したかについての最良の議論。

グレイブナー、ウィリアム。 進歩主義時代の採炭の安全性。レキシントン:ケンタッキー大学出版局、1976年。

英国商務庁。 1901年に英国の鉄道で発生した事故に関する一般報告。ロンドン、HMSO、1902年。

英国内務省鉱山主任検査官。 1914年の統計を含む一般レポート、パートI。ロンドン:HMSO、1915年。

ハウンシェル、デビッド。 アメリカのシステムから大量生産へ、1800-1932:アメリカにおける製造技術の開発。ボルチモア:ジョンズホプキンス大学出版局、1984年。

Humphrey、H。B。&#8220米国における炭鉱爆発の歴史的要約&#8212 1810-1958。&#8221 米国鉱山局会報 586 (1960).

カークランド、エドワード。 男性、都市、交通機関。 2巻ケンブリッジ:ハーバード大学出版局、1948年、ニューイングランドの鉄道規制と安全性について論じています。

ランクトン、ラリー。 ゆりかごから墓場:ミシガン州の銅鉱山での生、仕事、そして死。ニューヨーク:オックスフォード大学出版局、1991年。

リヒト、ウォルター。 鉄道で働く。プリンストン:プリンストン大学出版局、1983年。

長い、プリシラ。 太陽が決して輝かない場所。ニューヨーク:Paragon、1989年。19世紀末の採炭鉱山の安全性について説明しています。

メンデロフ、ジョン。 安全の規制:労働安全衛生政策の経済的および政治的分析。ケンブリッジ:MIT Press、1979年。OSHAの下での安全性に関するアクセシブルな現代の議論。

全米科学アカデミー。 より安全な地下採炭に向けて。ワシントンDC:NAS、1982年。

ロジャーズ、ドナルド。 &#8220コモンローから工場法へ:進歩主義以前のウィスコンシン州の職場安全法の転換&#8221 American Journal of Legal History (1995): 177-213.

ルート、ノーマンとデイリー、ジュディ。 &#8220女性はより安全な労働者ですか?データの新しい見方。&#8221 毎月の労働レビュー 103、いいえ。 9(1980):3-10。

ローゼンバーグ、ネイサン。 テクノロジーとアメリカの経済成長。ニューヨーク:ハーパーとロウ、1972年。アメリカの技術を形作る力を分析します。

Rosner、David、Gerald Markowity、編集者。 仕事のために死ぬ。ブルーミントン:インディアナ大学出版局、1987年。

ショー、ロバート。 ダウンブレーキ:アメリカ合衆国における鉄道事故、安全上の注意、および運転慣行の歴史。ロンドン:P。R。マクミラン。 1961年。

トラチェンベルグ、アレクサンダー。 ペンシルベニア州の採炭業者の保護に関する法律の歴史、1824年 &#8211 1915.ニューヨーク:国際出版社。 1942年。

米国商務省、国勢調査局。 アメリカ合衆国の歴史統計、1970年までの植民地時代。ワシントンDC、1975年。

ウスセルマン、スティーブン。 &#8220貨物列車用エアブレーキ:アメリカの鉄道産業における技術革新、1869-1900。&#8221 経営史レビュー 58 (1984): 30-50.

Viscusi、W。Kip 選択によるリスク:職場の健康と安全の規制。ケンブリッジ:ハーバード大学出版局、1983年。一流の学者による現代の安全問題の最も読みやすい扱い。

ウォレス、アンソニー。 セントクレア。ニューヨーク:Alfred A. Knopf、1987年。初期の無煙炭の採掘と安全性についてのすばらしい議論を提供します。

Whaples、Robert、DavidBuffum。 &#8220フラタナリズム、パターナリズム、家族と市場:1世紀前の保険&#8221 社会科学史 15 (1991): 97-122.

ホワイト、ジョン。 アメリカの鉄道貨車。ボルチモア:ジョンズホプキンス大学出版局、1993年。貨物車技術の決定的な歴史。

ホワイトサイド、ジェームズ。 危険の規制:ロッキー山脈の石炭産業における鉱山の安全のための闘争。リンカーン:ネブラスカ大学出版、1990年。

ウォクッチ、リチャード。 労働者保護和風:自動車産業における労働安全衛生。ニューヨーク州イサカ:ILR、1992年

ウォラル、ジョン、編集者。 安全性と労働力:労働者のインセンティブとディスインセンティブ&#8217報酬。ニューヨーク州イサカ:ILR Press、1983年。

1負傷または死亡者は率として表されます。たとえば、1年間に450人の労働者のうち10人が負傷した場合、その割合は.006666になります。読みやすさのために、それは1000人あたり6.67または10万人の労働者あたり666.7として表されるかもしれません。料金は、100万労働時間あたりで表すこともできます。したがって、平均労働年が2000時間の場合、450人の労働者に10人の負傷者が出た場合、[10/450&#2152000] x1,000,000 = 11.1人の負傷者が100万時間労働者になります。

2 1922-1970年の労働災害に関する統計については、米国商務省を参照してください。 歴史的統計、シリーズ1029-1036。以前のデータはAldrichにあり、 安全第一、付録1-3。

