歴史ポッドキャスト

ローマの解放奴隷はどのような地位と権利を持っていましたか?

ローマの解放奴隷はどのような地位と権利を持っていましたか?


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

奴隷がローマ市民によって解放されたとき、彼はローマ市民になりましたが、特定の法的障害がありました。たとえば、公職に立たず、軍隊に加わることができず、一般に、支援するために特定の宣誓を行う必要がありました。彼の パトロン (元マスター)、彼に投票することによって、彼よりも金持ちにならないことなど。

明らかに、これらの多くは いいえ 投票、就任、軍隊への参加ができなかった女性に適用されます。それで-解放された女性は彼女の前の主人/愛人に対して義務を持っていましたか、そして彼女の権利/地位は自由に生まれたローマの女性のものとどのように異なっていましたか?また、女性として、彼女はまだ彼女のマスターの対象でしたか ポテスタ?そして、彼女がその後ローマ市民と結婚する必要がある場合、彼女は夫の地位を取得しましたか、それとも合法的に freedwoman とは対照的に フリーボーン?


紀元前18年のLexJulia de Maritandisは、上院議員が解放奴隷と結婚することを禁じましたが、解放奴隷が後援者と結婚した他の例では、彼女には離婚の権利がありませんでした。解放奴隷には、4人の子供が生まれるまで遺言の恩恵を受ける権利がありませんでした(3人の子供がいる場合は他の女性)。

AD4のLexAelia Sentiaは、解放された奴隷(性別を問わず)は、30歳以上、支配権は20歳以上で、治安判事の前に解放された奴隷はローマ市民になると述べました。奴隷が30歳になる前に解放された場合、解放された女性または解放された女性と結婚し、少なくとも1歳の息子がいれば、奴隷は市民になることができます。鎖につながれた、拷問された、またはブランド化された奴隷は解放される可能性がありますが、ローマ市民になることはできませんでした。彼らはローマから少なくとも100マイル離れたところに住まなければならず、意志の恩恵を受けることも、意志を作ることもできませんでした。

AD9のLexPapia Poppaeaは、解放奴隷に4人以上の子供がいる場合にのみ独立した意志を作る権利を与えましたが、彼女の財産の一部は常に彼女のパトロンに没収されました。

これがあなたの質問のいくつかに答えるのに役立つことを願っています。


古代ローマの売春

古代ローマの売春 合法であり、認可されていました。古代ローマでは、最高の社会的地位のローマ人男性でさえ、道徳的な不承認を招くことなく、どちらの性別の売春婦にも自由に従事することができました[1]。同時に、売春婦自身は恥ずべきことだと考えられていました。ほとんどが奴隷か元奴隷であったか、出生によって解放された場合は 悪名、人々は社会的地位を完全に欠いており、ローマ法の下で市民に与えられたほとんどの保護を奪われました。彼らは俳優や剣闘士と共有した地位を持っていましたが、そのすべてが性的魅力を発揮しました。 [2]ローマが公式にキリスト教化され始めた4世紀のいくつかの大きな売春宿は、観光名所として数えられていたようで、おそらく国有でした。 [3]性的奴隷制には、後援と売春の2種類がありました。売春婦は税金を払わなければなりませんでしたが、後援者はそうしませんでした-しかし、後者であることがより受け入れられると考えられました。 [4]

ほとんどの売春婦は奴隷または解放奴隷であり、自発的売春と強制売春のバランスを決定することは困難です。奴隷はローマ法の下で財産と見なされていたため、所有者が奴隷を売春婦として雇用することは合法でした。 [5] 1世紀の歴史家、ヴァレリウスマキシマスは、解放奴隷が奴隷としての時代に所有者から売春を強要され、処女を失ったときに自分の幼い娘を殺したという複雑な性心理学の物語を紹介しています。家庭教師。 [6] [7]

レイプは古代ローマでは犯罪でしたが、奴隷には人としての法的地位がなかったため、法律は「商品に損害を与えた」場合にのみ奴隷のレイプを罰しました。ペナルティは、所有者の財産の「損害」に対する補償を所有者に提供することを目的としていました。

時々女性奴隷の売り手は ne serva 彼女が売春されるのを防ぐための所有権書類の条項。 NS ne serva 条項は、新しい所有者またはその後の所有者が奴隷を売春婦として使用した場合、彼女は自由になることを意味しました。 [8]

アウグストゥスの法律は、姦通の罪で有罪となった女性が売春宿で強制売春を宣告される可能性があることを認めていました。法律は389年に廃止された。[9]

