歴史ポッドキャスト

ヘルムDD-388-歴史

ヘルムDD-388-歴史


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

(DD-388:dp。1,850; 1. 341'4 "ib。35'5":dr。10'4 ";s。35k。;cpl。158、a。45"、4.50車。、16 21 "tt。; cl.Gridley)

ヘルム(DD 388)は、1937年5月27日にノーフォーク海軍造船所によって打ち上げられました。未亡人のJ.M.ヘルム夫人が後援。 1937年10月16日、Comdr中尉に就役しました。 P.H.タルボットが指揮を執っています。

シェイクダウン後、ヘルムは1938年3月までカリブ海で活動しました。夏の演習の後、彼女は1938年10月1日に新しく結成された大西洋戦隊に所属しました。来るべき戦争でとても重要でした。 1939年5月に西海岸に移されたヘルムは、サンディエゴとハワイ諸島からの艦隊演習とスクリーニング操作に従事しました。この任務は1941年の問題を抱えた月まで続き、12月7日の朝、日本の飛行機が攻撃したとき、レルムは真珠湾のウェストロック海峡で進行中でした。駆逐艦は、彼女が人員を配置し、近くにある2発の爆弾によってわずかに損傷を受けている間に、銃を配置し、攻撃者の少なくとも1人を倒しました。攻撃後、彼女はサンディエゴから到着したばかりの空母サラトガのタスクグループに加わり、スクリーニング船と飛行機の警備員を務めました。

駆逐艦は、ハウランド島とベーカー島から内務省の労働者を救助する特別任務で1月20日に出航しました。ヘルムは捕鯨船を使って1月31日に2つの島から6人の男を連れ去った。彼女はその日遅くに日本の哨戒爆撃機に襲われた。彼女の砲手は攻撃者を追い払い、船は2月6日に真珠湾に戻った。

サンディエゴへの往復航海の後、ヘルムは3月15日に真珠湾を出発し、ニューヘブリデスへの事前基地隊を護衛しました。彼女は3月19日にエファテ島に到着し、次の数週間、米国の基地が統合されている間、その地域の船を護衛しました。彼女は5月9日にSSJohn〜Adamsから13人の生存者を救出し、5月17日に珊瑚海の戦いで沈没したオイラーNeoshoから4人を救助しました。これらの部隊はオーストラリアのブリスベンに連れて行かれ、そこでヘルムは5月19日にイギリス海軍少将のクラッチリーの第44任務部隊に加わった。

次の2か月間、ヘルムはオーストラリアの海岸に沿って護衛任務を遂行しました。その後、艦隊は太平洋で最初の攻撃的な水陸両用作戦、ガダルカナル島の占領のために集まっていました。ヘルムは7月22日にニュージーランドのオークランドをフィジー諸島に向けて出発しました。練習着陸後、アドムターナーの艦隊は突然ガダルカナル島とツラギ島を襲い、8月7日に浜辺に到着し、日本人を完全に驚かせた。駆逐艦は、軍隊が下船したときに輸送機をスクリーニングし、最初の2日間にいくつかの攻撃機を撃墜しました。

巡洋艦ヴァンセンヌ、クインシーと。アストリア、ヘルムは8月7日の夜にサボ島周辺の海域をパトロールし、8月8日の夜になると、4隻の船と駆逐艦ウィルソンがサボ島とフロリダ島の間をパトロールしました。 2隻の巡洋艦と2隻の駆逐艦の別のグループが南をパトロールし、ピケット駆逐艦のブルーとラルフ・タルボットがサボ島の北西に駐屯しました。運命的な状況の組み合わせにより、三河提督の巡洋艦と駆逐艦は気付かれずにサボ島に接近することができました。検索と識別の失敗は危険な状況の早期分析を妨げ、サボ島沖の不十分な2隻の船のスクリーンは日本の船について警告していませんでした。警報は駆逐艦パターソン〜によって約0143に鳴らされました。その数秒前に、2隻の魚雷が南部のグループのHMASキャンベラに食い込み、すぐに両方の隊形の巡洋艦が日本の激しい攻撃と戦っていました。ヴァンセンヌの左舷船首にいるヘルムは、被災した巡洋艦を助けるために引き返した。彼女はアストリアのそばに立ち、生存者をガダルカナル沖の輸送機関に連れて行き、残りの部隊と共に8月13日にヌメアに撤退した。第一次ソロモン海戦は惨事でしたが、敗北したとしても、日本軍はガダルカナル島の脆弱な輸送機関を攻撃することができませんでした。多くの必死の戦いが続いたが、アメリカ人はとどまるようになった。

次の数週間、ヘルムはガダルカナル近くの危険な海域に留まり、輸送機関を護衛し、巡視しました。彼女は9月7日にブリスベンに出航し、翌日出発してオーストラリアとニューギニア間の輸送に護衛を提供しました。そこでは別の激しい闘争が進行中でした。ベテランの駆逐艦は数ヶ月間この任務を続け、1943年6月に反対されない上陸のためにLSTをウッドラーク島に護衛し、ミルンベイの重要な基地を保護しました。マッカーサーの軍隊が海軍の覆いの下でニューブリテンに移動する準備をしていたとき、ヘルムは1943年11月29日にガスマタを砲撃し、12月14日に再びミルンベイからケープグロスターの捕獲のためにクラッチリー提督の下で出撃した。ヘルムは、侵攻前の砲撃を支援し、最初の着陸後に近接支援任務を遂行し、輸送機関が降ろされたときにスクリーニング任務を遂行しました。バーベイ提督の第5水陸両用軍団による作戦はスムーズで成功したものであり、位置が確保されるとすぐに、ヘルムとクラッチリー提督の残りの艦隊はサイドロに移動し、バーベイ提督は彼の有名な水陸両用「ホップ」の1つを実行しました。 。」駆逐艦は、海上からの水上および空軍による攻撃を防ぐため、巡洋艦の部隊をスクリーニングしました。

ヘルムは、1944年2月19日に真珠湾に向けて出発するまで、ガダルカナル島とミルンベイエリアで護衛任務を続けました。船はそこからマーレ島海軍造船所に進み、戦艦メリーランドを護衛し、3月4日に到着した。

