歴史ポッドキャスト

Sd Kfz 222装甲車、トリポリ、1941年

Sd Kfz 222装甲車、トリポリ、1941年

Sd Kfz 222装甲車、トリポリ、1941年

この写真は、1941年初頭、トリポリの近くのどこかにあるSd Kfz222装甲車のペアを示しています。 アフリカ軍団 北アフリカに上陸(ゾネンブルーメ作戦)。これらの車両は、1941年2月14〜15日にトリポリに到着した偵察大隊IIIに属している可能性があります。


世界大戦の写真

SdKfz261冬2 SdKfz221台 SdKfz222とsPzB41(Panzerbüchse41) 破壊されたSdKf​​z222 1939年9月
SdKfz222東部戦線1942 17装甲師団のSdKfz221。ネルトリンゲン1941年6月10日 SdKfz 223 13 LeichterPanzerspähwagenSdKfz2231938
アフリカ軍団のSdKfz222 SdKfz 261 アフリカ軍団のSdKfz261ファンクワーゲンWH-638530 1941年冬のモスクワ近郊のSdKfz261
SdKfz223上面図 SdKfz222北アフリカ1943 SdKfz 222WH-1312233背面図 SdKfz 222 4
SdKfz 222ポーランド、1939年9月 捕獲されたKleinerPanzerfunkwagen SdKfz261イタリア1943 SdKfz 222 6 SdKfz221がフランスのアビービルに移転1940年
SdKfz221イタリア SdKfz 223 Deutsches Afrikakorps、DAK 1941年3月23日トリポリのSdKfz223 SdKfz 222 1940
リトアニア第8装甲師団のSdKfz223 1941年6月 SdKfz 222 WH100798、1940 Nachrichten Fern Aufklarung Kompanie 621DAKのSdKfz261 1940年にルクセンブルクに入るドイツのSdKfz223
SdKfz 223 14 武装親衛隊のSdKfz221、東部戦線1941 SdKfz223およびT-34in Zolkva 1941年6月 1941年2月にトリポリに向かう途中のAufklAbt3のSdKfz222
SdKfz 221 1938 SdKfz 222 WH32332 1939 カモフラージュされたSdKf​​z223 3 SdKfz 221 DAK 1943
SdKfz221の列 SdKfz223装甲ラジオカー Leichter panzerspahwagen SdKfz 221 SdKfz221ポーランド1939
SdKfz221ライヒターPanzerspahwagen典型的な原始的なポーランドの道路 SdKfz 260 SdKfz222装甲車 ポーランドのSdKfz260 24装甲師団
SdKfz 221 leichter panzerspahwagen /> SdKfz 221 leichter panzerspahwagen 4&#2154 Sd Kfzポーランドの260と22124装甲師団 SdKfz 223 leichterpanzerspahwagenファンク
破壊されたSdKf​​z222 SdKfz222番号241 破壊されたSdKf​​z221ポーランド1939 SdKfz221装甲車
SdKfz260ラジオカー Sd Kfz 222 Sd.Kfz。 250/9ロードスギリシャ ドイツの装甲車SdKfz22217。パンツァー師団東部戦線
SdKfz 222 leichter panzerspahwagen SdKfz 223 1939 SdKfz221武装親衛隊 SdKfz221ドイツ装甲車
SdKfz221軽装甲車 sdkfz221軽装甲車 sdkfz 223 1942 sdkfz222冬
Sd.Kfz。 223パンツァーファンクワーゲン6 sdkfz222ドイツの装甲車 sdkfz223ドイツ装甲車 Sd.Kfz。 223軽装甲ラジオカー
SdKfz221LeichterPanzerspähwagen 冬のsdkfz223 sdkfz222装甲車 sdkfz221ヒョウ
SdKfz223軽装甲ラジオカー2 SdKfz 222装甲車、ロシア SdKfz 223 Panzerfunkwagen sdkfz223ドイツ装甲ラジオカー
sdkfz 223 5 sdkfz221とドイツ国防軍の兵士 Leichter Panzerspahwagen Funk SdKfz223と乗組員 SdKfz260ロシア
SdKfz 223 Panzerfunkwagen 4 sdkfz 223 Panzerfunkwagen SdKfz222LeichterPanzerspähwagen8 SdKfz 223 Panzerfunkwagen 9
sdkfz 223 12 sdkfz222LeichterPanzerspähwagen sdkfz 223 8 sdkfz223クルー
sdkfz 221 6 sdkfz222破壊されたafv sdkfz222鉄道輸送

SdKfz 223(Leichter Panzerspahwagen)

作成者:スタッフライター|最終編集日:2016年6月1日|コンテンツ&copywww.MilitaryFactory.com |以下のテキストはこのサイト専用です。

SdKfz 223は、SdKfz 221(このサイトの他の場所で詳しく説明されています)から始まったドイツの軽装甲車のより大きなファミリーの一部でした。各車両はドイツ軍の戦場で特定の役割を果たし、数百台に採用されました。 SdKfz 223は、コマンドアンドコミュニケーション(CC2)車両として機能し、車両の銃の据え付け品の上に取り付けられた大型の折りたたみ式空中アンテナフレームによって、他の主要モデル(SdKfz 221、SdKfz 222)と区別されました。それ以前の221および222シリーズの車両と同様に、SdKfz 223ラインは、兵役に必要な強度を提供する専用の装甲車シャーシから恩恵を受けました。さらに、同じHorch V8ガソリンエンジンは、現代の機械化された戦争に必要なシステムのクロスカントリー旅行機能を提供しました。 SdKfz 223車両の生産は合計567台で、これらは1936年から1944年1月まで生産されました。元のSdKfz 221とは異なり、SdKfz 223は、ドライバー、司令官、専用のマシンガンナーで構成される3人(2人ではなく)の乗組員を備えていました。 。

SdKfz 223のデザインは、元のSdKfz 221のデザインと密接に関連しており、SdKfz222シリーズとはそれほど関連していませんでした。アンテナフレームと階段状のリアアッパーハルセクションによって区別できます。これは、SdKfz221バリアントにはない機能です。 221ラインに見られる長方形のハッチとは異なり、テーパーハッチもエンジンコンパートメントを覆っていました。

SdKfz 223シリーズの核となるのは、偵察と通信の役割を目的とした軽装甲保護を備えた4x4の車輪付き装甲車両でした。初期の生産では1938年以前にMG13シリーズの主砲が搭載されていましたが、ローカル防衛用に7.92mmMG34標準陸軍機関銃で武装していました。1,050x7.92mm砲が搭載されていました。専用の通信および無線機器が車両に取り付けられました。初期のフォームは30ワットのFu10ラジオセットを特徴としていましたが、後のモデルはこれを80ワットのFu12セットに置き換えました。スペアタイヤは、損傷が発生した場合に交換するために船体の右側に沿って運ばれました。外側の船体の左側には、外部の収納ボックスが含まれていました。 1942年以降、SdKfz 223ラインには、パフォーマンスを向上させるためのより強力なエンジンと、より堅牢なシャーシ(Ausf。Bバリアントの製造)が提供されました。その装甲は正面に沿って30mmの厚さに改良されました。