3 Hounshell、 アメリカシステム。ローゼンバーグ、 テクノロジー、。アルドリッチ、 安全第一.

4雇用主の責任システムの仕組みについては、Fishback andKantorを参照してください。 前奏曲、 第2章

5ディックス、 仕事上の関係、 そして彼の 石炭鉱山労働者がすべきこと?ウォレス、 セントクレアは、初期の無煙炭の採掘と安全性についてのすばらしい議論です。長さ、 太陽がどこに、フィッシュバック、 軟炭、第1章、第2章、および第7章。ハンフリー、&#8220歴史的要約。&#8221アルドリッチ、 安全第一、 第2章。

6アルドリッチ、 安全第一 第1章。

7アルドリッチ、 安全第一 第3章

8フィッシュバックとカンター、 前奏曲、第3章では、危険な仕事の高給、労働者の貯蓄、傷害保険について説明しています。WhaplesandBuffum、&#8220Fraternalism、Paternalism。&#8221 Aldrich、&#8221 Train Wrecks to Typhoid Fever。&#8221も参照してください。

9カークランド、 男性、都市。トラチェンブルク、 立法経緯 ホワイトサイド、 危険の調整。工場法の初期の議論はスーザンキングズベリー編、xxxxxにあります。ロジャーズ、&#8221コモンローから。&#8221

10貨物車技術の進化については、ホワイトを参照してください。 アメリカの鉄道貨車、Usselman&#8220貨物列車用エアブレーキ&#8221およびAldrich、 安全第一、第1章。ショー、 ダウンブレーキ、列車事故の原因について説明します。

11これらの規制の詳細は、Aldrich、Safety First、第5章に記載されています。

12グレブナー、 採炭の安全性、Aldrich、&#8220&#8216The Needless Peril。&#8221

13これらの法律の起源については、Fishback andKantorを参照してください。 前奏曲、およびそこに引用されている情報源。

14早期補償法の影響の評価については、Aldrichを参照してください。 安全第一、第5章およびFishback and Kantor、 前奏曲、第3章。現代経済における補償については、ウォラルで議論されています。 安全と労働力。鉄道や石炭採掘の安全を促進する政府やその他の科学的研究については、Aldrich、&#8220&#8216The Needless Peril&#8217、&#8221、&#8220The Broken Rail。&#8221で説明されています。

15ファリス、&#8220出口から声へ&#8221

16 Aldrich、&#8220&#8216Needless Peril、&#8221およびHumphrey

17 Derickson、&#8220Participative Regulation&#8221およびFairris、&#8220Institutional Change&#8221も、これらの年の安全を形作る上での組合と製造現場の問題の役割を強調しています。安全性に関する現代の文献の多くは非常に定量的です。読みやすい議論については、メンデロフを参照してください。 安全性の規制 (ケンブリッジ:MIT Press、1979)、および


ゲームの目的

相手チームは、ボールを返す前に、ボールがバウンドしないようにする必要があります。ゲームは3セットまたは5セットのベストでプレイされ、ゲームの最後に最も多くのセットを持つチームが勝ちます。

バレーボールのルールと規則では、各チームには同時に6人のプレーヤーがフィールドにいます。代替品はゲーム全体で使用できます。プロの混合ジェンダーバンドはありません。

各プレーヤーは、攻撃ゾーン(グリッドの隣)または防御ゾーン(コートの後ろ)の位置を占めます。 3人のプレーヤーが各ゾーンにいて、各ポイントの後で時計回りに回転します。

地面は長方形で、寸法は18m x9mです。ピッチを走るのは高さ2.43mのネットです。直径が8インチで、質量が9〜10オンスのボールが必要です。

フィールドの輪郭の周りには、フィールドの外側の領域があり、ボールがこれらのセクションに反映される場合、ポイントは相手チームに与えられます。

各チームは、セットごとに最大2回の制限をそれぞれ30秒間受け取ります。各セットの後、以前に使用されたタイムアウト超過の数に関係なく、タイムアウト超過の数は2に復元されます。


スティック、クラブ、コウモリ

アレクサンダーラザフォードは、オンタリオ州リンジーの町の近くで1852年に彫られた最初のホッケースティックの作成で有名です。スティックはもともと平らな刃を持っていましたが、1957年から1980年の間に、湾曲した刃がより一般的になりました。

16世紀以前は、ゴルファーは自分たちでクラブを作ることが多く、通常は木で作られていました。イングランドのジェームズ4世は、ウィリアムメインにクラブのセットを作ってもらいました。メインのクラブは、ロングショット、ミディアムショット、ホールに近いショット用に設計されていたためです。 GolfClubRevueのウェブサイトによると、これがゴルフクラブセットの起源です。 1800年代には、大量生産が可能になったため、アイアンクラブの作成が容易になりました。今日のゴルフクラブは、技術的に高度なドライバー、アイアン、パターを備えています。

初期の野球のバットはかなり重く、今日使用されているバットよりもハンドルが太いものでした。 1865年に、コウモリは灰またはヒッコリーから作られるべきであることが合意されました。 3年後、バットの長さが42インチを超えてはならないという規則が導入されました。バットの最大厚さである2インチと3/4インチは、1895年に決定され、現在でもMLBのルールとなっています。


呼吸保護の100年の歴史

1919年、米国鉱山局(USBM)は最初の呼吸器認証プログラムを開始しました。数か月後の1920年1月15日、この連邦機関は最初の呼吸器を認定しました。過去100年間の重要なマイルストーンを認識するために、このWebページには、呼吸保護研究の一般的な歴史的概要と、米国連邦政府が実施した認証プログラムの進化が記載されています。