ヘルムは5月5日にサンフランシスコを出発した。 5日後にパールハーバーに到着した後、彼女はハワイの海でリフレッシュトレーニングに従事しました。彼女は6月4日マジュロと6月7日クェゼリンに到着し、マリアナの侵攻である太平洋を横断するアメリカの水陸両用掃討の次のステップに向けて集結する海軍に加わった。彼女はミッチャー副提督の有名な機動部隊5Sに加わり、6月7日にクェゼリンから出航しました。高速空母グループは、6月11日から13日までの島への西側のアプローチを警備し、エニウェトクの最寄りの前進基地から1,000マイル離れたケリーターナー提督の両生類によって行われた上陸のための空母支援を提供しました。第18任務部隊は、6月18日の小笠原諸島でのストライキから復帰し、決定的な海軍戦闘のためにマリアナ諸島を閉鎖したため、日本艦隊を撃退するために配備されました。偉大な艦隊は6月19日、戦争の最大の空母関与のために互いに接近しました。 4回の大規模な空襲がアメリカ艦隊の編成を襲ったとき、ヘルムのタスクグループからの戦闘機の覆いと船からの地表火災が日本の飛行機を全滅させました。ミッチャーはアメリカの潜水艦の支援を得て、2隻の日本の空母を沈めることに成功し、敵の海軍航空隊に驚異的な損失を与えたため、この戦闘は「マリアナ沖海戦」と呼ばれました。スプルーアンス提督は、その重要性が日本人によく理解されていた戦闘で、侵略軍を保護することに成功しました。トヨタ提督は6月15日、対馬でトーガ提督の言葉を繰り返し、「帝国の運命はこの1つの戦いにかかっている」と述べた。

フィリピン海の決定的な戦いの後、ヘルムと高速空母は、ボニン島と火山島の敵基地を無力化し、グアムの侵攻を支援することに注意を向けました。駆逐艦と巡洋艦によって上映された移動キャリアグループも、7月25日にパラオ諸島への攻撃を開始しました。 EniwetokまたはUlithiで時折休息を取り、空母は9月になるまで硫黄島および西太平洋の他の島々を攻撃しました。ヘルムは9月2日に硫黄島沖で小さな日本の貨物船を沈め、その日遅くに驚いて小さな貨物船を沈めました。

ヘルムと彼女の空母打撃群は1944年9月21日にゼーアドラー湾に到着した。彼らは9月24日に再び出撃した。そして、パラオでの地上支援ストライキの後、タスクフォース全体と17隻の空母を支援船とスクリーニング船で合流させ、西への重要な掃討を行った。 10月10日、沖縄に対してストライキが開始された後、空母はフォルモサの飛行場と軍事施設という真の目的に目を向けました。壊滅的な3日間の攻撃で、空母はフィリピンの戦いやその他の侵略の際の日本人の支援基地としてその島を破壊するために多くのことをしました。敵機は、重く繰り返される陸上攻撃で報復しました。ヘルムは10月1。3日に5インチ砲で1機の爆撃機を撃墜し、さらに数機を撃墜するのを手伝った。

海軍の力と機動性の説得力のあるデモンストレーションである台湾沖航空戦に続いて、タスクフォース38はルソン島の東海岸に戻り、レイテ島の侵攻中に日本の空軍力を無力化するためにフィリピンの敵空軍基地を攻撃しました。 10月24日までに、レイテへの攻撃が、アメリカ艦隊を破壊するための日本軍の最後の努力を呼びかけたことは明らかでした。その3つの主要な艦隊ユニットはフィリピンに向かって移動しました。ノーザングループは、他の空母がレイテ湾の暴行地域に集結して2方面の死の打撃を与える前に、アメリカの空母をレイテから北に誘い込むことになっていた。レイテ沖海戦の歴史的な戦いのために、デイビッドソン少将のタスクグループ38.4のヘルムは、クリタ提督のセンターフォースに注意を向けました。シブヤン海の戦いで正午近くに空母からの飛行機が日本艦に衝突し、巨大な戦艦武蔵を沈め、他の大型船に損害を与えた。

この偉大な戦いの他の2つの段階、サマール沖海戦とスリガオ海峡の戦いが戦われている間、ハルシーは小沢提督の強力な艦隊と交戦するために空母グループを北に連れて行きました。ヘルムと他の地上部隊によって上映された空母は10月25日に空中接触し、一連の壊滅的な攻撃で4隻の日本の空母と駆逐艦を沈めました。このようにして、レイテ島の侵攻が確保され、日本艦隊はもはや効果的な戦闘部隊ではなくなったため、大海軍の戦いは終了しました。

ヘルムと空母は10月20日にレイテで地上作戦の直接支援を再開した。日本の陸上航空機による空襲に加えて、グループは10月28日に潜水艦攻撃も経験した。ヘルムとコンパニオン駆逐艦のグリドリーは正午頃に連絡を取り、空母がそのエリアを通過すると、2隻の船は爆雷を落とし、I-46を沈めました。フランクリンとベローウッドの2隻の空母は、10月30日に自殺機によって被害を受けた。その夜、グループはウリシ島に向けて引退し、2か月以上のほぼ継続的なサービスの後、11月2日に到着しました。

11月5日に再びウリシ島を出発したヘルムと彼女の空母打撃群は、日本の海運と岸の標的に対するストライキのためにフィリピンに戻り、20日を返した。その後、ヘルムはタスクグループ38.4から切り離され、26日マヌスのためにウリシから蒸されました。 2日後に到着した船は、フィリピンのキャンペーンにおける次の重要な水陸両用作戦の準備を開始しました。ルソンヘルムのリンガエン湾への着陸は、リンガエン湾に向かう大規模なタスクグループとともに12月27日に出発しました。そして、船がスールー海に入ると、激しい空襲が始まりました。日本人は、残っている唯一の武器で攻撃し、1月4日に自殺機で攻撃し、護衛空母のオマニーバッグを沈めました。ヘルムと他のスクリーニング船からの銃撃は攻撃者に大きな犠牲を強いました。1月6日から17日まで、駆逐艦はリンガエン湾の西にある空母でこれらの重要な着陸に航空支援を提供しました。船は1月17日に出発し、6日後にウリシに到着しました。

次の日本への島道の停留所である硫黄島の侵攻のために大海軍機動部隊が集まったとき、ヘルムは2月12日、火山島の要塞から到着した護衛隊の画面で微笑んだ。彼女は重要な予備ストライキ中に空母を選別し、19日に始まった侵略を緊密に支援している間彼らを保護した。護衛空母のビスマルク海が沈没したとき、2月21日の大規模な自爆攻撃で、ヘルムは生存者を救出し、彼らを翌日の輸送用足場。

ベテランの駆逐艦は、硫黄島沖で3月7日、修理のためにレイテに向かって蒸気を発するまで、スクリーニング作業を続けました。彼女はすぐに再び進行しました、しかし、太平洋の水陸両用作戦の最後で最大の、沖縄の侵略のために。 3月27日の航海で、彼女は侵略前のストライキのために島沖の護衛空母グループに加わった。そして、4月1日の歴史的な暴行の後、地上支援作戦のために。駆逐艦は彼女の滞在を沖縄から遠ざけて、侵略を撃退するための日本人による熱狂的な最後の努力の間に空母を脅かした多くの自殺機を撃墜しました。ヘルムは6月19日、沖縄を確保してレイテ島に向かった。