寸法には、長さ4.56メートル、幅1.95メートル、高さ2メートルが含まれています。記載されている重量は4.4トンでした。最高道路速度は時速46マイルに達し、範囲は185マイルで、国をまたがる旅行ではそれよりも少なくなりました。


Sd.Kfz。 232装甲車

シュヴェラーPanzerspähwagen(Fu)Sd.Kfz。 232(8-rad)(Sonderkraftfahrzeug 232)は、1938年から1943年にかけて製造され、Fu.Ger.11 SE100中距離およびFu.Spr.Ger.A短距離無線機を搭載していました。 2 cm KwK 30 L / 55機関砲と同軸7.92mm MG34機関銃で武装していました。それは両端にドライバーの位置で8輪駆動、8輪ステアリングを持っていました。前部装甲は15mmのわずかに傾斜した均質な鋼で、側面が8 mm、背面が10 mm、上部が6 mm、下部が5mmでした。その装甲は小さな武器の火とHEの破片からの保護しか提供しませんでしたが、より重い武器に対しては効果がありませんでした。その動作範囲は300km(186マイル)で、最高速度は85 km / h(53 mph)でした。 Sd.Kfz。 231(8-rad)はSd.Kfzと同じでした。 232ですが、追加の無線機と大型アンテナはなく、1937年から1941年にかけて建設されました。ドイツ軍は、多くのキャンペーンや劇場で、戦争中の偵察のためにこれらの装甲車を伝統的な騎兵隊の任務に使用しました。

このTamyia1 / 48キットには、2つの興味深いマーキングオプションがあります。

最初のマーキングオプション

&#8220Seydlitz&#8221 WH-230748、第2中隊、Aufklärungs-大隊8、第5装甲師団、ギリシャ、1941年4月

この装甲車は、プロイセン騎兵隊のフリードリヒ・ヴィルヘルム・フライヘル・フォン・セイドリッツ将軍(1721年2月3日から1773年11月8日)にちなんで名付けられました。

第5装甲師団は1941年初頭にルーマニアとブルガリアに派遣され、ユーゴスラビア侵攻に参加しました。ユーゴスラビアキャンペーンの後、第1装甲師団から第1 SS LAH電動歩兵連隊、第73歩兵師団、第9装甲師団で構成されるXL装甲軍団に移管されました。 1941年4月15日、第5装甲師団はアリアクモン川の北で始まり、カラバカを通ってラミア市に向かって南下しました。彼らは道路の封鎖、取り壊し、そして連邦の後衛とのいくつかのマイナーな交戦に遭遇しました。 4月20日、ラミアは軽微な抵抗に襲われ、同盟国はラミアの南でテルモピュライ線に撤退した。ドイツの供給状況は、ラミア地域での食料と燃料備蓄の獲得によって改善されました。 4月22日までに、第5装甲師団の列が、よく偽装された砲兵と個々の戦車に支えられた後衛歩兵によって防御されたテルモピュライの陣地を攻撃しました。強い抵抗の後、連邦軍は4月24日から25日の夜にテルモピュライ峠を放棄しました。 4月30日までに、最後の英連邦軍は脱走するか捕虜になり、ギリシャでの敵対行為は終了しました。

これらの映画は、ザイドリッツがラミアを通過する様子を示しています。

このSd.Kfz。 231は同じユニットからのものです。船体側の名前がわかりません。

ギリシャ1941年の連邦ユニット

&#8216W&#8217ヘンリー・メイトランド・ウィルソン中将が指揮する部隊
&#8211第6オーストラリア師団
&#8211第2ニュージーランド師団
&#8211イギリス第1機甲旅団
(第2機甲師団の102 RHA、2 RHA、3 RTR、4ハザーズ)
&#8211サポートユニットの数。

このSd.Kfz。 232は第5装甲師団または第9装甲師団のどちらかです。手前のトラックは、イギリスの第2機甲師団(第1機甲旅団)のマークが付いたカナダのフォードF60 L. 4&#2154砲兵トラクターです。

2番目のマーキングオプション

WH-612119、第1中隊、Aufklärungs-大隊19、第19装甲師団、ベルゴロド-カール&#8217kov、1943年7月-8月

Unternehmen Zitadelle(ツィタデレ作戦)の期間中、第19装甲師団は第168歩兵師団、第6装甲師団および第7装甲師団とともに第3装甲師団に所属していました。第3軍団は、ベルゴロドのすぐ南にある第6装甲師団、次に第19装甲師団と第7装甲師団とともに、ベルゴロドの南にあるドネツ川北部の西岸に配置されました。 19番目のPDに対抗する川の向こう側には、ソビエトの78番目の警備員ライフル師団がありました。 1943年7月5日(城塞の初日)、第19装甲師団はダルニペスキとドロゴブジノの間の78番目の位置を攻撃しました。次の3日間、第19装甲師団は激しい戦闘に遭遇し、大きな損失を被り、ソビエト防衛線の最も遠い約9 km(5.5マイル)にしか侵入できませんでした。ドイツ軍の前進は全体的に減速し、最終的にはプロホロフカ地域の第3軍団と第2 SS装甲軍団のタイムリーな連携を妨げ、チタデレ作戦を失敗させる状況を作り出しました。 8月3日、ソビエトは戦略的な夏の対抗攻撃作戦Polkovodets Rumyantsev(ドイツ人はそれを「ハリコフの第4戦闘」またはベルゴロド-ハリコフ攻勢と呼んだ)を開始し、8月末までにベルゴロドとハリコフ(現在のハリコフ)奪還され、ドイツの第4装甲軍(III装甲軍団を含む)が破壊されました。第36警備隊重突破戦車連隊、第18戦車軍団、第5警備隊戦車軍は、1943年3月に31から35のレンドリースチャーチルIV戦車で結成され、歩兵支援に割り当てられたプロホロフカの戦いの第2段階にありました。これはおそらくSd.Kfzを通過する36番目の警備員チャーチルです。 232.車はおそらくソビエトの地上攻撃機を機銃掃射することによって無効にされ、放棄された。

これは私のSd.Kfzのクローズアップです。 232タレット。アンテナに取り付けられた鉄棒の目的が何をサポートしているかわからない。

これは、zusatzfrontplatte(&#8220追加のフロントパネル&#8221)のクローズアップです。いくつかの情報源はこのSd.Kfzにキャプションを付けました。第7装甲師団または第2SS装甲師団に属するものとして232。 zusatzfrontplatteのカモフラージュパターンの一部は、多数の&#82207&#8221のように見えることに注意してください。ツインの縦棒は、ツィタデレ作戦中および直後に第19装甲師団が使用した特別なクルスクマーキングです。