1800年代以前の呼吸保護の歴史

プリニー・ザ・エルダー、Shutterstockの写真提供

世界中の科学者たちは、米国鉱山局よりずっと前に呼吸保護の必要性を認識していました。呼吸保護の歴史は、ローマの哲学者で博物学者のプリニー・ザ・エルダー(23-79 AD)にまでさかのぼります。彼は、動物の膀胱の緩い皮膚を利用して、有毒で水銀である辰砂を粉砕しながら、ほこりが吸い込まれないようにろ過しました。装飾の着色に当時使用されていた硫化鉱物。 Many centuries later, Leonardo da Vinci (1452-1519) recommended the use of wet cloths over the mouth and nose as a form of protection against inhaling harmful agents (Spelce et al., &ldquoHistory,&rdquo 2018 Cohen and Birkner, 2012).

Further scientific inquiry and discovery led to the use of early atmosphere-supplying respirators. While ancient divers used hoses and tubes for supplied air, seventeenth century scientists added bellows to these devices as a way of providing positive pressure breathing. Although science has made advancements over time, the need for proper respiratory protection became increasingly apparent. In the 1700s, Bernadino Ramazzini, known as the father of occupational medicine, described the inadequacy of respiratory protection against the hazards of arsenic, gypsum, lime, tobacco, and silica (Spelce et al., &ldquoHistory,&rdquo 2018 Cohen and Birkner, 2012).

While these scientific discoveries and advancements to respiratory protection were pivotal, the most important date for respiratory protection was still to come.

Nealy Smoke Mask from The National Fireman's Journal December 8, 1877

The 18 th and 19 th centuries achieved the development of what we would recognize today as respirators, far surpassing the use of animal bladders and wet cloths. In 1827, the Scottish botanist Robert Brown discovered the phenomenon known as the Brownian movement &ndash the theory that collisions of rapidly moving gas molecules causes the random bouncing motion of extremely small particles. Understanding the behavior of small particles, the properties of filter media and their interactions led to the first particulate respirator. In the mid-1800s, German scientists conducted studies with industrial dust and bacteria and their relationship with respiratory health. In 1877, the English invented and patented the Nealy Smoke Mask. The Nealy Smoke Mask used a series of water-saturated sponges and a bag of water attached to a neck strap. The wearer could squeeze the bag of water to re-saturate the sponges to filter out some of the smoke. (Coffey, 2016 Cohen and Birkner, 2012 Kloos, 1963).

On July 1, 1910, the U.S. Department of the Interior established the United States Bureau of Mines (USBM). The USBM worked to address the high fatality rate of mineworkers. In 1919, the USBM initiated the first respirator certification program in the United States. In 1920, MSA Safety Company manufactured the Gibbs respirator. This closed-circuit self-contained breathing apparatus (SCBA) operated on compressed oxygen and a soda lime scrubber to remove carbon dioxide. (Spelce et al., 2017). According to MSA Safety Company, industries, fire departments, and health departments were the first to utilize the Gibbs Breathing Apparatus (WebApps.MSANet.com). The U.S. Navy requested a respirator comparable to those used for emergency escape purposes for mineworkers, leading to the invention of the Gibbs breathing apparatus, named for United States Bureau of Mines engineer and inventor W.E. Gibbs. Gibbs also created a respirator specifically for aviators (Spelce, et al., 2017).

World War I presented a new kind of threat to soldiers &ndash chemical warfare gases, such as chlorine, phosgene, and mustard gas. The U.S. War Department asked the USBM to develop gas mask standards. Military equipment at the time did not account for protective masks or respirators. Combat equipment did not include respirators until World War II (Caretti, 2018). As a result, chemical warfare in WWI accounted for 1.3 million casualties and approximately 90,000 fatalities. This amounted to about 30% of all casualties during the war (Fitzgerald, 2008).

World War I respiratory protection, photo courtesy of Shutterstock

Additionally, WWI troops from all over the world helped a new influenza virus spread. The lack of vaccines and respiratory protection contributed to high fatalities from the flu virus. The U.S. reported the first flu symptoms in March 1918. In October of 1918 alone, the flu virus killed 195,000 Americans resulting in the San Francisco Board of Health recommending the use of masks in public spaces. The pandemic flu began to decline in early 1919. The flu caused approximately 50 million deaths across the world, including 675,000 in the United States (&ldquo1918 Pandemic,&rdquo 2018). The spread of the pandemic flu at this time displayed the need of additional respiratory protection and research needed in healthcare settings.

While the flu pandemic exhibited a need for healthcare respiratory protection, researchers at the time still largely focused on the respiratory protection of mining. On March 5, 1919, the USBM produced Schedule 13, &ldquoProcedure for Establishing a List of Permissible Self-Contained Oxygen Breathing Apparatus.&rdquo Schedule 13 set the first set of regulations for human testing of protection of self-contained breath apparatus respirators and certification thereof (Kyriazi, 1999). Finally, on January 15, 1920 the USBM certified the first respirator, the Gibbs breathing apparatus. (Spelce et al., &ldquoHistory,&rdquo 2018 Cohen and Birkner, 2012). The Gibbs breathing apparatus, originally designed for mine work, became the first approved respirator for industrial work. (Spelce, et al., 2017).