沖縄戦後、ヘルムはウリシ島とレイテ島からの護衛と巡視船として働き、1945年8月3日から6日まで不運なインディアナポリスの生存者を探すのを手伝った。彼女は沖縄に戻り、最終的に硫黄島に戻って小笠原パトロールに参加し、9月8日まで海上救助活動を行いました。その後、駆逐艦は日本の佐世保に向けて出航し、9月26日に沖縄に戻るまで輸送ガイドと巡視船を務めました。再び日本に滞在した後、船は10月29日に真珠湾とサンディエゴに向けて出発しました。彼女は11月19日に米国に戻り、1946年6月26日に廃止された真珠湾に戻りました。ヘルムはその夏、太平洋での歴史的な「クロスロード」原子実験の標的船として使用され、船体は1947年10月にカリフォルニア州オークランドのムーアドライドック社が廃棄した。

ヘルムは第二次世界大戦の従軍星章を11個受け取りました。


第二次世界大戦データベース


ww2dbase駆逐艦ヘルムは、1935年9月25日に米国バージニア州ポーツマスのノーフォーク海軍造船所に配置され、1937年5月27日に進水しました。彼の未亡人、エディスベンハムヘルム夫人によって後援されました。 USSヘルムは1937年10月16日に、ポールH.タルボット少佐の指揮下に就役しました。ヘルムの慣らし航海は彼女を英領西インド諸島に連れて行き、その後、船はカリブ海で運航しました。

ww2dbase 1939年2月にカリブ海での艦隊問題XXに参加した後、ヘルムはパナマ運河を通過し、太平洋艦隊に加わりました。ヘルムはまた、1940年2月に艦隊問題XXIに参加し、とりわけ、ハワイのパールハーバーへの空母による空襲をシミュレートしました。米国艦隊が真珠湾に恒久的に駐留したのは、この演習の終わりでした。

ww2dbase 1941年12月7日、ヘルムは真珠湾の東湖の停泊地で姉妹船のUSSブルーと一緒に停泊して1日を始めました。ヘルムは0726時間に離陸し、真珠湾の西湖にある消磁ブイに向かいました。これは減磁手順だったので、ヘルムはコンパスとクロノメーターをブルーに残しました。ヘルムの捕鯨船は両方とも、7人の男性とともに、西湖への船を追っていました。ヘルムはワイピポイントを一周したばかりで、日本の航空機が頭上に現れて爆弾が落ち始めたとき、ウェストロックに入っていました。攻撃が始まったときに港内で進行中の唯一の軍艦として、ヘルムは攻撃者から即座に機関銃を発射しましたが、攻撃はありませんでしたが、捕鯨船は15の銃弾の穴を維持しました。ヘルムはすぐに進路を逆転し、攻撃中に港を出撃した最初の軍艦になりました。ヘルムが入口ブイに到達すると、入口の西のサンゴ礁に潜水艦の司令塔が見えました。ヘルムは潜水艦に発砲しましたが、被害は最小限でした(これは、母潜水艦I-24から発射された酒巻和男のHa-19特殊潜航艇であり、ジャイロコンパスの故障により絶望的に失われました。と捕獲された)。その朝遅く、ヘルムがオアフ島の南にある防衛海域をパトロールしたとき、ヘルムの船首にまたがる2つの100ポンド爆弾を投下した1機のアイチD3A1「ヴァル」単発爆撃機に攻撃されました。ヘルムは脳震盪により軽度の構造的損傷を受け、一晩で悪化し、船は修理のためにパールハーバーに戻った。

ww2dbaseヘルムは1941年12月16日に、ウェーク島を救済するための必死の努力に失敗したキャリアUSSサラトガのスクリーンの一部として再び出航しました。ヘルムはサラトガが魚雷で撃たれる前に別の出撃でサラトガを護衛し、その後ヘルムは中央太平洋のハウランド島とベイカー島への避難任務に出航しました。その後、彼女はオーバーホールのためにカリフォルニアのメアアイランド海軍造船所に入った。

ww2dbase Helmはその後、南太平洋に向けて出航し、前方エリアをプロビジョニングする護送船団を護衛しました。ヘルムは、魚雷を搭載した貨物船ジョン・アダムズの13人の生存者と、珊瑚海の戦いで沈没した真珠湾の生存者オイラーUSSネオショーの4人の生存者を救助しました。その後、ヘルムはオーストラリアのブリスベンに航海し、そこで彼女は合衆国海軍/オーストラリア海軍の合同機動部隊に加わり、護送船団を護衛し、訓練演習を実施しました。

ww2dbaseヘルムはその後、ソロモン諸島のガダルカナル-ツラギ地域を占領して占領する任務を負った部隊で航海しました。ヘルムは1942年8月7日にツラギ上陸をカバーしました。夜のスロット」。この2日目の夜、ヘルムと巡洋艦はサボ島の最初の戦いに引き込まれ、そこで巡洋艦USSアストリア、USSクインシー、USSヴァンセンヌ、オーストラリアの重巡洋艦HMASキャンベラが2隻の駆逐艦とともに失われました。ヘルムは175人のビンセンズとクインシーの生存者を拾いました。生存者を輸送船に移送した後、ヘルムはニューカレドニアのヌメアに向けて出航しました。

ww2dbase Helmは、次の10か月間、エスピリトゥサントとガダルカナルの間、次にオーストラリアとニューギニアの間の護送船団との護衛任務に従事し、同時にいくつかの演習にも参加しました。ヘルムは1943年11月30日にニューブリテンの砲撃に参加し、翌月、ニューブリテンへの陸軍上陸、ケープグロスターへの海上上陸、ニューギニアのサイドロへの陸軍上陸のカバー部隊の一部として過ごしました。ニューギニアとソロモン周辺でさらに護衛が働いた後、ヘルムは南太平洋でほぼ2年間過ごした後、ハワイのパールハーバーに戻りました。

ww2dbase 1944年2月にハワイから、ヘルムは戦艦USSメリーランドをワシントンのピュージェットサウンド海軍造船所に護衛し、ヘルムは1944年5月まで続いた彼女自身のオーバーホールのためにカリフォルニアのマーレ島海軍造船所に入った。 1944年6月のタスクフォースは、マリアナ諸島のサイパン、ティニアン、グアムに対する水陸両用作戦を支援しました。その後、ヘルムは、硫黄島、父島、母島に対するストライキで小笠原諸島を襲うジョッコクラークの有名な遠足の1つで、キャリアのエセックス、ホーネット、ヨークタウン(すべてエセックス級)を上映しました。数ヶ月間護衛を務めた後、ヘルムはマークミッチャーの空母任務部隊の一部として、射撃戦争に復帰しました。ヘルムと彼女のタスクグループが小笠原から戻り、より大きなタスクフォースに再び加わったとき、彼らはフィリピン海の重要な戦いとマリアナ沖海戦に日本人を参加させる準備ができていました。

ww2dbase Helmは、マリアナキャンペーン、ペリリュー島への着陸、およびJockoの「Jimas」へのいくつかのサイドトリップの間、キャリアスクリーンにとどまりました。それらの遠足の1つで、1944年9月2日、ヘルムは北硫黄島沖で50トンの日本の帆船と交戦し、炎上した。その同じ日、ヘルムは硫黄島の南岸近くで100トンの日本の貨物船と交戦し、銃撃により沈没したままにした。