ラテン文学は売春婦に頻繁に言及しています。 LivyやTacitusなどの歴史家は、愛国心が強い、法を遵守する、または傲慢な行動を通じてある程度の尊敬を獲得した売春婦について言及しています。高級な「コールガール」 (meretrix) ギリシャのモデルの影響を受けたプラウトゥスのコメディのストックキャラクターです。 Catullus、Horace、Ovid、Martial、Juvenalの詩、および サテリコン ペトロニウスの、売春婦の架空または風刺的な一瞥を提供します。現実世界の慣行は、売春を規制するローマ法の規定、および碑文、特にポンペイからの落書きによって文書化されています。売春宿と推定される場所からのポンペイとヘルクラネウムのエロティックアートも、売春に関する学術的見解に貢献しています。


ローマの解放奴隷はどのような地位と権利を持っていましたか? - 歴史

彼らは素晴らしい富、権力、特権を享受していましたが、これらの特典には代償が伴いました。ローマの指導者として、彼らはその危険な権力闘争を避けることができませんでした。

贅沢な生活

ローマとその巨大な帝国の絶対的な支配者として、皇帝と彼の家族は適切なスタイルで暮らしました。彼らは最高の別荘に滞在し、最高の食べ物を食べ、最も壮大な服だけを着ました。

人生は贅沢で贅沢で贅沢なものでした。皇帝の家族は、音楽、詩、狩猟、競馬などのお気に入りの娯楽を楽しんで日々を過ごすことができました。

宮殿の陰謀

それでも、それは簡単な生活ではありませんでした。皇帝の継承は厳密には遺伝的ではありませんでした。王位は兄弟、義理の息子、さらには優遇された廷臣に渡される可能性があり、相続人は上院の承認を受ける必要がありました。

その結果、王宮は常に政治的陰謀に満ちていました。潜在的な相続人とその家族は常に彼らの名前を押し、彼らの主張をし、地位を求めて奮闘する必要がありました。

彼らは、自分の家族のメンバーを含め、王位を争うライバルに目を光らせなければならず、上院内の多くの派閥を監視する必要があります。最終的に、最終的な賞品を確保するには、裏切り、裏切り、さらには殺人が必要になることがよくあります。それはすべて、最も強く、最も決心した人だけが生き残ることができる非常にストレスの多い生活を作りました。

愛国者

皇帝とその親戚のすぐ下にランクされた貴族の家族は、ローマとその帝国を支配していました。 「貴族」という言葉は、「父」を意味するラテン語の「パトレ」に由来し、これらの家族は帝国の政治的、宗教的、軍事的リーダーシップを提供しました。

ほとんどの貴族は古い家族からの裕福な地主でした、しかしクラスは皇帝によって故意に昇進された選ばれた少数に開かれていました。

良い教育

貴族の家庭に生まれた少年は、通常は家庭教師から広範な教育を受けます。これは、洗練された貴族が知ることが期待される主題と、彼の将来のキャリアに必要ないくつかの主題に焦点を当てます。詩と文学、歴史と地理、いくつかの神話とギリシャ語のような重要な言語がすべて教えられます。

ローマ人はまた、人前で話すことと法律のレッスンが良い教育の不可欠な部分であると考えました。ほとんどの若い貴族の男性は、これらの2つの主題が重要であった政治と政府のキャリアに進みます。しかし、貴族の家族はまた、古代の神権を継続するのを助けることが期待されていました。

特権的な地位

貴族階級はほとんど特権を享受しませんでした:そのメンバーは他の市民に期待されるいくつかの兵役を免除され、貴族だけが皇帝になることができました。しかし、この資格にはそれ自体の危険が伴いました。貴族は宮殿の陰謀に巻き込まれてしまう可能性があります。彼らが負けた側にたどり着いた場合、彼らは簡単に彼らの家、彼らの土地、そして彼らの命さえも失う可能性があります。

しかし、陰謀と政治は別として、王室と貴族の家族の両方のメンバーはほとんど仕事や本当の責任に直面せず、当時のローマの他の住民と比較して確かに比較的魅力的な生活に恵まれていました。