Gibb&rsquos Breathing Apparatus

During World War I, the U.S. government sought improvements for respiratory protection across several industries as well as the military. The passing of the Overman Act of May 20, 1918 by President Wilson gave authority for the Army to lead the research efforts in respiratory protection in order to engage in chemical warfare and defense. However, this delegation of research power was short-lived, and the USBM regained the primary task of mine safety research. (Spelce, et al., 2017).

The USBM developed Schedule 14 shortly after for the certification of military-use gas masks. Over time, the USBM altered Schedule 14, &ldquoProcedure for Establishing a List of Permissible Gas Masks,&rdquo several times. Initial modifications to it included acknowledgement of the 1941 USBM &ldquoFacepiece Tightness Test&rdquo which tested the detectable leakages and freedom of movement of the user (Spelce, et al., &ldquoHistory&rdquo (Cont.), 2018).

Because of the horrific casualties of WWI from chemical warfare, armed forces on both sides of the battlefield refrained from using chemical agents during WWII. Both sides shared the paranoia that the enemy had more harmful chemical warfare agents (Chauhan, 2008). As the world entered World War II, the U.S. Navy&rsquos use of asbestos increased for insulation purposes for pipes in naval vessels. It was not until 1939 that a Medical Officer for the U.S. Navy recognized the need for crew to wear respirators when cutting and wetting amosite and other asbestos containing insulation. Later, as the U.S. entered World War II, Fleischer et al. released a study acknowledging the dangers and risks of dust exposures in asbestos insulation manufacturing. However, even after the publication of the Fleischer et al. study in 1946, the U.S. Navy continued to use asbestos with the additional warning that &ldquoexposure to asbestos dust is a hazard which cannot be overlooked in maintaining an effective occupational-hygiene program.&rdquo The Navy continued to recommend confinement of pipe covering operations, and the use of respirators and ventilation (Barlow et al., 2017).

1930s Mask, photo courtesy of Caretti

In the early 1930s, the Hawk&rsquos Nest Tunnel disaster occurred in West Virginia. The estimated death toll, one of the worst in American industrial history, ranges from roughly 700-1,000 deaths of the 3,000 who worked underground. The tragedy of this disaster expedited the publication of the USBM&rsquos first approval of dust/fume/mist respirator approval standards in 30 CFR Part 14, Schedule 21 (USBM 1934). &ldquoThe USBM had already developed standards for and approved oxygen breathing apparatus (1919), gas mask respirators (1919), and hose mask respirators (1927). By 1937, the Bureau expanded its schedule for testing hose masks to include a variety of supplied-air respirators including Type CE abrasive blasting respirator&rdquo (Spelce, et al., 2019). Schedule 21 describes several types of respirators, including Type A, B, C, combinations of A-C, and D (Spelce, et al., 2019). The original Schedule 21 from 1934 included the following requirements:

  • Exhalation valves were required, and inhalation valves were optional
  • Added Pressure-Tightness Tests to assess the fitting characteristics of the respirator
  • Revised the Direct Leakage and Man Test (coal dust test) by eliminating work exercises
  • The high concentration silica dust defined the test period as one 90-minute test, not three 30-minute test periods
  • Eliminated the low concentration Silica Dust Test
  • Water Silica Mist and Chromic Acid Mist Tests defined the sampling period after 156 minutes and after 312 minutes, respectively
  • Added a Lead Dust Test
  • Eliminated the Lead Paint Test

Revisions to Schedule 21 expanded in 1955 under 30 CFR 14 to include the approval respirators with single use filters and reusable filters. Among these, there are two classes of respirators, including approval for protection against Pneumoconiosis and approval against dust that were not more toxic than lead. These approvals expanded to also included protection against lead fumes, silica, and chromic acid mists (Spelce, et al., 2019).

The USBM began to set stricter regulations on respirators during WWII. It established &ldquocertain basic requirements applicable to all types of respiratory equipment. These requirements are as follows: (1) They must give adequate protection (2) they must be reasonably comfortable and physically convenient to wear (3) they must provide an acceptable period of protection and (4) they must be constructed of durable materials. (IC 7130, August 1940, page 5)&rdquo (Spelce et al., 2018 D&rsquoAlessandro, 2018). The regulation of respiratory protection permitted the standardization of higher quality respiratory protection.

After WWII and the use of chemical gas in warfare, researchers continued their work on improving respiratory protection for soldiers. The events of World War II and the boom of industry on the home front exhibited a need for improved respiratory protection in industry. Americans on the home front went to work on the production lines to aid the war effort, ushering in a booming era of industry and manufacturing. However, those workers inhaled high amounts of asbestos due to poorly regulated working conditions. Early accounts from turn of the century industrial hygienists documented the dangers of airborne asbestos in working environments, but it was not until the mid-1950s that prolonged exposure to asbestos caused widespread concern. Research efforts still did not fully serve this need until even later, in the 1960s and 1970s. &ldquoWith the introduction of the membrane filter sampling method in the late 1960s and early 1970s, asbestos sampling and exposure assessment capabilities advanced to a degree which allowed industrial hygienists to more precisely characterize the exposure&ndashresponse relationship&rdquo (Barlow et al., 2017).