これが特別なドイツのクルスクユニットマーキングのリストです

同じSd.Kfzを通過する別のチャーチル。 232と写真はわずかに異なる角度から撮影されました。

第1SS装甲師団AH1939-1941


LeibstandartePanzerspähzugには4つのSd.Kfzがありました。 221s、2つのSd.Kfz。 231sと2つのSd.Kfz。戦争の初めに232s。戦闘の最初の日(1939年9月1日)に、ポーランドのパビャニツェで231と232がそれぞれ1つずつノックアウトされました。

Sd.Kfz。 221:SS-1084、SS-1085、SS-1086、SS-1087
Sd.Kfz。 231:SS-1088&#8220KörnerII&#8221
(ポーランドでの戦闘初日に失われた&#8220Körner&#8221の交換)
Sd.Kfz。 231:SS-1089&#8220Laforce
(1937年からの元の車両)
Sd.Kfz。 232:SS-1090&#8220Faust II&#8221
(&#8220Faust&#8221の交換もポーランドでの戦闘初日に失われました)
Sd.Kfz。 232:SS-1091 &#8220カセラ&#8221
(1937年からの元の車両)

&#8220Faust&#8221は、ガソリンタンクが道路から跳ね返り、腹の下にぶつかった後、ガソリンタンクでショットを受けた後、完全に燃え尽きました。車両は交換されるか、完全に改装され、「Faust II」と改名され、1941年にロシアでノックアウトされました。

8 radの装甲車は、ヒトラーで亡くなった16人の男性が、1923年11月8〜9日にビールホール一揆に失敗したことにちなんで名付けられました。

ALFARTH、BAURIEDL、CASELLA、EHRLICH、FAUST、HECHENBERGER、KÖRNER、KUHN、LAFORCE、NEUBAUER、PAPE、PFORDTEN、RICKMERS、SCHEUBNER-RICHTER、STRANSKY、WOLF

これは、1939年10月5日にチェコスロバキアのプラハをパレードで見た&#8220Laforce&#8221です。バルケンクロイツの中心(十字架)は、ポーランドのキャンペーン中に行われた白い輪郭を残して塗りつぶされました。

これは、1940年にフランスでログを牽引しようとしている&#8220Laforce&#8221です。

これは、1089という番号がほとんど表示されていない最寄りのナンバープレートのクローズアップです。

これは&#8220Laforce&#8221の正面です。フロントフェンダーの三角形のオブジェクトは、15リットルのKraftstoff Explosionssicher(防爆燃料容器)でした。

SS-1089&#8220Laforce&#8221およびSS-1091(ギリシャ)1941年4月。

ポーランドのコラムのSS-1091。
弓の白い十字がツールの上に描かれていることに注意してください。

ポーランドのSS-1091の背面図。
ナンバープレートの&#8220SS&#8221が塗りつぶされていることに注意してください。

映画からのバルカン半島1941年(おそらくギリシャ)のSS-1091の正面図。

Sd.Kfz。 231、北アフリカ

1941年3月&#82111月
zusatzfrontplatteの英国のヘルメットとアンテナのペナントに注意してください。

このフィールドはSd.Kfzを変更しました。 231は砲塔を取り外し、5 cm Pak 38AT砲を搭載しました。

Sd.Kfz。 231およびSd.Kfz。 1940年フランスの未知のユニットの232。

私の推測では、彼らはフロントボウに発煙手榴弾ラックを取り付けています。ドライバービジョンポートの隣に取り付けられた馬蹄形と、フロントフェンダーのKraftstoffExplosionssicherラックに詰まった木の束に注意してください。

昨夜、装甲車をどこに置いたのですか?

利用可能な市場付属品の後

48022はスペアタイヤマウント変換セットのないエンジンリアシャッターで、48D14はSS-1089&#8220Laforce&#8221とSS-1091のマーキングを含むデカールセットです。彼らは、&#8220Laforce&#8221を&#8220Das Reich&#8221SS-Divに属するものとして誤ってラベル付けしました。


Sd.Kfz。 222は軽量の四輪駆動装甲車でした。ナチスドイツが敗北するまで、ドイツ軍の標準的な軽装甲車になりました。機甲師団の偵察大隊(Aufklärungs-Abteilung)によって使用されたこのタイプは、西ヨーロッパのような良好な道路網を持つ国で十分に機能しました。しかし、東部戦線と北アフリカでは、このクラスの車両は、オフロード性能が比較的低いために妨げられていました。

Sd.Kfz。 222は、2 cm KwK 30 L / 55機関砲と7.92mm MG13機関銃で武装していました。以前のバージョンに関しては、Sd.Kfz。 221、乗組員は砲手を追加することによって3人に増やされ、その任務の指揮官を解放しました。 1938年にMG13はMaschinengewehr34に置き換えられ、1942年にKwK30は同じ口径のより高速発射のKwK38に置き換えられました。生産は1937年から1943年後半まで行われ、陸軍向けに少なくとも990台の車両が生産されました。そのフルネームはLeichterPanzerspähwagen(2cm)でした。

&#39Katrin&#39は最も有名なSd.Kfzです。ヨーロッパの222レプリカ。 &#39カトリン&#39はオリジナルのように正確な測定値で作られました。使用されたフレームは、彼が構造を構築した古いバンでした。それは非常に頑丈な金属製です。車両は台車と車軸で持ち上げられますSavien / Avia15 / 30。オイルエンジンSavien / Avia 15/30、内容3.359ccmを搭載。推進力は後車軸にあります。車両にはディファレンシャルのストップバルブが装備されています。電気予約は12Vの電圧で動作し、すべての車両の会社の完全に機能するインターホンは24Vで動作します。

車両の設備は、オリジナルの完全に機能する前後のノートク、クラクソン-ボッシュ、ジャック、燃料バンカーと水用ホルダー、オリジナルのラジオ局FU 5、および車両のメンバーの私物などの別の内部設備です。会社、車両の側面の機能的な場所、雨とは反対のシート。作業器具と他の外部設備があります(写真を参照)。過激派の塔は完全に回転し、機能的な上部ケージによってポーチされています。回転は手作業で行われます。機関銃用の大砲のキャリッジとベッドは、-6度から+80度までの高度で完全に機能します。