ww2dbase 1944年10月から、空母グループはルソン島から沖縄までターゲットを攻撃することでカバレッジを拡大し、ヘルムはスクリーンの一部として彼らと一緒にいました。 1944年10月13日、フォルモサ(台湾)沖で、ヘルムの機動部隊は日本の雷撃機の編成によって攻撃されました。ヘルムの対空砲火は、三菱G4Mタイプ1「ベティ」爆撃機1機を撃墜したとされています。 1944年10月下旬、ヘルムはレイテ沖海戦、特に1944年10月25日のエンガニョ岬沖海戦でハルシーの空母をカバーしました。日本人がカミカゼスタイルの特殊攻撃の戦術を導入したのはこの時期でした。残りの戦争のために出荷します。

ww2dbase 1944年10月28日、レイテ湾の東で、ヘルムは日本の潜水艦と思われるものとしっかりと接触しました。駆逐艦USSグリッドレイと空母USSベローウッドの航空機の支援を受けて、彼らはよく調整された爆雷攻撃を実施しました。その結果、潜水艦が沈没しました。これは、水中での大爆発に続いて、大量の油と気泡が表面に現れ、甲板の板張りと残骸が残骸場から回収されたことからも明らかです。日本の潜水艦I-46とI-54はどちらもこの日にほぼ同じ地域で失われたため、どちらの潜水艦であるかについては不確実性が残っていますが、I-46はComdr中尉によって指揮されました。山口小三郎が最も可能性が高いです。

ww2dbase 1944年11月下旬、ヘルムは空母機動部隊から分離され、1945年1月に行われるルソン島侵攻の準備のためにマヌスのゼーアドラー湾に拠点を置く第7艦隊に配属されました。 、日本人は特別な攻撃部隊を含む非常に猛烈にそれを攻撃しました。 1945年1月4日、まだスールー海にいる間に、フォーメーションは、空母USSオマニーベイの飛行甲板に突入するまで検出されなかった単一の航空機によって攻撃されました。船は炎上し、その後一連の内部爆発が起こり、船は水中で死んでしまいました。オマニーベイが放棄されていたとき、ヘルムは93人の船員を迎えに行き、巡洋艦USSミネアポリスに配達しました。翌日、スービック湾の西で、ヘルムのタスクグループが再び攻撃されました。今回は、5機の中島Ki-43「オスカー」特殊攻撃戦闘機とそのうちの1機がヘルムに潜りました。ほぼ至近距離で、ヘルムの40mm砲弾の1つが飛行機の左翼を引き裂き、航空機が方向転換して船の上を通過しました。飛行機はヘルムのサーチライト構造に衝突し、プラットフォームの一部を運び去り、サーチライトに損傷を与えた後、機体は海に飛び込みました。 6人の男性が負傷し、1人の船員が船外に流されたが、負傷することなく別の駆逐艦によって救助された。

ww2dbaseルソン島への上陸は、1945年1月6日にリンガエン湾で行われました。ヘルムの任務は、海岸を解雇し、上陸に航空支援を提供していた空母を選別することでした。これは1945年1月17日まで続きました。ヘルムは、海上上陸のために硫黄島に護衛する前に、フィリピン周辺のもう1つの出撃のために空母を選別しました。 1945年2月19日。ヘルムはこの期間中に対空砲火を提供し、損傷した船の生存者を救助するために何度も機会がありました。その後、ヘルムは沖縄周辺で同じ職務に移った。

ww2dbase 1945年8月3日、ヘルムは水中の男性の報告で可能な限り最高の速度で西に進むよう命令を受けたとき、ウリシ艦隊の停泊地の北でレーダーピケットの任務に就いていました。これらの男性は、沈没した巡洋艦USSインディアナポリスの生存者であることが判明しました。ヘルムが到着するまでに、すべての生存者は他の船に拾われており、ヘルムができることは、その地域に浮かんでいるのが見つかった28体を特定し、それらを海に埋めることだけでした。

ww2dbaseヘルムは、キャリアスクリーンの一部として沖縄にもう1回出撃し、撤退中に戦争は終了しました。

ww2dbase Helmは、1945年10月29日に米国に向けて出発する前に、海上救助任務を遂行し、日本中の輸送ガイドとして働きました。彼女はカリフォルニア州サンディエゴに横になり、ハワイのパールハーバーに再び戻りました。ヘルムは1946年6月26日に真珠湾で廃止されました。この船は、太平洋での原子爆弾テスト中に標的艦としてその夏の後半に使用されました[米国海軍の公式史によれば、ヘルムはビキニラグーンのクロスロード作戦中に使用されましたが、ヘルムはリストされていません。これら3つの爆風のいずれかの標的艦の1つとして、どの原子爆弾テストでヘルムが標的艦であったかは不明です]。 1948年5月、ヘルムはカリフォルニア州オークランドで廃棄されました。

ww2dbase彼女の第二次世界大戦のサービスのために、ヘルムは11の従軍星章を受け取りました:

ww2dbase真珠湾攻撃
ガダルカナル-ツラギ着陸/最初のサボ
ガダルカナルの捕獲と防衛
ニューギニア東部作戦
ビスマルク群島作戦
マリアナ作戦
ウエスタンキャロラインオペレーション
硫黄島作戦
レイテ作戦
ルソン島の作戦
沖縄作戦

ww2dbase 出典:
アメリカ海軍
米国国立公文書館
アメリカ合衆国海軍歴史センター
NavSource海軍の歴史
CombinedFleet.com
米国防衛原子力庁
ウィキペディア

最終メジャーリビジョン:2020年9月

駆逐艦ヘルム(DD-388)インタラクティブマップ

ヘルム運用タイムライン

1935年9月25日 駆逐艦ヘルムのキールは、アメリカ合衆国バージニア州ポーツマスのノーフォーク海軍造船所に置かれました。
1937年5月27日 ヘルムは、米国バージニア州ポーツマスのノーフォークネイビーヤードで発売されました。
1937年10月16日 USSヘルムは、米国バージニア州ノーフォーク少佐に就役しました。指揮官のポール・H・タルボット。
1941年12月7日 ホノルル港を巡視している駆逐艦USSヘルムは、愛知D3A1&#39Val&#39爆撃機から投下された100ポンド爆弾2隻にまたがり、軽微な構造的損傷を引き起こしました。
1943年5月17日 駆逐艦USSヘルムがオーストラリアのシドニーに到着し、ウールルームールー埠頭のUSSドビンと一緒に1週間の入札オーバーホールを行いました。
1944年5月5日 駆逐艦USSマグフォード、バッグレイ、ステレット、ウィルソン、ショー、ヘルム、ロス、セルフリッジに護衛された戦艦USSメリーランド、コロラド、ワシントン、カリフォルニアは、カリフォルニア州サンフランシスコを出発し、ハワイのパールハーバーに向かった。
1944年5月10日 駆逐艦USSマグフォード、バッグレイ、ステレット、ウィルソン、ショー、ヘルム、ロス、セルフリッジに護衛された戦艦USSメリーランド、コロラド、ワシントン、カリフォルニアがサンフランシスコからハワイのパールハーバーに到着しました。
1944年10月28日 駆逐艦USSヘルムは、駆逐艦USSグリッドレイと空母USSベローウッドのTBFアベンジャー航空機の支援を受けて、フィリピンのサマール島の100マイル東にある日本の潜水艦I-46またはI-54のいずれかを沈めます。 [I-46とI-54の両方が同じ地域で同じ日に失われたため、ある程度の不確実性がありますが、I-46の可能性が高くなります。]
1945年1月5日 駆逐艦USSヘルムは、ヘルムのサーチライトに損傷を与え、6人の男性を負傷させた、中島Ki-43&#39オスカー&#39特殊攻撃戦闘機に襲われました。
1946年6月26日 USSヘルムはハワイの真珠湾で廃止されました。
1947年2月25日 ヘルムは米国海軍船籍簿から削除されました。
1947年10月2日 ヘルムはスクラップとして売却されました。