次の場所:
ローマ時代の生活 家庭生活
古代ローマの宗教 ローマの崇拝


ローマの解放奴隷はどのような地位と権利を持っていましたか? - 歴史

古代ローマでの結婚

現代の西洋世界の私たちにとって、結婚は二人が公にお互いへの愛と一緒に人生を築きたいという願望を宣言する機会です。愛はローマの結婚とは何の関係もなかったので、私たちは彼らの目にその目的が何であったかを尋ねる権利があります。ローマの結婚は、父親の財産の相続人となる嫡出子を生み出すために存在していました。市民権は、合法的に結婚した2人の市民から生まれた人にのみ与えられる貴重な指定でした。市民間の合法的な結婚の外で生まれた人は誰でも法律の観点から劣っていた。男性は、自分がどれほど重要で、どれだけ人生を愛していても、永遠に生きることはないことをよく知っていました。金持ちの男は、地下の壁の穴にコインの袋を隠していたかもしれません。株式市場も、所有者の努力をほとんどまたはまったく必要とせずに定期的な収入を生み出す社債や国債もありません。ほとんどの本当の富は、誰かがそれに注意を払い、それを働き、そして管理を実践した場合にのみ収入を生み出す農地または営利企業の形でした。ローマ人は、金持ちであろうと貧乏人であろうと、彼らが蓄積したどんな資本も、単に使うだけでなく実際に不動産を管理することができる相続人なしで単に蒸発することを知っていました。もちろん、富の有無にかかわらず、老後の家や年金制度がなかったので、誰もがすべての重要な息子が老後の必要なケアを提供することを望んでいました。

結婚には2つの家族の支援が必要であり、そのため、双方に価値のあるものを提供する必要があります。クラスのはしごの下にいる人はほとんど期待していなかったので、両親のニーズを念頭に置いて結婚を手配した可能性は低いですが、確かに上流階級はそうしました、そして若い女の子は両親と戦う立場さえありませんでした結婚相手の選択と同じくらい重要なことについて。何年にもわたって、女性の経済力と社会における女性の地位は徐々に増加しましたが、理論的にも実際的にも、少なくとも娘の最初の夫を選ぶ父親の権利は、共和国と帝国。

結婚と婚約は法的に認められた条件であり、両方とも同意が必要でした。 14歳は女の子が結婚するのに普通の年齢でしたが、彼女が7歳のときに婚約することは不可能ではありませんでしたが、[1]若すぎて、インフォームドコンセントを与えることはもちろんのこと、どの結婚ができるのかさえわかりませんでした。サイドは、理由を示したりペナルティを課したりすることなく、いつでも自由に契約を解除することができました。持参金は、特に裕福な人々の間で、結婚計画の一般的な部分でした。名目上は妻の所有物であり、新しい世帯の資産の一部となり、夫または彼のパトレスファミリアスによって管理されていました。男性は、婚約の象徴として、婚約者に左手の第3指に装着する指輪を与えることがあります。幸運と見なされる日と不幸と見なされる日があったため、結婚の日付を選択することにいくらかの注意が払われました。さらに重要なのは、新しい花嫁が夫のマヌスに入るか、父親の力の下にとどまるかを決めることでした。共和国の前世紀か2世紀の間、そして帝国全体を通して、ほとんどの結婚は「マヌスなし」でした。つまり、妻は父親の権威の下にとどまりました。女性が誰かの管理下にある必要がある場合、別の家に住む溺愛する父親は、夫よりもはるかに良い賭けでした。

結婚登録はなく、夫婦が結婚していることを宣言する権限を持つ国の任命された人も必要ありませんでした。必要なのは4つだけです。新郎新婦は自由な市民であり、思春期を過ぎている必要があり、夫と妻になることを意図して同意し、関連する保護者の同意を得る必要があります。 [2]その後、花嫁は新しい夫の家に連れて行かなければならず、結婚を完了したのはこの証書です。 [3]結婚式の書面による文書は必要ありませんでした。一緒に寝ることは結婚をしませんでした[4]そして分離は1つを壊しませんでした[5]数えられたのは関係する個人の意図でした。

僧侶や治安判事ではなく、夫婦が結婚を宣言した一方で、私たちと同じように友人や家族が参加する式典は非常に一般的でした。あなたが偶然に現代の結婚式に出くわした場合、たとえ彼らがすべて見知らぬ人であったとしても、キャラクターのキャスト---花嫁、花婿、花嫁介添人、案内人、最高の男、両親---を識別するのは簡単でしょう、そしてあなたは確かにそうするでしょう予期せぬ到着の直前に何が起こったのか、そして次に何が起きようとしていたのかを問題なく知ることができます。現代の花嫁は、「古いもの、新しいもの、借りたもの、青いもの」を持っているかもしれません。ローマの結婚式には、同様の標準的な材料のセットがありました。典型的な「ブライダルドレス」は、腰の周りに二重の結び目のあるウールのガードルが付いた裾のないチュニック(チュニックレクタ)でした。サフラン色のマント(パラ)がチュニックの上に着用され、彼女のサンダルはしばしば同じサフラン色に染められました。細いバンドで区切られた6つの人工毛(セニクリン)のパッドが彼女自身の髪型を保護しました。衣装は彼女の頭と顔の上部を覆う燃えるようなオレンジ色のベール(フラメナム)で完成しました。