その建物は2000年から2003年までの3年かかりました。&#39Katrin&#39は非常に詳細で正しいサイズのレプリカになりました。彼女は2003年のイベントに初めて出演しました。彼女は、13年間の「任務」の間に、多くのハリウッド映画や再現ショーに参加してきました。これらの目的のために、その建設と任命を完全に減らしました。車両の外側は完全にパターンに対応しています。車両の内部は、その構造と内部の任命、および戦闘における最大の機能の対象となりました。 &#39カトリン&#39は、その運用期間を通じて、2種類のカモフラージュペイントとダークイエローのフェルドグラウ/ブロンウェンを受け取りました。

彼の13年間の激しい戦いにもかかわらず、&#39カトリン&#39は本物のように見える完璧な緑青/光学系を持っています!オリジナルのバレル20mmFlakガンのレプリカと、MG34ガンマシンのガス発射レプリカが搭載されています。現在の所有者は、新しいパンツァープロジェクトのために、&#39Katrin&#39の熱狂的な新しい所有者を探しています。


イギリスの装甲車連隊の装備

投稿者 ジェームズAプラットIII &raquo 2008年6月19日、22:09

Re:イギリスの装甲車連隊の装備

投稿者 JonS &raquo 2008年6月19日、23:55

Re:イギリスの装甲車連隊の装備

投稿者 デビッドW &raquo 2008年6月20日、00:27

返信を公開してみませんか?他の人も興味を持ってくれると思います。

Re:イギリスの装甲車連隊の装備

投稿者 JonS &raquo 2008年6月20日、00:45

私は彼らがそうするだろうと確信しています。あなたがあなた自身の質問への答えの経験からよく知っているように、私は笑いのためだけに恥ずかしがり屋ではありません、そして上記の私の投稿への編集は説明します。

私の計画はジェームズにいくつかのPDFを送ることです(彼が私に連絡した場合)、そして私はフォーラムを通してそれをしようとすることに取り組むつもりはありません。

Re:イギリスの装甲車連隊の装備

投稿者 The_Enigma &raquo 2008年6月20日、02:05

私はそれが一般的なことだとは思いません。つまり、すべての連隊が同じ数の車で同時に再編成されているなどです。

第11軽騎兵隊は、ブレビティ作戦の前にコンパスで使用した車を投入し、マーモン・ヘリントンMkIIを装備していたことを知っています。エジプトへの撤退後、彼らが再装備されたのは、手前ではなく、1941年3月から4月(記憶が役立つ場合)であると読んだような気がします。

これについての私の情報源、そしてあなたはおそらく少なくともこのregmentのより具体的な情報と日付を見つけるでしょう:戦争の第11回:ダッドレー・クラークによる1934-1945年までの第11ハザーズ(アルバート王子自身)の物語であること。おそらくあなたの最寄りの中央図書館でそれを見つけることができます、まああなたは少なくともリバプールで見つけることができます

私の人生では、コンパス中に彼らが持っていた車を思い出せませんが、南アフリカの車を上に置く前に、彼らがガイ装甲車を使用したことを読んだことを覚えています。

Re:イギリスの装甲車連隊の装備

投稿者 マイケル・エムリス &raquo 2008年6月20日、05:31

さて、以下のすべてはから来ています 砂漠の道 ウィリアムE.プラッツによる。彼の情報にはギャップがありますが、彼は通常かなり信頼できます。

コンパス作戦の場合は11日。 Hussarsは「約40台のロールスロイスと20台のモリス装甲車」を持っていました。

ロンメルの最初の攻撃では、1941年3月1日。キングスドラグーンガードは「約50人のマーモンヘリントンMk.IIを持っていました。

クルセーダー作戦では、物事はもう少し複雑になります。
6日。 SA装甲車連隊は2Sqdnsを持っていました。マーモンヘリントンの。
7日。 SA偵察。 Bn。 2Sqdnsを持っていました。マーモンヘリントンの。

キングスドラグーンガード、C戦隊は30人のマーモンヘリントンMkを持っていました。 IIs。

11日。 Hussarsは「約50のHumberMk。IIおよびIIA / C」を持っていました。
キングスドラグーンガードA&ampB戦隊には「約50人のマーモンヘリントン」がいました。
4日。 SAには「約50のマーモンヘリントン」がありました。
3位。 SA偵察。 Bn。マーモンヘリントンがいた(数は言及されていない)。
6日。 SAアームド。車の連隊Sqdn。マーモンヘリントンがいた(数は言及されていない)。

後の戦いについては、2番目の投稿で説明します。

Re:イギリスの装甲車連隊の装備

投稿者 デビッドW &raquo 2008年6月20日、08:36

過去の返信の質から、恥ずかしがり屋だけでなく、あなたの理由が正当であることがわかります。私は確かにあなたの知恵から恩恵を受けました。
Michealが上で試みたように、おそらくそれらは日付または連隊によって「一口サイズ」のチャンクに分解される可能性がありますか?

最高の願い、デビッド。

Re:イギリスの装甲車連隊の装備

投稿者 マイケル・エムリス &raquo 2008年6月20日、10:58

再開するには、同じソースから:

ガザラの戦いの開始時:
3位。 SA偵察。 Btn。マーモンヘリントンACを持っていた(番号は与えられていない)。
6日。 SA装甲車連隊40のマーモンヘリントンACを持っていました。
7日。 SA偵察。 Btn。マーモンヘリントンACを持っていた(番号は与えられていない)。

12日。ランサーには約20のハンバーACがありました。

キングスドラグーンガードはマーモンヘリントンACを持っていました(番号は与えられていません)。このエントリに追加された興味深いメモがあります: 「KDGは5月初旬にドイツのSd。Kfz。222装甲車を買収し、その後COがコマンド車両として使用しました。同様に、多くの車が改造され、37mmと47mmの対戦車砲が搭載されたものもありました。彼らへ。"
4日。 SA装甲車連隊マーモンヘリントンACを持っていた(番号は与えられていない)。

第二次エルアラメイン:
4日/ 6日SAアームド。車の連隊55マーモンヘリントンMkを持っていた。 IIIsAC。
3位。 SAアームド。車の連隊55のマーモンヘリントンACを持っていました。

XIII軍団本部には13のACがありました(タイプは与えられていません)。
4日。 (軽い)武装。 Bde。 9つのACがありました(タイプは指定されていません)。
王室騎兵連隊53個のACがありました(タイプは指定されていません)。
11日。 Hussarsには61のHumberMkがありました。 IIIAC。
2位。 DerbyshireYeomanryは50ハンバーMkを持っていました。 IIIAC。