Non-combatant mask, circa 1940, photo courtesy of Caretti

Researchers performed tests on respirators to measure protection, but their levels of protection were unregulated. There was not yet a system in place to set a threshold standard of protection nor any regulatory body in the manufacturing of respirators. The respirators used in different settings, such as in construction or commercial farming, lacked regulation to ensure necessary protection against the airborne hazards in these types of settings.

Further, Schedule 21B in 1965 expanded. These changes include (1) extend certification of approval to respirators designed to protect against dusts, fumes, and mists that are significantly more toxic than lead (2) permit certification of combinations of dispersoid-filter and other types of respirators (3) revise current tests to realize accuracy and speed of testing and (4) revise the fees for inspection and testing (USBM, 1964) (Spelce, et al., 2019). This provided further regulation and protection for industrial workers&rsquo respiratory health.

&ldquoThe use of respirators continued unregulated until the Federal Coal Mine Health and Safety Act was enacted in 1969, resulting in regulations governing the certification and use of respirators in the mining industry. The Occupational Safety and Health Act, which established the Occupational Safety and Health Administration (OSHA) and the National Institute of Occupational Safety and Health (NIOSH), was promulgated in 1970&rdquo (Cohen and Birkner, 2012).

According to the Occupational Safety and Health Act of 1970, &ldquoThe Congress finds that personal injuries and illnesses arising out of work situations impose a substantial burden upon, and are a hindrance to, interstate commerce in terms of lost production, wage loss, medical expenses, and disability compensation payments&rdquo (91 st Congress, 1970). Further, the OSH Act of 1970 acknowledges a need for regulation in the safety and health of working citizens to preserve &ldquohuman resources.&rdquo The document sets standards for work places to maintain as well as formulate a regulatory body to oversee the adherence to these standards. The OSH Act not only sets standards to protect workers from physical injury and disease, but also acknowledges the necessity to protect workers from psychological harm in the workplace, such as anxiety linked to physical injury risk at work.

The OSH Act also established the National Institute for Occupational Safety and Health (NIOSH) as a research body focused on the health, safety, and empowerment of workers to create safe and healthy workplaces (NIOSH, &ldquoAbout&rdquo). OSHA and NIOSH continue to be important organizations that assist in safety recommendation and regulation in the workplace, in the area of respiratory protection as well as other areas of personal protective equipment.

&ldquoCongress created the Occupational Safety and Health Administration (OSHA) in 1970, and gave it the responsibility for promulgating standards to protect the health and safety of American workers. On February 9, 1979, 29 CFR 1910.134 gained recognition as applicable to the construction industry (44 FR 8577). Until the adoption of these standards by OSHA, most guidance on respiratory protective devices use in hazardous environments was advisory rather than mandatory&rdquo (Department of Labor, 1998). OSHA reprinted, without change of text, 29 CFR Part 1926 with the General Industry Occupational Safety and Health Standards in 29 CFR part 1910. This has since become a set of OSHA regulations (&ldquoEditorial Note,&rdquo 1978).

In 1994, the U.S. Centers for Disease Control and Prevention (CDC) released a Morbidity and Mortality Weekly Report entitled &ldquoGuidelines for Preventing the Transmission of Mycobacterium tuberculosis in Health-Care Facilities, 1994.&rdquo This document revises the 1990 tuberculosis (TB) guidelines in response to an outbreak in 1991 and studies from 1985 that show a multi-drug resistance to the bacterium that causes TB. These guidelines emphasize importance of healthcare professionals&rsquo proper use of personal protective equipment (PPE), specifically respiratory protection. Areas of emphasis for respiratory protection include ventilation, donning, use, and doffing. Finally, the guidelines address the need to maintain a full respiratory protection program within healthcare settings, ensuring all healthcare workers train in proper PPE use. This is of particular importance for healthcare workers that move from department to department, such as therapists, dieticians, maintenance, interns, etc.

As respiratory protection became mandatory, the importance of a tight and proper respirator fit increased. In 1995, OSHA revised the certification regulations for fit testing. This led to further research in 1996 regarding exposure in the workplace, causing researchers to use simulated workplace protection factors and exposure simulations (Cohen and Birkner, 2012 Department of Labor, 1998).

&ldquoOn 10 July 1995, the respirator certification regulation, 30 CFR 11, was replaced by 42 CFR 84 (NIOSH, 1995). The primary regulatory changes introduced by 42 CFR 84 are associated with a new approval concept, performance requirements for particulate respirator filters, and instrumentation technology. 42 CFR 84 updated filter requirements and tests to provide an assessment of the effectiveness of the filter based upon its efficiency to remove particulates of the most penetrating size from the ambient air regardless of the particulate composition and toxicity (NIOSH, 1994). The approval philosophy for filters changed from minimum requirements considered safe to breathe for various types of dust/fume/mist respirators to acceptable filter efficiency levels against laboratory generated aerosols with particles of the most penetrating size&rdquo (Spelce, et al., 2019).

The OSHA respiratory protection standard, 29 CFR 1910.134, published on January 8, 1998, replaced the agency&rsquos original standard promulgated in 1972. The rule standardized regulations for respirator use in all industries, including maritime, construction, and general industry. However, this did not include updates for the respiratory protection of the healthcare industry, which at this time still functioned under 29 CFR 1910.134 regulations. While this new development did not include the use of respirators in the healthcare setting, it did effectively progress industry, manufacturing, and construction towards a more healthy and safe work environment.