家族に囲まれた花嫁は、花婿とその家族や友人を家に迎え、式典の場所に連れて行った。豚や他の動物が犠牲になりました。占い師は内臓を調べ、占いは好意的であり、神々は結婚を承認したと主張しました。この非公式の立場は、その任務が1回の結婚式で始まり、1回の結婚式で終わったが、犠牲の中で何を想像したかに関係なく同意することが期待されていた家族の友人によって行われた。結婚契約があった場合は、新郎新婦が署名し、2家族から選ばれた10人の証人が印鑑を貼った。その後、夫婦は誓いを交わしました。

その後、夜が明けると、花嫁の家から花婿の家へと騒々しい行列があり、前述のように、合法的に夫婦になった瞬間でした。フルート奏者とトーチベアラーがいたかもしれません。 3人の若い男の子が花嫁を導き、花嫁介添人は彼女の糸巻き棒と紡錘を運びました。これは、新しい家庭の紡績工と織工としての彼女の役割の象徴です。花嫁が花婿の家の玄関先を横切って運ばれることがよくありました。彼女が途中でつまずいた場合、それは非常に不運であると考えられていたからです。

ジュピターのような特定の主要な神々の国家指定の司祭(フラミネスと呼ばれる)は、新郎新婦が10人の証人の前でエンマーコムギの食事を共有し、女性を彼女の夫のマヌス。タキトゥスは、ティベリウスの時までに結婚規則が木星の司祭の適切な候補者を見つけることを非常に困難にしたので、彼の妻が宗教的な儀式の範囲内でのみ彼のマヌスの下にいることを許可するように規則を変更しなければならなかったと私たちに言います心配していた。そうでなければ、彼女は他のローマ人の妻と同じように考えられることになっていました。 [6]

ローマ人が結婚について話したとき、彼らは私たちが今見た2つの取り決めのどちらかを指していましたが、これらは両方の当事者が市民である場合にのみ有効でした。彼らは結婚の完全な法的地位を欠いていましたが、一緒に人生を築くという彼らの決定を何らかの正式な方法で示したいカップルには他の手続きが利用可能でした。彼らの主人の許可があれば、奴隷はコントゥベルニウムとして知られる夫婦関係を確立することができ、そのような組合は合法的な結婚と同じくらい安定していたようです。満足している奴隷はうまく働く可能性が高く、結果として生じる子供は彼の労働力に追加できる追加の奴隷であったため、所有者にとってそのような取り決めには利点がありましたが、関係は主人の善意に依存し、ペアの1つが販売されないことを保証します。

側室はおそらく常に存在していましたが、上院議員とその息子および孫が解放奴隷と結婚することが違法になる帝国まで、彼らは公式の承認を得ませんでした。そのような関係はとにかく続くつもりだったので、法律は、娼婦のはるか上の場所を占めているが、妻ほど高くはないとして、娼婦を認めるようになりました。男性は妻を1人持つことも、側室を1人持つこともできますが、両方を持つことはできませんでした。女性が法的に妻になる資格がない場合、または女性が男性よりも下層階級である場合、彼女は側室である可能性があります。この地位は彼女にほとんど法的保護を与えませんでしたが、それは組合の永続性の社会の認識を意味し、現代の西側世界で「内縁の妻」と呼ばれることもありました。未亡人は奴隷を解放し、彼女を側室として連れて行ってください。法的に解放された奴隷はローマ市民権を取得し、後援者の許可があれば結婚することができました。上院議員とその息子および孫は解放奴隷と結婚することはできなかったが、他の階級の男性は結婚することができたが、社会階級の違いのために結婚を避けることを好むことが多かった。側室から生まれた子供は合法ではないため、母親の名前が付けられます。離婚はかなり簡単に達成できましたが、彼女の常連客の解放奴隷の側室は彼の許可なしに分離することができなかったことに注意するのは興味深いことです。 [7]この技術は、奴隷制から抜け出すためだけに結婚の口実を使う奴隷女性を防ぐために必要であると考えられていた。前の所有者以外の誰かと結婚した解放奴隷は、他の妻と同じくらい簡単に関係を終わらせることができました。

最後に、市民でも奴隷でもないローマの街またはその州の1つに住んでいた多くの人々がいました。彼らは働き、経済に貢献しましたが、彼らが法律に従い、問題を起こさない限り、ローマ政府は彼らにほとんど関心を示しませんでした。そのような住民は、公職に就いたり、政府に参加したりすることはできませんでしたが、一緒に住んで結婚したふりをした場合、誰も気にしませんでした。彼らの「結婚」には法的な正当性がなく、法廷で支持されることはなく、女性が浮気をした場合、彼女は姦淫の罪で起訴されることはできませんでしたが、それを超えて、関係はおそらく本物と同じくらい現実的でした市民同士の結婚はそうだったでしょう。