12日。槍騎兵は55のハンバーACを持っていました。
1日竜騎兵(ロイヤルズ)には46のACがありました(タイプは指定されていません)。

著者はまた、フォーメーションの本部に割り当てられたさまざまなタイプの追加の53のACがあったことにも言及しています。

Re:イギリスの装甲車連隊の装備

投稿者 The_Enigma &raquo 2008年6月20日、12:33

Re:イギリスの装甲車連隊の装備

投稿者 デビッドW &raquo 2008年6月20日、13:00

第1近衛軽騎兵隊は、ロンメルの最初の攻撃の時点でまだディンゴの1個飛行隊を持っていました。

第1王立竜騎兵隊は1942年秋にハンバーMkIIとM / HMkIIIを組み合わせました。

H.C.Rには42xM / HMkIIIと11xDaimler @ 23/10/42があります。

Michaelのすばらしい投稿に追加できるのはこれだけです。

Re:イギリスの装甲車連隊の装備

投稿者 ジェームズAプラットIII &raquo 2008年6月26日、22:15

Re:イギリスの装甲車連隊の装備

投稿者 Ironmachine &raquo 2008年6月28日、18:51

第11軽騎兵隊
劇場で群を抜いて最も経験豊富な連隊である「チェリーバム」は、デザートラットの非公式なプロ意識を象徴しています。この連隊の男性は赤褐色のベレー帽を身に着けていました。
06 / 40-03 / 41:ロールスロイスおよび/またはモリスC9、および軍隊ごとに最大1台のガイ装甲車。
03 / 41-10 / 41:各部隊にブレダまたはゾロトゥルンの銃を搭載した最大1/3のマーモンハリントン装甲車。
10 / 41-02 / 43:ハンバー装甲車。最初はMkIとMkIIハンバー–アラメインの前にMkIIIハンバーを手に入れました。
02 / 43-05 / 43:すべての部隊に2台のダイムラー装甲車と1台のディンゴスカウト車。ジープに搭載された歩兵小隊1個と、ホワイトスカウトカーに搭載された歩兵小隊1個が飛行隊に搭載されました。戦隊本部は、ハンバー装甲車がより広く、戦隊の指揮車両としてより適していたため、引き続きハンバー装甲車を使用しました。
出典:
PRO WO169 / 220、WO169 / 1390、WO169 / 4490、WO169 / 9320
CLARKE.D.W、第11次戦争。 1934年から1945年までのアルバート王子自身の第11ハサーズの物語であるマイケル・ジョセフ:ロンドン、1952年。

第1王立竜騎兵隊
1941年にエジプトに到着し、第11軽騎兵隊によって訓練された「ロイヤルズ」は、非常に経験豊富な連隊でした。この連隊の男性は灰色のベレー帽をかぶっていました。
05 / 41-08 / 42マーモンハリントンIII装甲車で、最大1/3で、部隊ごとにブレダまたはゾロトゥルンを捕獲しました。
08 / 42-02 / 43ハンバー装甲車と軍隊ごとに最大1台のダイムラー装甲車。
02 / 43-05 / 43ハンバー装甲車と軍隊ごとに最大1台のAEC装甲車。
出典:
PRO WO169 / 1383、WO169 / 4478、WO169 / 9310
Pitt-Rivers.J.A、The Story of the Royal Dragoons、1938-1945。北アフリカ、中東、イタリア、北西ヨーロッパのキャンペーンにおける王立竜騎兵隊の歴史であるウィリアム・クロウズ&サンズ:ロンドン、1956年

第12ランサー
1940年のフランスのキャンペーンの退役軍人。彼らは戦闘で重要な役割を果たしました。第12ランサーは非常によくつながっているという評判があり、その将校の多くは迅速な昇進の道を楽しんだ。彼らは通常、第1装甲師団に所属していました。ほとんどの英国の通常の騎兵連隊と共通して、男性はサイドキャップを着用し、将校はRACの黒いベレー帽ではなく平らなひさしのついたキャップを着用していました。
12 / 41-02 / 43ハンバー装甲車。
03 / 43-05 / 43:軍隊ごとに2台のダイムラー装甲車と1台のダイムラーディンゴスカウト車。戦隊本部にはハンバーがいた。
出典:
PRO WO169 / 4482、WO169 / 9326
Stewart、P。F、History of the XII Royal Lancers(Prince of Wales's)、O.U.P.、London、1950

キングスドラグーンガード
より一般的にはKDGまたは「ウェールズのタンキー」と呼ばれます。ほとんどの英国の通常の騎兵連隊と共通して、男性はサイドキャップを着用し、将校はRACの黒いベレー帽ではなく平らなひさしのついたキャップを着用していました。
02 / 41-03 / 43マーモン・ハリントンIII装甲車で、最大1/3で、部隊ごとに銃を捕獲しました。
06 / 42-03 / 43軍隊ごとに最大1台のダイムラー装甲車。
03 / 43-05 / 43軍隊ごとに、ハンバー装甲車2台とAEC装甲車1台。
出典:
PRO WO169 / 1384、WO169 / 4477、WO169 / 9312
McCorquodale.D、王のドラグーン警備隊の歴史、1938年-1945年、グラスゴー1950年

王立騎兵隊
「ブリキのタミー」はアラメインで限られた行動を見ました。
10 / 42-12 / 42:マーモンハリントンと軍隊ごとに最大1台のダイムラー装甲車。
出典:
PRO WO169 / 4476戦時日誌
WYNDHAM、Everard Humphrey、The Household Cavalry at War:First Household Cavalry Regiment、Gale&amp Polden:Aldershot、1952

2番目のダービーシャーヨーマンリー
Derbyshire Yeomanryは、アラメインで限られた行動を見ました。
10 / 42-12 / 42:ハンバー装甲車と、軍隊ごとに最大1台のダイムラー装甲車または最大1台のAEC装甲車。
出典:
PRO WO169 / 4493
JONES、Capt.A.J、The Second Derbyshire Yeomanry 1939-45年の第二次世界大戦中の連隊の説明、ホワイトスワンプレス:ブリストル、1949年

第1ダービーシャーヨーマンリー
チュニジアで第一軍と戦ったヨーマンリー連隊。彼らは、軍隊の3つの異なる装甲車の非常に珍しい組織を持っていました!
12 / 42-05 / 43:軍隊ごとに1台のダイムラー装甲車(中尉)、1台のハンバーIII、1台のディンゴスカウト車(ダービーシャーヨーマンリーの戦隊のために独自の「ホームルール」を作成することをお勧めします。ダイムラー1台、ハンバーIII 1台、ディンゴスカウトカー1台。)
出典:
PRO WO175 / 293

第4南アフリカ装甲車連隊
マーモンハリントンの南アフリカ人は高く評価されていましたが、私はこの連隊について多くを知ることができませんでした。
/ 41-12 / 42マーモンハリントン装甲車、捕獲された銃で最大1/3

RégimentdeSpahisMarocains、無料のフレンチフライングコラム
無料のフランス語–この戦隊に関する情報を提供してくれたSimonMcBethに感謝します。
10 / 42-05 / 43:マーモンハリントンIII装甲車、一部は捕獲された銃を搭載。