The necessity for respiratory protection in the healthcare setting came to the forefront of concern with the outbreak of tuberculosis in the 1990s.による TB Respiratory Protection Program in Health Care Facilities: Administrator&rsquos Guide, &ldquoThe use of respirators in the health care setting is a relatively new but important step forward in the efforts to prevent the transmission of tuberculosis (TB). Air-purifying respirators provide a barrier to prevent health care workers from inhaling Mycobacterium tuberculosis。 The level of protection a respirator provides is determined by the efficiency of the filter material and how well the facepiece fits or seals to the health care worker&rsquos face. A number of studies have shown that surgical masks will not provide adequate protection in filtering out the TB organism. Additionally, surgical masks are not respirators and therefore, are not NIOSH-certified and do not satisfy OSHA requirements for respiratory protection&rdquo(1999).

In 2001, Congress requested the creation of a division within NIOSH to focus on the improvement and research of PPE and personal protective technologies (PPT). This division, the National Personal Protective Technology Laboratory (NPPTL) conducts scientific research, develops guidance and authoritative recommendations, disseminates information, and responds to requests for workplace health hazard evaluations.

The focus for respiratory protection research shifted drastically in the early 2000s when national tragedy struck. On September 11, 2001, terrorist attacks in New York City, Shanksville, PA, and Washington D.C. led to first responders in these cities, as well as nationally, to jump into action. The employees of NIOSH NPPTL also mobilized. According to NIOSH NPPTL employee Robert Stein,

&ldquoIf anyone ever doubted the potential for impact on a vast scale, those doubts should have been firmly dispelled the morning of September 11, 2001. I was sitting at my desk that was in building 02 at the time when I got a phone call from one of my colleagues who was off site that day. He said, &ldquoThey are flying planes into the World Trade Center.&rdquo I had already heard the news that an airplane had hit one of the World Trade Center towers, but his was the first voice to identify and call it out as an intentional act. Things started to develop rapidly after that. The personnel at the newly formed lab gathered to develop response plans. Response planning quickly evolved into planning for communication contingencies as we got word that government sites would be evacuated. Obedient to the directions to leave the work site, several of us mustered at the nearby home of one of our colleagues to finish up with our what-if&rsquos and how-to-get-in-touch-with&rsquos. It was an eerie ride home, very confusing to the senses travelling under the beautiful blue skies of a perfect late summer day, but with such serious and unknown threats seemingly looming everywhere.

Even while there was still a ban on commercial flights, NPPTL sent two individuals to the World Trade Center site to help with respiratory protection issues as they were occurring. Not only were they able to provide immediate assistance at the World Trade Center site, but the first-hand experience they gained observing the difficulties encountered trying to provide respiratory protection to such a large number of first responders, recovery workers, law enforcement personnel, and other workers involved in the response helped to shape technical and policy decisions for months and years afterwards. The entire lab dedicated long hours in order to complete new statements of standard for respirator types with protections appropriate to protect first-responders involved in terrorist incidents, and then approve respirators so those new standards would actually result in providing appropriate respiratory protection for those workers.&rdquo

Following the terrorist attacks on September 11, 2001, the PPE used by first responders became a top priority for NIOSH, as it emphasized the PPE needed to protect those risking their own lives in order to save lives. In the weeks after September 11, the New York City Fire Department&rsquos Bureau of Health Services (FDNY-BHS) and NIOSH launched a collaborative study. This study researched the effectiveness of personal protective equipment, including respiratory protection, and the occupational hazards and exposures of these first responders. The results indicated that many firefighters did not use adequate respiratory protection during the first week of the rescue/recovery operation (MMWR, 2002).

First Responders using inconsistent respiratory protection practices, photo courtesy of Shutterstock

A study researched seven first responders to the attacks in New York on September 11 and their exposure to the dust at Ground Zero on September 11 or September 12. All were non-smokers or had only smoked in their distant past. The results of the study showed that all seven first responders developed some form of lung disease after their exposure to the dust at Ground Zero (Wu, et al., 2010).

Research suggests the rate of respiratory illness was so high due to a lack in use of respiratory protection. According to firsthand accounts by P.J. Lioy and M. Gochfeld in their 2002 article &ldquoLessons Learned on Environmental, Occupational, and Residential Exposures from the Attack on the World Trade Center,&rdquo an alarmingly low number of individuals were using respiratory protection in the field at Ground Zero, and many that had respiratory protection were not wearing it (Crane et al., 2012).

The work to improve respiratory protection and subsequent guidance on use of respiratory protection has continued well after 2001. In 2005, NIOSH released its &ldquoInterim Guidance on the Use of Chemical, Biological, Radiological, and Nuclear (CBRN) Full Facepiece, Air-Purifying Respirators/Gas Masks Certified under 42 CFR Part 84.&rdquo According to NIOSH NPPTL employee, Jeff Peterson, &ldquoI would certainly say that one of the biggest accomplishments in the field of respiratory protection is the development of the voluntary NIOSH CBRN requirements.&rdquo

The CBRN requirements answered the need of emergency responders to maintain knowledge of PPE in a time of increased global terrorism. This interim guidance document provided guidelines for the selection and use of NIOSH-approved full facepiece, tight fitting, non-powered, air-purifying respirators (APR) for protection against quantified CBRN agents.