古代ローマにおける女性の役割—歴史的な絵をつなぎ合わせる

古代ローマにおける女性の法的地位

古代ローマの女性は男性と同等の法的地位を持っていませんでした。法律により、ローマの少女と女性は、パトレスファミリアス、夫、または法的に任命された後見人であるかどうかにかかわらず、ほとんどの場合男性の管轄下にありました。彼女の人生を通して、女性はある男性の支配から別の男性へ、最も一般的には父親から夫へと移る可能性があります。

ローマ人の母親は、法的地位が劣っていますが、家庭内で強い人物であり、子供の育成と教育を監督する上で重要な役割を果たし、家庭の円滑な日々の運営を維持することが期待されていました。

とりわけ、ローマ人の妻は、自尊心があり、パトレスファミリアスに強い支援を提供することが期待されていましたが、挑戦することはありませんでした。

ローマの金持ちと貧乏人の女性

貧しい家庭のローマ人女性は、家族の男性と同じように、しばしば一生懸命働かなければなりませんでした。したがって、ほとんどの女性の日常生活は男性とそれほど変わらなかったが、法的には劣った地位を与えられていた。上流階級の女の子はほぼ完全に家庭内で育ち、家の外に出かけることはめったにありませんでした。

これはビデオシリーズからのトランスクリプトです ローマの台頭。 Wondriumで今すぐご覧ください。

高学歴の女性の有名な例はいくつかありますが、全体として、特に初期および中期共和国では、女性の過度の知識または知的能力は疑惑と嫌悪感を持って見なされていました。少女の教育の主な焦点は、糸を紡ぎ、衣服を織る方法を学ぶことでした。

ほとんどの貴族の女性はおそらく10代半ばに結婚し、20歳までに結婚しなかった女性は逸脱していると見なされました。その後、皇帝アウグストゥスは、未婚の20歳以上の女性に厳しい罰則を科す法律を可決することにより、この判決を正式なものにしました。少女が結婚した男性は、通常、経済的または政治的な理由で父親によって選ばれました。ローマ人は私たちよりも親しい家族同士の結婚を許しました。最初のいとこが結婚することは許されていました、そして、初期の帝国から、叔父は彼らの姪とさえ結婚することができました。

古代ローマの結婚

石棺の正面からの断片。ローマの結婚式を示しています。 (画像:不明/パブリックドメイン別)

結婚は政治的手段であり、2つの家族または派閥間の同盟を固めるために使用されました。政治家は、政治的忠誠心が変化するにつれて結婚、離婚、再婚したり、子供たちの間で結婚を契約したりすることが非常に一般的でした。

子供を政治的なポーンとして使いたいという願望は、子供が非常に若い年齢で、時には赤ちゃんとしてさえ従事することにつながりました。これを抑えるために、婚約するには二人は少なくとも7歳でなければならないという法律が可決されました。

婚約を象徴するために、男性(または男の子)は婚約者の左手の中指に鉄の指輪を置きました。この理由は、人体の解剖を行っているときに、ローマの医師は、この指から心臓に直接走る神経を発見したと信じていたためです。法的拘束力のある結婚をすることは非常に簡単でした。

唯一の要件は、公の意思表明でした。結婚は、家族の神々が崇拝され続けることを確実にするために子供を産むことを目的とした宗教的義務と見なされていました。

共和国のほとんどの間、最も一般的な結婚形態は、 マヌス 結婚。 マヌス ラテン語で「手」を意味し、この結婚は、女性が父親の手から夫の手に渡った財産の一部と見なされていたという事実からその名前が付けられました。

このタイプの結婚では、女性には権利がなく、彼女が持っていた財産はすべて夫の管理下にありました。彼女自身は彼女の夫と娘の法的な同等物と考えられていました、そして彼は父が娘の上に持っていた生と死のすべての力を持っていました。

結婚式—古代ローマの結婚の種類

3つの方法がありました マヌス 結婚は合法的に契約される可能性があります。

最も古風な、と呼ばれる confarreatio 結婚、一連の複雑な宗教的儀式に従事する必要がありました。

2番目の、より一般的なのは coemptio 結婚。この結婚形態では、花婿は象徴的に花嫁の父親にお金を与えたため、彼女を財産のように購入したと見なされていました。