戦隊は通常、付属のATポーティ(執事はチュニジアで特に効果的でした)、RHA、およびモーターライフルマンによってサポートされていました。通常、「ジョックコラム」には、装甲車の戦隊、AT銃の部隊、野戦砲の部隊またはバッテリー、および15cwtトラックのライフル兵のモーターカンパニーがありました。ジョックコラムは、1942年の初めから中頃に、フォーメーションを小さな諸兵科連合の「ペニーパケット」に分割するために第8軍にマニアのようなものがあったときに広く使用されました。しかし、モンゴメリが引き継いだ後は、はるかに厳格な管理が行われ、ジョックコラムが引き続き使用され、装甲車とライフルマンのコラムが北アフリカ全体でロンメルの追跡を主導しました。砂漠のネズミの装甲戦隊で装甲を守ってはいけません。 (イギリスの教義では、戦車は敵の主力に対する決定的な行動のためのものであり、装甲車での偵察のためのものではありません!)ブレダのポーティは1940-41年に第106王立馬砲兵を装備しました。 11番目のハザーズに所属していましたが、ブレダのポーティが装甲車で使用されたのはこれだけです。


バリアント[編集]

軍用の標準化されたシャーシ上に構築された軽装甲車のベースモデルと最初の生産シリーズは、完全な指定でした Leichter&#160Panzerspähwagen&#160(M.G。) Sd.Kfz。 221は単一の7.92mmで武装していました Maschinengewehr (MG)13機関銃、1938年以降に Maschinengewehr (MG)34。2人の乗組員(運転手と指揮官/砲手)がいて、四輪駆動が装備されていました。生産は1935年から1940年まで行われ、少なくとも339台の車両が生産されました。それはAusfでのみ生産されました。シャーシと14.5&#160mmの最大正面装甲。一部のSd。&#160Kfz&#160221は、改造された砲塔に2.8 cm sPzB41の重い対戦車ライフルで再装備されました。

このバージョンの車両は2cm KwK 30 L / 55機関砲で武装しており、MG13機関銃1丁が完全に指定されていました。 Leichter&#160Panzerspähwagen&#160(2&#160cm)。砲手が加わったことで乗組員は3名に増え、指揮官はその任務から解放されました。 1938年にMG13はMG34に置き換えられ、1942年にKwK30は同じ口径のより速く発射するKwK38に置き換えられました。生産は1937年から1943年後半まで行われ、少なくとも990台の車両が生産されました。

Sdと同様の機能を備えた装甲車。 Kfz。 221、しかしフレームアンテナと30ワットのFuG10中距離無線機の追加で完全な指定は Leichter&#160Panzerspähwagen&#160(Fu)。車両のそれ以降のバージョンには、改良された80ワットのFuG12無線機が装備されていました。もともとはMG13機関銃で武装していましたが、1938年にMG 34に変更されました。3人の乗組員は、運転手、指揮官、無線通信士で構成されていました。生産は1936年から1944年1月まで行われ、少なくとも567台の車両が生産されました。

Kleiner Panzerfunkwagen SD。 Kfz。 260/261

長距離無線機器と車両上の大きな「ベッドフレーム」アンテナを備えた非武装の無線車バージョン。一般的に信号の使用に使用され、フィンランドでは3台が装甲車として使用されました。 &#912&#93 Sd。&#160Kfz&#160260には、航空機と通信するための無線機とSd.Kfzが装備されていました。他の地上ユニットと通信するための無線機を備えた261。 1940年9月1日までに、メーカーは36Sd.Kfzを注文しました。 260および289Sd.Kfz。 261.生産は1941年4月から1943年4月まで行われ、両方のタイプの483台の車両が生産されました。


コンテンツ

軍用の標準化されたシャーシ上に構築された軽装甲車のベースモデルと最初の生産シリーズ。 Sdkfz。 221は単一の7.92mmで武装していました Maschinengewehr 34機関銃、2人の乗組員が配置され、4輪駆動でした。装甲保護は元々8&#160mmの厚さでしたが、生産後に14.5&#160mmに増加しました。

改造された砲塔に28mmsPzB41「重対戦車ライフル」を装備。

このバージョンの車両は、2 cm KwK 30 L / 55機関砲と7.92&#160mmMG34機関銃で武装していました。 Crew increased to three by the addition of a gunner, relieving the commander of that task. Some versions included a 28 mm anti-tank cannon.

SdKfz. 223 Panzerfunkwagen

A radio car version, armed like the 221 with a 7.92 mm MG34 machine gun. Included additional radio equipment, and had a large "bed-frame" antenna over the vehicle. Over 500 of the SdKfz 223 were produced.

Kleiner Panzerfunkwagen SdKfz 260 Kleiner Panzerfunkwagen SdKfz 261

An unarmed radio car version. Included additional radio equipment, and had a large "bed-frame" antenna over the vehicle. Generally used for signals use, three were used as armoured cars in Finland. &#911&#93


Sd.Kfz.250 / 9 combat reconnaissance vehicle (Germany)

The light armored personnel carrier Sd.Kfz.1941, delivered to the series in 250, was distinguished by rather high characteristics, which could not but lead to attempts to use it as a base for other equipment. As a result, soon after the start of operation of the basic version of this armored vehicle, work began on the creation of specialized modifications. So, by the middle of 1942, a draft reconnaissance vehicle based on the existing BTR appeared. This technique, which was subsequently built in a rather large series, received the designation Sd.Kfz.250 / 9.

By the time of the attack on the Soviet Union, the main combat vehicle of Nazi German intelligence officers was the Sd.Kfz.222 armored car. This machine was in service with the 1937 year and until a certain time suited the army. However, over time, it was decided to replace this technique with more advanced samples. The fighting on the Eastern Front showed that wheeled armored vehicles are not always able to fully solve the tasks assigned in off-road conditions, as well as in difficult conditions of autumn and winter in the territory of the USSR. Available armored cars required some kind of replacement.

Variants of modernization of the existing machine and the development of a completely new project of such equipment were immediately rejected. The situation did not allow to engage in such work for technical and economic reasons. In addition, there were financial constraints. The only real way out of this situation was the development of a combat reconnaissance vehicle based on one of the existing models of equipment with acceptable characteristics.

The Sd.Kfz.250 armored personnel carrier found a promising and promising basis for the new reconnaissance vehicle. This equipment was already produced in large quantities and was actively used by the troops, which could facilitate the deployment of the assembly of new specialized machines, as well as simplify their operation. In addition, the BTR of the existing model met the requirements for mobility in rough terrain. Thus, the reconnaissance vehicle should be built on the basis of the existing serial equipment.

The new project received the designation leichter Schützenpanzerwagen 2 cm and Sd.Kfz.250 / 9. In addition, the name Gerät 883 was used. The main designations of the project reflected the serial number of the development, as well as the class, purpose and used weapon. As the name implies, a light reconnaissance vehicle with an 20-mm gun was created.