Following September of 2001, NIOSH and The RAND Corporation developed multiple volume reports dedicated to protecting emergency responders (Szalajda, 2008). NIOSH also developed three CBRN standards. The first requires that self-contained breathing apparatus (SCBA) meet CBRN protection standards because it &ldquois used where the respiratory threat level is unknown or known to be immediately dangerous to life and health (IDLH)&rdquo (Szalajda, 2008).

Secondly, NIOSH developed a standard for a full-facepiece, air-purifying respirator. &ldquoThe CBRN APR full-facepiece respirator is widely used by multiple responder groups. It provides a lower level of protection than the SCBA and its use is generally allowed once conditions are understood and exposures are determined to be at levels below those considered to be IDLH&rdquo (Szalajda, 2008).

The third priority was that air-purifying and self-contained escape respirators meet CBRN standards. This enabled a more general workforce, rather than those solely focused on first responders, to use PPE safely in a CBRN terrorist incident. As addressed by Deputy Director Jon Szalajda, NIOSH NPPTL &ldquocontinues to develop criteria for additional types of respirators in response to responders&rsquo needs for appropriate respiratory protection against the anticipated hazards faced in performing rescue and recovery operations resulting from viable terrorist threats, as well as HAZMAT incidents&rdquo (Szalajda, 2008).

Nurse demonstrating the donning of PPE worn by healthcare providers when treating an Ebola patient in a medical intensive care unit (ICU), photo courtesy of the CDC

In 2015, the American National Standard Institute (ANSI) standard Z88.2 updated the standard practice for respiratory protection. The Z88 Committee established the standard in 1969, with revisions in 1989 and 1992. The Z88.2 standard &ldquosets forth minimally accepted practices for occupational respirator use provides information and guidance on the proper selection, use and maintenance of respirators, and contains requirements for establishing, implementing and evaluating respirator programs. The standard covers the use of respirators to protect persons against the inhalation of harmful air contaminants and against oxygen-deficient atmospheres in the workplace&rdquo (ANZ88.2-2015, 1.1).

From 2014-2016, a global epidemic of the Ebola virus disease spread to the United States. During this time, proper PPE use in healthcare settings became a paramount concern, as the highly contagious virus spreads from contact with blood and other bodily fluids. Because of the virus&rsquo highly contagious nature, the CDC recommended the use of a NIOSH-approved N95 respirator, or higher level of particulate filtration, or a powered air-purifying (PAPR) when caring for a Person Under Investigation (PUI) for the Ebola virus disease or a person with a confirmed case of the virus. Further, the CDC released guidelines for the disposal, cleaning, and disinfection based on the type of respirator worn by a healthcare worker when treating an Ebola patient. (Frequently Asked Questions, Ebola, 2018).

In 2019, &ldquoNIOSH NPPTL continues to provide national and world leadership in respirator approval, research, and standards development to support the workers who rely on respiratory protection,&rdquo states NPPTL Director, Dr. Maryann D&rsquoAlessandro. Such research includes understanding respirator comfort, fit, and usability stockpiling of respirators and rapid respiratory protection training in healthcare settings.


脚注

1. &thinspSee generally Nighttime Glare and Driving Performance, Report to Congress, p. ii (2007), National Highway Traffic Safety Administration, Department of Transportation [hereinafter &ldquo2007 Report to Congress&rdquo].

2. &thinsp2007 Report to Congress, pp. iv, 11-14. See also, e.g., John D. Bullough etal。 2003. An Investigation of Headlamp Glare: Intensity, Spectrum and Size, DOT HS 809 672. Washington, DC: U.S. Department of Transportation, National Highway Traffic Safety Administration [hereinafter &ldquoInvestigation of Headlamp Glare&rdquo], p. 1 (&ldquoIt is almost always the case that headlamp glare reduces visual performance under driving conditions relative to the level of performance achievable without glare.&rdquo).

3. &thinspJohn D. Bullough etal。 2008. Nighttime Glare and Driving Performance: Research Findings, DOT HS 811 043. Washington, DC: U.S. Department of Transportation, National Highway Traffic Safety Administration, p. I-4.

4. &thinspId., NS。 33. But see Investigation of Headlamp Glare, p. 3 (&ldquoVery few studies have probed the interactions between discomfort and disability glare, or indeed any driving-performance related factors . . . .&rdquo).

5. &thinsp2007 Report to Congress, p. iv。

8. &thinspThe upper beam photometric requirements are set out in Table XVIII the lower beam photometric requirements are set out in Table XIX.

9. &thinspThe Society of Automotive Engineers (now SAE International). SAE is an organization that develops technical standards based on best practices.

10. &thinsp見る 54 FR 20066 (May 9, 1989) (explaining history of photometric requirements).

11. &thinsp43 FR 32416 (July 27, 1978).

12. &thinsp58 FR 3856 (Jan. 12, 1993).

13. &thinsp50 FR 42735 (Oct. 22, 1985) (Request for Comments).

14. &thinsp52 FR 30393 (Aug. 14, 1987) (Request for Comments).

15. &thinsp54 FR 20084 (May 9, 1989).

16. &thinspSee generally 66 FR 49594, 49596 (Sept. 28, 2001).

20. &thinspSafe, Accountable, Flexible, Efficient Transportation Equity Act: A Legacy for Users, Public Law 109-59, Sec. 2015 (2005).