最後の並べ替えは usus 結婚、または使用によって達成される結婚。で usus 結婚して、男女はただ一緒に暮らし始め、1年間一緒に暮らした翌日、女性は夫の支配下で亡くなりました。 マヌス 結婚。これはおそらく、普通のローマ人や貧しいローマ人の間で最も典型的な種類の結婚でした。

法的拘束力のある結婚は単なる意図の表明で構成されている可能性がありますが、今日と同じように、人々がその機会を象徴的に示すために一般的に行った多くの儀式がありました。それらが説明されているように、それらのいくつかが現代の結婚式の儀式のようであり、これらのいくつかのインスピレーションとなった可能性があることに注意してください。通常、花嫁になる予定の人は、子供のおもちゃを家の神々に捧げ、子供から女性へと移行していることを示します。

彼女は子供の頃、通常はポニーテールで髪をまとっていたでしょうが、結婚式の日、髪は6本のストランドに分けられ、複雑な方法で頭の上に結ばれ、円錐形。彼女の髪は曲がった鉄の槍の頭を使って分けられるのが伝統的でした、そしてすべての中で最高の槍の頭は剣闘士を殺すために使われたものでした。剣闘士は時々精力の象徴と見なされていたので、おそらくこの習慣は肥沃な組合を確保する方法と見なされていました。花嫁はそれから彼女の靴が一致した明るいオレンジ色または赤の色の透明な布のベールを身に着けました。彼女のチュニックは白く、彼女は頭にマジョラムの花輪を置いた。

ディオスクーロイの石棺、花嫁のベルトを手にしたローマのカップルの結婚を描いた詳細は、夫がベッドで解く予定だった夫が彼女に「ベルトを付けられ、縛られた」ことを象徴する結び目を示している可能性があります。 (画像:Ad Meskens /パブリックドメインによる)。

友人や親戚の集まりの前で、さまざまな犠牲が払われ、女性は夫に「私は今あなたの家族です」と宣言し、その時点で彼らの手が加わりました。これに続いて、新しい新郎新婦が2つの椅子に並んで座り、その上に1つの羊皮が張られたごちそうが続きました。饗宴では、ゲストが「フェリシター!」それは「幸福」または「幸運」を意味します。夕方の終わりごろ、花嫁は母親の腕の中に置かれ、花婿がやって来て母親の手から彼女を引き裂きました。

ローマの家族の女性

妻の主な任務は子供を産むことでしたが、身体的に成熟する前に結婚した人もいたため、当然のことながら、多くの若い妻が出産中に合併症で亡くなりました。ローマの女性に関する主な情報源の1つは、墓石です。

ローマ人の妻の主な義務は子供を産むことでした。 (画像:Marie-Lan Nguyen(2009)/パブリックドメイン)

これらの多くは、12歳または13歳で結婚し、5〜6回出産し、20歳になる前に出産した少女の悲しい話を記録しています。これらの墓石は、ローマ人男性が理想と見なしたものへの最良のガイドでもあります。妻の資質。夫が亡くなった妻を説明するために使用する最も一般的な肯定的な属性には、貞潔で、従順で、友好的で、古風で、質素で、家にいるコンテンツ、敬虔な、シンプルな服装、糸を紡ぐのが得意、布を織るのが得意などがあります。

ローマ人の男性が墓石で賞賛された一つの方法は、彼らが妻を親切に扱ったと言うことでした。そのような親切は不必要で、おそらく珍しいことでさえあるという意味です。たとえば、マヌス結婚では、夫は妻を罰せずに殴打する可能性があり、妻が「不正行為」をした場合はそうすることが期待されていました。

夫と妻は子供を産む義務がありましたが、彼らの間にはあまり愛情がなかったようです。結婚は、ロマンチックな関係ではなく、社会的および政治的な関係と見なされていました。多くのローマ人の男性と女性が自分で配偶者を選ばなかったため、この暖かさの欠如のいくつかは疑いの余地がなく、しばしば彼らの間には大きな年齢差がありました。

女性はほとんどの時間を家庭の範囲内で過ごすことになっていた。上流階級の女性が家を出て、市場、風呂、寺院、または女性の友人を訪ねたとき、彼らはしばしば、通りの汚物を避け、隠されたままでいるために、奴隷によって運ばれるカーテン付きのくずで運ばれました。人前では見られない。

女性は謙虚で貞潔であるはずでした。ローマの婦人服は彼女を完全に覆うことを目的としており、彫像は女性が自分のことを伝えるための特定のジェスチャーをしていることをよく描いています。 プディチティア または謙虚。夫への忠実さは非常に重要でした。女性が貪欲、野心的、派手、または自己宣伝することは間違っていると考えられていました。

古代ローマの女性の生活についてのよくある質問

古代ローマの女性 軍隊では許可されていませんでしたが、今では彼らが参加したと考えられています 勝利の儀式 .