To reduce the time required to develop the project and prepare for mass production, it was decided to abandon the creation of a large number of new components and assemblies. It was proposed to minimally modify the housing of the existing chassis, and then install on it the existing combat module with weapons. This made it possible to solve a number of design and technological problems, and also in the shortest possible time to establish the serial construction of reconnaissance vehicles.


Armored personnel carrier Sd.Kfz.250 Alte. Photo of Wikimedia Commons

Initially, the base for the Sd.Kfz.250 / 9 vehicle was to be a basic version of an armored personnel carrier, which from the 1943 of the year was designated as Alte (“Old”). Then a new modification of the armored car went into the series, which was distinguished by the hull design, powerplant, etc. By changing the body with a reduction in the number of parts from 19 to 9, it was possible to slightly simplify the design, as well as to simplify the manufacture of the technique, called the Neu (“New”). Both versions of the armored personnel carrier were later used in the construction of reconnaissance vehicles.

The Sd.Kfz.250 Alte armored personnel carrier was equipped with an armored body of recognizable shape, consisting of a relatively large number of sheets of different shapes and sizes. The corps provided anti-bullet protection and was divided into two main compartments. In its front part, which had a smaller height, fit the engine compartment. Behind him there was a manned compartment in which all the places for the crew and the landing were located.

The case had front sheets 10-14,5 mm thick, located at different angles to the vertical. Two frontal sheets of small size formed a wedge-shaped front wall of the engine compartment, behind which there was an inclined roof. Behind the roof was provided frontal sheet of small height with viewing devices. 8-mm boards differed unusual design. The upper part of the sides of the engine compartment went into the protection of the habitable compartment. As a result, the sides of the middle and rear parts of the hull had a characteristic shape with the bottom sheets sprawled outward and the top set tilted inwards. Behind the hull was covered with a stern sheet 8 mm thick, in which there was a door for access to the car.

As part of the Sd.Kfz.250 Neu project, it was decided to abandon the complex structure of the hull, reducing the number of armor plates needed. The engine compartment at the front and on top was covered with even sheets of the desired shape, and the complex sides of the hull were transformed into a design with fenced niches, ducts and inclined upper sheets. The design of the stern and bottom remained unchanged.

The “old” armored personnel carrier was equipped with a Maybach HL 42TRKM carburetor engine with 99 horsepower. Through a mechanical transmission with seven forward gears and three rear torque transmitted to the drive wheels caterpillars. In the course of the “New” modernization, the armored vehicle received a Maybach HL 42TUKRM engine with similar power ratings. Transmission remained without significant changes.

The chassis of the two variants of the armored personnel carrier was the same. In front of the hull there was a single wheelbridge. It was equipped with leaf springs and was made manageable. It was proposed to maneuver by turning the wheels, which greatly simplified the design of the transmission. A tracked propulsion unit was placed under the central and aft parts of the hull. He received four road wheels of a chess arrangement with an individual torsion bar on each side. The driving wheels were installed in front of the rollers and guides in the stern. Due to the large diameter of the rollers, the running gear did not need support rollers.

In the basic version of the BTR Sd.Kfz.250 was controlled by a crew of two people and could carry four paratroopers. Access to the car was carried out using the stern door and through the side due to the lack of a roof. There was a set of viewing instruments in front of the habitable compartment. Armament consisted of one or two rifle caliber machine guns. The front machine gun was equipped with an anti-rolls, aft mounted on an open pivot installation.


Reconstruction of the appearance of the BRM Sd.Kfz.250 / 9 chassis Alte. Figure Tanks-encyclopedia.com

The Sd.Kfz.250 / 9 project proposed to subject the body of an armored personnel carrier to minor modifications, as a result of which the vehicle could become the carrier of a new combat compartment with higher power weapons. To do this, the body should be closed at the top, installing an armored roof. In the sheet of the roof, in its central wide part, there was a shoulder strap for installing the tower. In connection with the installation of the roof of the car was deprived of funds for the installation of machine guns and the front armor shield.

During operation on the Eastern Front, it was found that the Sd.Kfz.222 armored cars do not meet the requirements for mobility, but at the same time they have satisfactory firepower. This fact was taken into account when developing the design of the reconnaissance vehicle Sd.Kfz.250 / 9. It was decided to borrow a ready-made turret with a full set of weapons, sighting equipment, etc. from the existing armored vehicles. Using this approach, we were able to significantly speed up the development of the project and get rid of the need to deploy the production of new products.

The Sd.Kfz.222 armored tower was a unit of ten-sided shape, consisting of sheets 8 mm thick. The front and aft parts of the tower had a wedge-shaped shape, the sides were parallel to the longitudinal axis of the product. Between the frontal assemblies and the side sheets there were smaller cheek sheets. The roof of the tower project was not provided. At the same time, the fighting compartment was covered with a double-frame construction in the form of frames with a grid. Using this device, it was proposed to protect the fighting compartment from possible hits of hand grenades.

In the center of the frontal part of the tower there was a slot for the trunk of the main gun. To her right there was a smaller slot for the sight, to the left for the machine gun. The main weapon of the Sd.Kfz.222 armored car and, as a result, the Sd.Kfz.250 / 9 combat reconnaissance vehicle was supposed to be the 30 mm KwK 20 automatic cannon. A rifled gun with a barrel length 55 caliber could fire at a rate of up to 280 shots per minute. Provided acceleration of the projectile to speed 780 m / s. Additional armament consisted of a single MG 34 machine gun coupled to a cannon.


Intelligence machine at the front. Photo Worldwarphotos.info

The armament mounting system was equipped with manual pointing drives and allowed firing in various directions. Circular guidance was provided in a horizontal plane, carried out by turning the entire tower. Elevation angles varied from -10 ° to + 80 °, which allowed attacking both ground and air targets. Depending on the situation, the gunner could synchronize the descent of the gun and the machine gun or use them separately. The ammunition consisted of 180 shells for guns and 2000 cartridges for machine guns. According to other data, in the course of adaptation to the new base machine, the gun ammunition was reduced to 100 shells in 10 stores.

Interestingly, the use of the finished tower with a large range of angles of vertical guidance led to some confusion. Because of this feature, in a number of sources the reconnaissance vehicle Sd.Kfz.250 / 9 is referred to as an anti-aircraft self-propelled unit. Nevertheless, the main task of the new project was to provide new equipment for the intelligence units of the army. The possibility of shooting at air targets, in turn, was a useful and enjoyable addition to the main functions.