この記事を楽しんだり、この記事が役に立ったと思いましたか?もしそうなら、Patreonで私たちをサポートすることを検討してください。月額1ドルでも大いに役立ちます!ありがとうございました。

この記事を友達と共有してください:

訪問者が投稿したコメント

1. RogerSettlemyerは次のように述べています。
2007年10月21日09:54:11 PM

私の父は第二次世界大戦中にこの船に乗りました1クラスソナーマン。彼は1995年に亡くなりました。

2. NyalMoningerは次のように述べています。
2009年11月17日午後8時24分37秒

父のフレッド・モニンジャーが舵を取りました。彼は魚雷兵2cでした。この船や乗組員に関するご連絡をお待ちしております。

3.イボンヌジョルダーノは言う:
2010年7月15日23:12:43

私の父T.C. DuBose GMMC(1987年に主と共にいた)は常に、真珠湾攻撃中に進行中の船はヘルムだけだったが、雑誌が&#34SECURITY&#34のためにロックされていたため、銃を使って火を返すことはできなかったと語った。彼らは生存者を救うことしかできませんでした。それはいつも彼を悲しませました。

4.リチャードフレッチャーは言う:
2016年8月31日午後8時39分32秒

父(マックスフレッチャー)はUSSヘルムにいたのではないかと言われました。情報を確認する人を探しています。彼がいたかどうかを教えてください、または多分私が見つけるために行くことができる場所があります。ありがとう、リチャード

5. DavidStubblebineは次のように述べています。
2016年8月31日09:13:28 PM

リチャードフレッチャー(上)
ヘルムマスターロールは第二次世界大戦中にマックスフレッチャーをリストしていません。 1940年から1942年にかけてマスターロールに数回登場するウィリバジャードンフレッチャーがいますが、他のフレッチャーはありません(マスターロールには、私がアクセスできない別のリストに参加している男性役員のみがリストされています)。あなたの最善の策は、彼のサービス記録のコピーを要求することです(思ったより簡単です)。 http://www.archives.gov/research/military/ww2/ww2-participation.pdfを参照してください。

6. PatFaltermanは次のように述べています。
2016年12月7日07:45:57 AM

父のホレス&#34ケイシー&#34ファルターマンは、真珠湾攻撃を含む第二次世界大戦のほとんどの間、舵を取りました。その間、ヘルムの乗組員リストへのリンクを探しています。 911攻撃が発生したとき、私はUSAF飛行タンカーの大尉として空中に浮かんでいました。

7.ジムウルフは言う:
2016年12月28日06:11:41 AM

私の父(ジャック(ジョン)ウルフ)が舵を取りました。私もヘルムの任務期間中の乗組員リストへのリンクを探しています。

8. DavidStubblebineは次のように述べています。
2016年12月28日11:20:36 AM

ウォルフ氏(上):
あなたが求めている乗組員リストは、海軍によってマスターロールと呼ばれています。完全なマスターロールは四半期ごとに編集され、変更のレポートは月ごとに完了することもありました。これらのロールは、国立公文書記録管理局によって管理されており、要求に応じて紙のコピーを提供できます。ウェブサイトFold3.comには、スキャンされてインターネット経由で利用できるマスターロールのほぼ完全なセットがありますが、これはサブスクリプションサイト(お金が欲しい)であり、Ancestry.comの補助サイトです。私のFold3.comサブスクリプションは、私にとって年間約80ドルの費用がかかり、それだけの価値があります。
ヘルムのマスターロールをチェックすると、1943年9月8日にオハイオ州シンシナティに入隊したジャック(n)ウォルフ、サービス番号613 52 35が、1944年5月21日にパールハーバーでシーマンファーストクラスとしてヘルムに乗ったと報告したことがわかります。彼は1946年1月にヘルムマスターロールで最後に言及され、ラジオマンの3級として、1945年12月27日にサンディエゴで船から降ろされました。あなたは彼の海軍のサービス記録のコピーを要求したいかもしれません、それはそれが思っているより簡単です。参照:https://www.archives.gov/veterans/military-service-records

9. DavidStubblebineは次のように述べています。
2016年12月28日11:35:23 AM

ファルターマン氏(上記#6):
申し訳ありませんが、12月7日にコメントが届きませんでした。Wolff氏(上記)への返信をご覧ください。re:MusterRolls。 1941年2月14日にルイジアナ州ニューオーリンズに入隊したホレス・アンソニー・ファルターマン、サービス番号274 59 46は、ヘルムに乗ったレーダーマンであり、訓練任務のためにさまざまな時間に船に乗り降りしたようでした。興味深いことに、Helm Muster Rollsには​​、1939年11月14日にニューオーリンズに入隊したClifford Paul Falterman、サービス番号274 4076も記載されています。兄弟?

10.ジェリースティーブンスは言う:
2017年9月22日05:57:41 PM

私は今日、サウスカロライナ州グリーンビルのリタイヤメントホームでUSSヘルムの帽子をかぶった男に会いました。私は彼にそれについて尋ねました、そして彼は彼がこの船に仕えたと言いました。彼は90代で信頼できます。船名をグーグルで検索してここに着きました。彼の名前を調べる必要があります。私が持っているのは名パットだけです。

11.ジェリースティーブンスは言う:
2017年9月24日09:46:00 AM

私は今日、サウスカロライナ州グリーンビルのヘイウッドエステートのミサで彼に会いました。機械工セカンドクラスパトリックチャールズハッカー。彼は1943年から1946年までUSSヘルムに勤務していました。 http://memory.loc.gov/diglib/vhp/bib/loc.natlib.afc2001001.52714

12.ジャックKは言う:
2020年8月31日23:04:54

私の祖父ハミルトンバーベッジは第二次世界大戦で舵を取りました。 Any Information would be appreciated. He died several years ago. He didn't talk about his WWII service. I think he was a gunner of some type but not sure.