21. &thinspPerel & Singh. 2004. Drivers' Perceptions of Headlamp Glare from Oncoming and Following Vehicles, DOT HS 809 669. Washington, DC: National Highway Traffic Safety Administration.

22. &thinsp68 FR 7101 (Feb. 12, 2003) 70 FR 40974 (July 15, 2005) (withdrawn).

24. &thinspSee generally Summary of Headlamp Research at NHTSA, DOT HS 811 006. Washington, DC: National Highway Traffic Safety Administration (2008).

25. &thinspMichael J. Flannagan & John M. Sullivan. 2011. Feasibility of New Approaches for the Regulation of Motor Vehicle Lighting Performance. Washington, DC: National Highway Traffic Safety Administration. も参照してください 77 FR 40843 (July 11, 2012) (request for comments on the report).

26. &thinspElizabeth Mazzae, G.H. Scott Baldwin, Adam Andrella, & Larry A. Smith. 2015. Adaptive Driving Beam Headlighting System Glare Assessment, DOT HS 812 174. Washington, DC: National Highway Traffic Safety Administration.

27. &thinspSAE J3069 JUN2016, Sec. 3.1。

28. &thinspSAE J3069JUN 2016, pp. 1-2.

30. &thinspJohn D. Bullough, Nicholas P. Skinner, Yukio Akashi, & John Van Derlofske. 2008. Investigation of Safety-Based Advanced Forward-Lighting Concepts to Reduce Glare, DOT HS 811 033. Washington, DC: National Highway Traffic Safety Administration, p. 63。 See also, e.g., Mary Lynn Mefford, Michael J. Flannagan & Scott E. Bogard. 2006. Real-World Use of High-Beam Headlamps, UMTRI-2006-11. University of Michigan, Transportation Research Institute, p. 6 (finding that &ldquohigh-beam headlamp use is low . . . consistent with previous studies that used different methods&rdquo).

31. &thinspInvestigation of Safety-Based Advanced Forward-Lighting Concepts to Reduce Glare, DOT HS 811 033, p. 63。

32. &thinspMichael J. Flannagan & John M. Sullivan. 2011. Preliminary Assessment of The Potential Benefits of Adaptive Driving Beams, UMTRI-2011-37. University of Michigan, Transportation Research Institute, p. 2.2。

33. &thinsp2007 Report to Congress, p. 6. A recent study by the Insurance Institute for Highway Safety noted that &ldquo[t]wenty-nine percent of all fatalities during 2014 occurred in the dark on unlit roads. Although factors such as alcohol impairment and fatigue contributed to many of these crashes, poor visibility likely also played a role.&rdquo Ian J. Reagan, Matthew L. Brumbelow & Michael J. Flannagan. 2016. The Effects of Rurality, Proximity of Other Traffic, and Roadway Curvature on High Beam Headlamp Use Rates. Insurance Institute for Highway Safety, pp. 2-3 (citations omitted). も参照してください Feasibility Study, p. 5 (&ldquoThe conclusion of our analysis was that pedestrian crashes were by far the most prevalent type of crash that could in principle be addressed by headlighting.&rdquo). See Appendix A for an analysis that roughly estimates the target population that could benefit from ADB technology.

34. &thinspLetter from Thomas Zorn, Volkswagen Group of America to Dr. Mark Rosekind, Administrator, NHTSA, Petition for Temporary Exemption from FMVSS 108 (October 10, 2016), pp. 1, 7.

35. &thinspSee, e.g., SAE J3069 (&ldquoHowever, in the United States it is unclear how ADB would be treated under the current Federal Motor Vehicle Safety Standard (FMVSS) 108.&rdquo).

36. &thinspLetter from Tom Stricker, Toyota Motor North America, Inc. to David Strickland (Mar. 29, 2013).

37. &thinspRegulation 48 defines AFS as &ldquoa lighting device type-approved according to Regulation No. 123, providing beams with differing characteristics for automatic adaptation to varying conditions of use of the dipped-beam (passing-beam) and, if it applies, the main-beam (driving-beam).&rdquo

38. &thinsp見る Annex 12 to ECE R48.

39. &thinspMore specifically, they regulate glare that comes directly from the headlamps (as opposed to headlamp glare that reflects off of, say, the road surface).

40. &thinsp1U, 1.5L to L (700 cd maximum) 0.5U, 1.5L to L (1,000 cd maximum).

41. &thinsp1.5U, 1R to R (1,400 cd maximum) 0.5U, 1R to 3R (2,700 cd maximum).

42. &thinspCandela is a unit of measurement of luminous intensity. Candela is a measure of the amount of light coming from a source per unit solid angle.

43. &thinspIlluminance is the amount of light falling on a surface. The unit of measurement for illuminance is lux. Lux is a unit measurement of illuminance describing the amount of light falling on a surface, whereas candela is a measure of the luminous intensity produced by a light source in a particular direction per solid angle. A measure of luminous intensity in candela can be converted to a lux equivalent, given a specified distance.

44. &thinspA photometer, or illuminance meter, is an instrument that measures light.

45. &thinspThe motorcycle was not fitted with photometers because of time constraints and equipment availability. Illuminance receptors were located on a vehicle positioned adjacent to the motorcycle this vehicle's lamps remained off to ensure that the ADB-equipped vehicle was responding only to the motorcycle's lamps.


ビデオを見る: 中邮科技分拣机专题片 (かもしれません 2022).