NS 古代ローマの女性の社会生活 彼らは投票も就任もできず、ほとんどの時間を夫と子供たちのニーズに応えるために家で過ごすことが期待されていたため、制限されていました。しかし、市場にいる間、彼らはとても社交的でした。

の役割 ウェスタの処女 神権においては、厳密に 古代ローマの女性 .


古代の女性の地位

20世紀後半には女性の自由運動やフェミニズムが典型的であるというイメージが時々ありますが、古代でも伝統の壁や壁を打ち破ることに成功した女性がいました。続きを見る!

20世紀後半には女性の自由運動やフェミニズムが典型的であるというイメージを抱くことがありますが、古代でも伝統の壁や壁を打ち破ることに成功した女性がいました。続きを見る!

女性の地位は社会によって大きく異なります。古代では、ほとんどの人は実際には家業であった農業からパンを稼いでいました。その年齢の女性にとって最も頻繁な仕事は家政婦の仕事でした。古代ローマに関する限り、ローマ法によれば、女性はかつて父方の権威から夫の権威に移りました。金持ちの未亡人でさえ、自分の財産を守りたいのなら男が必要でした。ローマの女性は紀元前1世紀になって初めてより多くの権利と自由を手に入れ始めました。

ローマの女性は自分のビジネスを所有することを許可されていませんでした。提案すら許されなかった長い間、男性は妻のアドバイスや意見に興味を持ち始めた。また、裕福な家庭に属する女性は働きませんでした。したがって、仕事は奴隷と下層階級のために予約されました。

女性の主な仕事は家の世話をし、子供を育てることでした。しかし、貧しい女性は生き残るために働かなければなりませんでした。奴隷の女性は、上流階級の女性の使用人または家政婦および個人的なメイドとして働いていました。奴隷には合法的に結婚する権利はありませんでしたが、両親が奴隷である子供も奴隷であったため、生殖を目的とした性的関係を持つことは許可されていました。彼らは主人によって解放され、自由な男性になることができましたが、彼らの子供だけが市民の地位を獲得することもできました。彼らが解放されたとき、彼らはまた彼ら自身を維持する手段を与えられました。彼らは必要なときにいつでも彼らを助け続けた彼らの主人に忠実であり続けました。

結婚祝いの日は慎重に選ばれ、この月のお気に入りの月は6月でした。 First there was the religious ceremony, then the acts were signed and finally there was a feast for friends and relatives. Romans considered family and marriage to be extremely important. Many Roman marriage traditions have been kept up to these days. Thus, the ring is placed on the left hand’s third finger in order to symbolize engagement the bride is wearing white veal on her head and the presence of the best man. Roman girls were considered to be fit for marriage at the early age of 14. The father of the bride was the one to choose a husband for his daughter, so the economic interest and the inter-family relationships were considered to be more important than love.

In the ancient Greece, women were considered to be inferior species, with an IQ lower than the children. In Athens there was discrimination between: citizens and residents legitimate born vs. illegitimate born married vs. unmarried women. Philosophers considered that women had powerful emotions and low brains. For this reason, they needed protection from themselves. Each woman had her own guardian (the husband or the closest male member of the family) who had control over her life. She could own clothes, jewelry, personal slaves and could buy cheap trifles for herself. Citizenship offered women the right to marry a citizen, but no other political or economic rights. The average age for marriage for women in Athens was 13-14 years, while for men it was around 30. The father or the guardian gave away the dowry and arranged the marriage. The main reasons for marriage were: keeping and protecting the property, reproduction for the purpose of a help from the part of the children and heritage. Women had the duty to bear legitimate children and to look after the house. They would very rarely get out of the house and only accompanied by slaves, upon the occasions such as festivals or funerals. If a woman was seen alone on the street, people believed she was either a prostitute, or a slave or a concubine. Unlike the Egyptians and the Romans, woman was forbidden to get out of her room while her husband had guests.

Here are but a few of the ways in which women were discriminated in ancient times. Some of them are and seem outrageous to us, given the raising feminist movement in the world today. We could start learning to appreciate the change and understand how much suffering there was before and how blessed we are to live in freedom!


What did "Romans" from the Roman Empire call themselves

Not the people living in the city, but, for example, someone living in what is today France, or, Egypt. If someone had asked them what nation they lived in, what would they say?

I know 2 years ago a similar question was asked but that seemed more focused on the city.