訪問者が提出したコメントはすべて、提出者の意見であり、WW2DBの見解を反映するものではありません。


Pearl Harbor [ edit |ソースを編集]

At 0755 on the morning of 7 December 1941, had just turned into West Loch in Pearl Harbor, en route to deperming buoys, Ώ] when Japanese carrier planes attacked the naval base. It was the only ship under way at the beginning of the attack. ΐ] The destroyer manned her guns and brought down at least one of the attackers while she was strafed and slightly damaged by two bombs close aboard. After the attack, she joined the task group of carrier USS サラトガ, just arrived from San Diego and served as screening ship and plane guard. &#911&#93


Ships similar to or like USS Helm (DD-388)

The 2nd ship of the United States Navy to be named for Captain Robert Henley, an officer in the United States Navy during the Quasi-War with France, the War of 1812 and the Second Barbary War. Launched 12 January 1937 by the Mare Island Navy Yard, Vallejo, California sponsored by Miss Beryl Henley Joslin, a collateral descendant of Captain Robert Henley and commissioned 14 August 1937, Lieutenant Commander H. Y. McCown in command.ウィキペディア

Bagley-class destroyer in the United States Navy, named for USMC Second Lieutenant Ralph Talbot (1897&ndash1918), who was awarded the Medal of Honor during World War I. Talbot served in the Pacific Theater during World War II, from the attack on Pearl Harbor through the battle of Okinawa, earning 14 battle stars for her service.ウィキペディア

Benson-class destroyer in the United States Navy during World War II. Named for Lieutenant Commander Henry C. Nields.ウィキペディア

Mahan-class destroyer in the United States Navy before and during World War II. The second ship named for Stephen Cassin, an officer in the United States Navy.ウィキペディア

Clemson-class destroyer in the United States Navy during World War II. The second Navy ship named for Secretary of the Navy Samuel L. Southard .ウィキペディア

Benham-class destroyer in the United States Navy during World War II. Named for John Lang.ウィキペディア

Benson-class destroyer in the United States Navy during World War II. Third Navy ship of that name, and the first named for Commander James J. Madison , who was awarded the Medal of Honor during World War I. Wikipedia

Built for the United States Navy.それらは、ロンドン海軍軍縮会議によって標準的な移動量が1,500トンに制限され、1930年代に建造された一連のUSN駆逐艦の一部でした。ウィキペディア

Farragut-class destroyer in the United States Navy during World War II. Named for Isaac Hull.ウィキペディア

United States Navy warship during World War II. Noted for being torpedoed by a German U-boat in October 1941, before the U.S. had entered the war.ウィキペディア

The lead ship of her class of destroyers in the United States Navy during World War II. Named for Admiral William S. Benson .ウィキペディア

Clemson-class destroyer in the United States Navy following World War I. Named for Henry Wasmuth.ウィキペディア

World War II-era Porter-class destroyer in the service of the United States Navy. Named for Thomas Stowell Phelps, who was a Rear Admiral in the US Navy in 1884. Wikipedia

The third ship of the United States Navy to be named for Ensign Worth Bagley, officer during the Spanish–American War, distinguished as the only U.S. naval officer killed in action during that war. Laid down on 31 July 1935 at the Norfolk Naval Shipyard, Portsmouth, Virginia launched on 3 September 1936 sponsored by Miss Bella Worth Bagley, sister of Ensign Bagley and commissioned on 12 June 1937, Lieutenant Commander Earl W. Morris in command.ウィキペディア

Benson-class destroyer in the United States Navy during World War II. The second ship named for Admiral Oscar Farenholt.ウィキペディア

Benson-class destroyer in the United States Navy during World War II. The second ship named for Lieutenant Stanton Frederick Kalk.ウィキペディア


Helm DD- 388 - History

ブリキ缶セーラー
駆逐艦の歴史

DD-388 was named for RADM James Meredith Helm who reached prominence during the Spanish-American War both for his exploits while in command of the gunboat USS HORNET in the Cuban blockade and at the battle of Manzanillo. Helm would go on to command the Fourth Naval District during World War I.

HELM enjoyed a brief shakedown period before being assigned to fleet operations with the Atlantic squadron, both along the East Coast and in the Caribbean. By May 1939, her services were needed with the fleet in the Pacific, so she transited the Panama Canal to ultimately make her new home at Pearl Harbor. HELM was underway in West Loch when the Japanese attacked the vast naval base on December 7, 1941. She immediately manned her guns and her accurate fire was credited with bringing down at least one enemy raider, although the Japanese repeatedly strafed and bombed the tin can. When USS SARATOGA (CV-3) arrived at the anchorage following the attack, HELM was assigned to the carrier for escort and plane guard duties.

Like many of her sisters, HELM's duty assignments took her to the southwest Pacific, to finally come under the control of Task Force 44. Early tasks were unpleasant. After the nearly disastrous battle of the Coral Sea, HELM was given the task of rescuing survivors. It was a role she would perfect over the coming months.

On the night of August 8, 1942, HELM found herself escorting three cruisers southeast of Savo Island near Guadalcanal. The patrol line, plus two others to the southwest and south, was to block enemy attempts to destroy the American transports supplying the Guadalcanal beachhead. Japanese Vice Admiral Mikawa Gunichi, an expert in night warfare, was able to maneuver his force of seven cruisers and one destroyer without being seen by a picket destroyer. By the time the Americans identified the enemy force, it was too late. Japanese torpedoes were already in the water. As the battle swirled around the American cruisers, HELM battled both to protect her charges and aid in their efforts to prevail. Despite DD-388's gallant efforts, the battle was a serious setback for American forces. In all, three American and one Australian cruiser would be lost in the battle of Savo Island, but the Japanese attempt to devastate the beachhead had failed. HELM would continue to support efforts in the Southwest Pacific until 1944.

Upon returning from a much-needed refit at Mare Island, HELM was reassigned to VADM Marc Mitcher's Task Force 58. HELM's task group would sweep through the islands of the central Pacific, overwhelming Japanese opposition in a show of absolute power that was to culminate in the "Marianas Turkey Shoot", an air/sea battle that cost the Imperial Japanese Navy three carriers and the cream of Japan's naval air force.

Action later shifted to the waters around Iwo Jima, where HELM sank a freighter and a small cargo ship attempting to resupply the besieged Japanese garrison.

For the remainder of the war, HELM's carrier group remained one of the premier striking forces in the Pacific. DD- 388 found herself battling air raids off the Philippines, screening flattops in the waters near Taiwan, and splashing kamikazes off Okinawa. She even had the sad duty of searching for survivors of the ill-fated USS INDIANAPOLIS (CA-35).

When peace finally came to the Pacific, HELM was assigned as a shipping guide and patrol vessel in the waters around Sasebo, Japan.

The intrepid destroyer would ultimately be decommissioned on June 26, 1946 and used as a target ship for Operation Crossroads, the atomic bomb tests at Bikini Atoll. Even that could not sink the durable tin can. She was finally towed to the West Coast, to be sold to the Moore Dry Dock Company for scrapping in 1947.