The crew of the reconnaissance vehicle leichter Schützenpanzerwagen 2 cm was to consist of three people. The driver was located inside the case in its usual place. In the borrowed tower with units located below the roof level, there were two more crew members responsible for the use of weapons: the commander-gunner and loader. The commander was to the right of the weapon, charging - at the left side. The crew had a set of viewing instruments in the hull and turret, as well as sighting equipment. It was suggested to get into the car through the hull aft door and through the open top of the tower. Other hatches or doors were not provided.


Connection equipped with Sd.Kfz.250 / 9 machines. Photo by Chamberlain P., Doyle H. "Complete German Reference tanks and self-propelled guns of World War II "

After a similar modernization with the installation of a new combat module, the reconnaissance vehicle retained some dimensions, while other parameters changed. The length remained at the level of 4,56 m, width - 1,95 m. Due to the installation of the new turret, the height of the vehicle increased to 2,16 m. 。 There was a possibility of acceleration to 6,02-55 km / h, the power reserve reached 60 km.

In March, the Wehrmacht 1942 ordered the production of the first batch of new combat reconnaissance vehicles in the number of 30 units. Soon, the first three samples were collected, which after factory testing went to the front. It was proposed to transfer this equipment to the troops for an inspection in a real war. The first conclusions about the front-line operation of the three Sd.Kfz.250 / 9 were made fairly quickly. Half-tracked vehicles quickly showed their advantages over wheeled armored vehicles, which determined their future.

It was decided to prepare and deploy a full-scale mass production of new reconnaissance vehicles on a better chassis. However, for some reason, the start of production was delayed. The first serial leichter Schützenpanzerwagen 2 cm was able to be assembled only by the middle of the 1943 year. Due to the beginning of the release of equipment with higher characteristics, it was decided to abandon the further assembly of Sd.Kfz.222 armored vehicles. The latest cars of this model were released in June 1943. The change of types of manufactured equipment led to a gradual transition of reconnaissance units to new armored vehicles.


Trophy armored vehicle with new identification marks. Photo by Achtungpanzer.com

In its original form, Sd.Kfz.250 / 9 were produced until the fall of 1943. After that, a new version of this technique appeared, distinguished by a base chassis. Now, reconnaissance vehicles were built on the basis of Sd.Kfz.250 Neu armored personnel carriers with a simplified hull structure and a different power plant. Also, a new modification of the turret was soon introduced, featuring a simplified design of six armor plates. The composition of weapons, however, remained the same.

The release of combat reconnaissance vehicles continued until almost the very end of the war and the surrender of Germany. According to reports, 1943 units of such equipment were released during 324, and 1944 was also released in 318. During the first months of 1945, only 154 machines managed to be assembled. Most of this technology managed to go to the troops and participate in hostilities.

The leichter Schützenpanzerwagen 2 cm / Sd.Kfz.250 / 9 reconnaissance vehicle was created in accordance with the requirements of the Eastern Front. As a result, the vast majority of such equipment was sent to war with the Red Army. The operation of these machines was associated with both positive aspects and disadvantages. The relatively high permeability of the semi-tracked chassis made it possible to move along roads and rough terrain. Gun-gun armament allowed to protect against infantry or light equipment, and observation devices and a radio station provided a solution to the main tasks.

However, the reconnaissance units of the German army regularly suffered casualties. As a result, a significant number of reconnaissance vehicles did not survive until the end of the war. According to reports, of the nearly eight hundred Sd.Kfz.250 / 9 built by the spring 1945, just over half remained in the ranks. Part of this technology was soon destroyed or taken as trophies in the last battles of World War II in Europe.

After the capitulation of Germany and the end of the war, the need for the further exploitation of the existing reconnaissance vehicles disappeared. In addition, now their very existence was a reason for doubt. As a result, in the first post-war years almost all leichter Schützenpanzerwagen 2 cm were sent for breaking, since they no longer had any interest in terms of learning German experience or operating existing machines.


Sd Kfz 222 Armoured Car, Tripoli, 1941 - History

Another of the ubiquitous armored cars employed by every military in World War II.

Let’s take a look at a more or less “typical” piece of hardware.

Going back to the early 1930s, one of the first things the Wehrmacht looked at as part of expansion and modernization was armored cars. Of course such vehicles had served broadly in the First World War, and were tank precursors in a way. But armored cars remain popular after the advent of heavier armor both as a speedy choice for recon, and more broadly as cheap armor.
The first mass produced design was derived from the Horch family of trucks. The Sd.Kfz.221 was a two man vehicle with a single light machine gun in a small turret and 4 wheel drive. The Sd.Kfz.222 was an enlargement of that design, especially the turret. It was a three man vehicle, with the commander and gunner functions separated. With a 20 mm cannon and co-axial light machine gun, even the enlarged turret was a little cramped. It was open topped for better visibility, but an anti-grenade cage could be closed up for close quarters fighting.

The 20 mm gun and 7.92 mm machine gun are co-axial mounted in the turret. The clamshell grenade screen can be closed up as a minimal sort of protection for close quarters fighting. Helps against grenades, not against Molotov cocktails…

The Sd.Kfz.222 entered service in 1937 and served everywhere the German Army went to the end of the War. Nearly 1000 were built by 1943. It was a key part of Reconnaissance Units throughout throughout the War, although North Africa and Russia exposed its weakness with a less developed road network.
From 1941 a reconnaissance version of the Sd.Kfz.250 half-track was considered its replacement (with more room and better off road capability), but this was not a high priority and the older model remained in service to the end.

This particular vehicle served with the Afrika Korp in 1941.
It is a Tamiya boxing of an ICM kit. Which was interesting. It was basically all ICM including photo-etch and decals (very unfortunate on the decals!), それ外 one sprue of Tamiya miscellaneous detail parts. It was interesting to look at the difference. Although the ICM kit is well engineered, fit together well, and really looks great I think but the Tamiya parts clearly have better detail and quality of the mold. Its really striking, especially on parts like the jack that are included by both brands. But in some cases the directions have you performing some silly surgery to remove the of the Tamiya part you need… I generally found it better to just use the ICM part. Clearly the detail sprue was not actually designed for this kit.
Tamiya does this on occasion, they have some marketing agreements with ICM and Italerie (maybe others?). They’re not hiding anything, the box is plainly labeled “parts by ICM”. I imagine it has something to do with distribution networks. But for what its worth I would say check availability of both brands, I strongly suspect if I’d looked harder an ICM boxing would have been available in the US for cheaper.

German Recon Units would have often included both Sd.Kfz.222 and the much heavier Sd.Kfz.232.

Early in the War it was decided to replace the Sd.Kfz.222 with the Sd.Kfz.250 half-track. The half-track was roomier and had better off road capabilities. But complete replacement never happened.

The M8 Greyhound is perhaps a similar American vehicle. Although the Greyhound is more modern (by a couple years) and heavier. And no, it was not used where the roads were lousy.