This photo of USS Helm DD 388 personalized print is exactly as you see it with the matte printed around it. You will have the choice of two print sizes, either 8″x10″ or 11″x14″. The print will be ready for framing, or you can add an additional matte of your own choosing then you can mount it in a larger frame. Your personalized print will look awesome when you frame it.

私たち パーソナライズ your print of the USS Helm DD 388 with your name, rank and years served and there is NO ADDITIONAL CHARGE for this option. After you place your order you can simply email us or indicate in the notes section of your payment what you would like printed.例えば:

アメリカ海軍の船員
ここにあなたの名前
Proudly Served: Your Years Here

This would make a nice gift for yourself or that special Navy veteran you may know, therefore, it would be fantastic for decorating the home or office wall.

The watermark “Great Naval Images” will NOT be on your print.

Media Type Used:

NS USS Helm DD 388 photo is printed on アーカイブ-安全な酸を含まないキャンバス using a high-resolution printer and should last many years. The unique natural woven texture canvas offers a 特別で独特の外観 キャンバス上でのみキャプチャできます。 Most sailors loved his ship.それは彼の人生でした。彼は多大な責任を負い、最も近い船員と一緒に暮らしました。 As one gets older, the appreciation for the ship and the Navy experience will get stronger. The personalized print shows ownership, accomplishment and an emotion that never goes away. When you walk by the print you will feel the person or the Navy experience in your heart.

We have been in business since 2005 and our reputation for having great products and customer satisfaction is indeed exceptional. You will, therefore, enjoy this product guaranteed.


Helm DD- 388 - History



タイプ Destroyer
クラス Somers
Built by Bath Iron Works (Bath, Maine)
敷設 26 March, 1936
発売 24 September, 1938
委託 25 January, 1939
End service 1 November, 1945
歴史 Decommissioned 1 November 1945.
Stricken 28 November 1945.
Sold and broken up for scrap in 1946.

These large destroyers were designed as leaders for squadrons of the older FLUSH DECK class.
Built between 1935 and 1938, they introduced the twin 5"/38 gun mounts which later became
standard secondary armament for United States cruisers, battleships, and aircraft carriers.
Four of these mounts proved too much for destroyers, however, and two mounts were
removed (the B mount replaced by a single gun) to improve stability as new equipment was added during the war.

USS Moffett & USS Jouett share credit for sinking U-128 while patroling
the South Atlantic with SOMERS, DAVIS & WINSLOW. No leaders were lost to U-boats.
USS Porter was sunk by a Japanese submarine, and USS Warrington foundered in a Bahamas hurricane.


Destroyer Leaders

13 built
Displacement 1850 tons
Complement 280

武装:
4 twin 5", Depth charge throwers, 2 or 3 quad 21" torpedo tube mounts

Detection:
ASDIC、レーダー、HF / DF

Max speed 37 knots

USS Porter (DD-356), USS Selfridge (DD-357), USS McDougal (DD-358), USS Winslow (DD-359), USS Phelps (DD-360), USS Clark (DD-361), USS Moffett (DD-362), USS Balch (DD-363), USS Somers (DD-381), USS Warrington (DD-383), USS Sampson (DD-394), USS Davis (DD-395), and USS Jouett (DD-396)

U-boats sunk (at least partial credit): U-128

Destroyer Leader destroyers lost to U-boats: None


Pearl Harbor Attack, USS Helm (DD-388)

DD388/A1603
(483)
米国Helm,
December 11, 1941.

From: The Commanding Officer.
To: The Commander in Chief, U.S. PACIFIC FLEET.

Subject: Action during air raid on December 7 ? Report on.

Reference: (a) CinCPAC desp., 102102 December 1941.

In compliance with reference (a) the following report is submitted:
NARRATIVE
0726 Underway from berth X-7 for deperming buoys at West Loch. All hands at special sea detail stations. Both boats manned and in the water with instructions to follow the ship to West Loch. All magnetic compasses and chronometers had been left in the Blue preparatory to deperming.
0755 Turned into West Loch channel and headed up toward deperming buoys.
0759 First enemy plane sighted in shallow dive over Ford Island, headed northwest. Observed first bomb hit on hanger at southwest end of Ford Island. Called crew to General Quarters. Executive Officer went below to assist in opening magazines and getting ammunition to guns.
0800 Torpedo planes sighted approaching from direction of Barber's Point. They passed over West Loch channel and dropped torpedoes either in North Channel or across the island. Targets for these planes appeared to be ships in berths F-9 to F-13. The planes came in low, and several strafed the ship. All bullets missed the ship by a few feet. No fire was opened, since the forward machine guns which could bear were coated with preservative grease and had to be cleaned before they could fire.
0800 Backed engines and commenced maneuvering ship out of West Loch channel to head for entrance.
0805 Opened fire with after machine guns at planes over the main channel, followed shortly by the forward machine guns firing at passing torpedo planes.
0807 Opened fire with 5" battery. No hits observed.
0810 In main channel steaming toward entrance. Fire from port after machine gun, manned by HUFF, W.C., GM.2c, 337 00 90, hit plane approaching from south. Plane veered sharply, caught fire, and crashed behind trees near Hickam Field. Ordered all boilers lighted off.
0813 Passed gate vessel.
0817 Sighted conning tower of submarine to right of channel, northward of buoy #1. Gave orders to open fire, pointer fire, but submarine submerged before guns could get on.
0818 Increased speed to 25 knots, cleared entrance buoys, turned right.
0819 Submarine conning tower surfaced.
0820 Opened fire on submarine off Tripod Reef, bearing 290 distance 1200 yards from buoy #1. No hits observed, but there were several close splashes. Submarine appeared to be touching bottom on ledge of reef, and in line of breakers. While still firing at submarine it apparently slipped off ledge and submerged.
0820 Main contact relay on power panel of steering motor short circuited due to loose pigtails. Bridge lost steering control. Orders were given to shift to hand steering, commenced maneuvering ship by engines. Main circuit breakers opened, taking all light and power off ship for about one minute.
0820 Made plain language contact report of Submarine to CinCPAC on 2562 Kc.
0821 Men on after guns and amidships observed torpedo pass close under the stern on a northwesterly course. Report of this did not reach the bridge.
0824 The shift to hand steering was completed.
0830 Steaming on various courses and speeds off harbor entrance, steering by hand, firing intermittently at enemy planes, and searching for submarines, numerous large splashes being observed close at hand. One plane under fire from forward machine guns was observed to veer sharply away and may have been hit.
0900 Destroyers commenced sortie.
0915 Small enemy fighter plane approached ship from astern (northwest), in medium glide and dropped two bombs, which exploded in water 50 yards off port bow and 20 yards off starboard bow. Plane was sighted by after machine gun crews while close in on dive. They opened fire, but apparently did not hit plane. Ship was swinging rapidly to port, which probably caused bombs to miss. Ship shook violently and all forward part was deluged with water. Steering casualty had just been repaired, but shock shorted relay again and hand steering was continued. Cyro rotor tumbles all repeaters out. Choke coils tubes and resistors in sound gear burned out echo ranging inoperative.
0920 (about) Received orders by TBS to patrol sector 3.
0930 Shifted steering motor power to diesel generator regained bridge control of steering.
1000 Reported to ComDesRon Four that ship was patrolling sector 3. Continued patrol until orders were received at 1215 to rendezvous on Detroit.
1100 Sound listening watch heard screws on starboard quarter. Ship circled for attack but lost contact. No depth charges dropped.
1215 Received orders to join Detroit. Ceased patrolling.

SPECIAL REPORTS
Offensive measures taken:
5" and .50 caliber fire at all enemy aircraft within range, after 0805. Fire was slow due to necessity of breaking ammunition out of magazines and belting all but a small amount of .50 caliber ammunition. Total of 90 rounds 5" and 350 rounds .50 caliber was expended.

5" fire at enemy submarine off Tripod Reef at 0820.

Damage to enemy:
One plane shot down by machine gun fire at 0810. One plane possibly hit by machine gun fire at 0830.

Possible fragment hits on conning tower of submarine at 0820.

Own losses and damage:
Losses:

There were no losses or injuries to personnel.

Steering casualty at 0820. This was not the result of enemy action, and was probably caused by vibration incident to heavy backing while clearing West Loch channel and shock of gun fire.
Damage as result of bomb near-misses at 0915:
Seams below water line on starboard side forward sprung. A-15, A-301, A-401, and A-402 flooded. These compartments were closed off and pumped out during the afternoon.
Steering gear inoperative due to phase relay breaking loose on panel and short circuiting main contact relay which had just been repaired from previous casualty.
Cyro rotor tumbled all repeaters inoperative. This casualty rendered impossible effective director control of AA fire, due to absence of own course component. All magnetic compasses had been landed preparatory to deperming.
Welded seams around director pedestal on director platform cracked on three sides where pedestal is secured to top of director tube. At the time, this damage did not render director inoperative. On the following day, these seams cracked open further due to high speeds and heavy seas, until director was in imminent danger of going overboard. Shored up director on all sides, reported situation to ComDesRon Four, and was directed return Pearl.
Choke coils, tubes, and resistors in QCB power unit in sound room burned out, rendering echo ranging inoperative. Listening facilities not affected.
Sheared rivets and burned out tubes in rectifiers in main radio room. Temporary repairs effected immediately.
TBS contactor relay on motor generator knocked out of adjustment.
FS smoke generators jumped tracks, breading air line connection.
Conduct of personnel:
Throughout the attack the conduct of personnel was of the highest order. Men of the engineer force and torpedomen turned to without orders belting Machine gun ammunition and breaking out powder and projectiles. The spirit evidenced by all hands was a true "fighting spirit" the Commanding Officer knows of no instance where this was not the case.


サンディフックスクールシューティング

2012年12月14日、コネチカット州ニュータウンのサンディフック小学校で、アダムランザは自分自身に銃を向ける前に20人の1年生と6人の学校職員を殺しました。その日早く、彼は彼らが共有した家で母親を殺した。

サンディフックの銃乱射事件は、当時、バージニア工科大学での2007年の銃乱射事件に続いて、米国で2番目に致命的な銃乱射事件でした。

午前9時30分直後、20歳のアダムランザが学校へのアクセスを得るために、サンディフックの施錠された正面玄関の横にある板ガラスの窓から撃ちました。騒音を聞いて、校長と学校心理学者は調査に行き、半自動拳銃、2つの半自動拳銃、および複数回の弾薬で武装したランザに撃たれて殺されました。ランザはまた、他の2人のサンディフックのスタッフを撃ち、負傷させた。

その後、彼は2つの1年生の教室に入り、一方の部屋で2人の教師と15人の生徒を、もう一方の部屋で2人の教師と5人の生徒を撃墜しました。ランザが殺害した子供たちは、12人の少女と8人の少年で、6歳と7歳でした。 2つの教室の1年生12人が生き残った。

ランザは警察が彼に近づいているのを聞いたとき、午前9時40分頃に教室で自殺した。

警察はすぐに、その朝早く、サンディフックに到着する前に、ランザが自宅で52歳の母親を射殺したことを知りました。彼女は息子が彼の致命的な大暴れで使用した武器を所有していました。

捜査官は、少年としてサンディフックに参加したランザが攻撃の計画と実行に単独で行動したと判断しましたが、彼の行動の動機を見つけることも、サンディフックを標的にした理由を見つけることもできませんでした。

2013年11月、コネチカット州の弁護士は、ランザが通常の生活を送り、他の人と交流する能力に影響を与える重大なメンタルヘルスの問題を抱えていることを指摘するレポートを発表しました。レポートによると、彼と一緒に&#x201C彼の将来の行動を予測するものは何も見られなかった&#x201D。

サンディフック銃乱射事件の余波で、バラクオバマ大統領は新しい銃の安全対策を求めましたが、彼の主要な立法目標である銃購入者の身元調査の拡大は、米国上院によって阻止されました。

コネチカット州の州都ハートフォードの南西約45マイルに位置する約27,000人の住民がいるニュータウンのコミュニティは、最終的にサンディフック小学校を解体することを決定しました。 2013年の秋に取り壊され、同じ場所に新しい学校が建設されました。


Did Vikings really wear horned helmets?

Forget almost every Viking costume you’ve ever seen. Yes, the pugnacious Scandinavians probably sported headgear when they marched into battle, but there’s no reason to believe it was festooned with horns. In depictions dating from the Viking age�tween the eighth and 11th centuries—warriors appear either bareheaded or clad in simple helmets likely made of either iron or leather. And despite years of searching, archaeologists have yet to uncover a Viking-era helmet embellished with horns. In fact, only one complete helmet that can definitively be called “Viking” has turned up. Discovered in 1943 on Gjermundbu farm in Norway, the 10th-century artifact has a rounded iron cap, a guard around the eyes and nose, and no horns to speak of.

The popular image of the strapping Viking in a horned helmet dates back to the 1800s, when Scandinavian artists like Sweden’s Gustav Malmström included the headgear in their portrayals of the raiders. When Wagner staged his �r Ring des Nibelungen” opera cycle in the 1870s, costume designer Carl Emil Doepler created horned helmets for the Viking characters, and an enduring stereotype was born.

Malmström, Doepler and others may have been inspired by 19th-century discoveries of ancient horned helmets that later turned out to predate the Vikings. They may also have taken a cue from ancient Greek and Roman chroniclers, who described northern Europeans wearing helmets adorned with all manner of ornaments, including horns, wings and antlers. But not only did this headgear fall out of fashion at least a century before the Vikings appeared, it was likely only donned for ceremonial purposes by Norse and Germanic priests. After all, horns’ practicality in actual combat is dubious at best. Sure, they could help intimidate enemies and maybe even poke out a few eyes, but they would have been even more likely to get entangled in a tree branch or embedded in a shield.


ビデオを見る: Pearl Harbor-The Battle (かもしれません 2022).