Basically, what we would consider Ancient "China" was, by those living there, called the "Middle Kingdom" or "Zhongguo" and not "China". I'm wondering if there was a similar case for "Rome"

This is a really good question, and I'm sure you already realise that there isn't a simple answer. Unlike modern nation states, the Roman empire was pretty heterogeneous, with a huge array of different communities living under Roman control, but engaging with Rome in a huge variety of ways. Experience of living in the Roman Empire varied considerably depending on where a person lived, their social or legal status, and the period in which they were living. Ethnic or national identity is a complex and shifting thing, so any attempt to generalise risks obliterating the kind of interesting and important nuances that mean a lot to individuals. Nevertheless, I'm going to try!

In general, it's safe to assume that the same terms would have been used away from the city of Rome to describe the territory we know as the Roman Empire. Insofar as the Empire was conceived as a single unit, it would have been known as something like imperium populi Romani (the Empire of the Roman People), or simply imperium Romanum (the Roman Empire) These terms are used by Augustus in the first century AD, (Res Gestae chapter 27, here) and Tacitus in the second century (Germania 29). Ammianus Marcellinus, writing in the fifth century, uses the term Romanae res (Roman state), and plenty of earlier authors still used the term レス・プブリカ to refer to the state (literally 'the public matters' or 'public business) - Rome was still techincally a republic after all, and 'the Senate and People of Rome' were still technically in charge, albeit with the emperor overseeing the state.

So if you pushed a person living in the Roman Empire to tell you what state they lived in, they might give you one of those as an answer. However, it's not as simple as that, and depending on who you asked, and where you were asking the question, you might get very different answers. If you happened to ask someone who was a full Roman citizen, they are certainly likely to think of themselves as living in the 'Roman Empire', but that might not have been the case for non-citizens, or people who held citizenship of an incorporated city or territory. Before AD 212, when Caracalla made every free inhabitant of the empire a citizen, there was a huge array of different potential legal and social statuses that could apply to a person. For example, independent citizenships still existed in the Greek cities of the eastern Mediterranean, such as Athens, Cyrene and Alexandria. It was perfectly possible for a person to hold both Alexandrian and Roman citizenship at the same time, but which was considered more important is likely to have varied from individual to individual, and in different contexts (much like a resident of, say, Houston might feel different about their status as a Texan or an American at different times. If you asked that person where they were from, you might get different answers depending on when and where you were when you asked). Exactly how these different citizenships interacted with each other seems to have been a complicated business. Pliny the Younger tried to get Roman citizenship for his Egyptian doctor, only to find out that, for reasons Pliny doesn't really understand, the doctor should have been granted Alexandrian citizenship first, then Roman (see the relevant letters from Pliny to the emperor Trajan here).

In the west, tribal affiliations also continued despite the Roman conquests, and individuals could display those ethnic origins if they wanted. One of my favourite inscriptions is the tomb of a woman called Regina, who died some time in the second century in South Shields, northern Britain. The text is very simple, but contains a huge quantity of information that is relevant to our discussion here:

D(is) M(anibus) Regina liberta et coniuge Barates Palmyrenus natione Catuallauna an(norum) XXX

To the spirits of the departed (and to) Regina, his freedwoman and wife, a Catuvellaunian by tribe, aged 30, Barates of Palmyra (set this up).

From this we can see that Regina was a British girl - the Catuvellauni tribe were originally from around Verulamium (now St Albans, just north of London), but became the slave and then wife of Barates, who was originally from Palmyra, in Syria. If she was properly manumitted then Regina would have been a full Roman citizen, although you wouldn't know it from her tombstone. Barates might have been a citizen too, but again he thought it was more important to record his home city, rather than his allegience to Rome.

I've only brought up a few individuals here, so if you multiply that by hundreds of millions, across four or five centuries of Roman imperial rule, you can see what I mean about this being a complex question!


Eques

Our editors will review what you’ve submitted and determine whether to revise the article.

Eques, (Latin: “horseman”) plural equites, in ancient Rome, a knight, originally a member of the cavalry and later of a political and administrative class as well as of the equestrian order. In early Rome the equites were drawn from the senatorial class and were called equites equo publico (“horsemen whose mounts were provided for by the public”). They were the most influential members of the voting assembly called the Comitia Centuriata. From the beginning of the 4th century bc , non-senators were enlisted in the cavalry they provided their own horses (equites equo privato). By the 1st century bc , foreign cavalry tended to replace them in the field and thus to restrict the equestrian order to posts as officers or members of the general’s staff. By this time the equites had become a class distinct from the senators. Unlike senators they were legally free to enter the fields of commerce and finance. Known as publicani, those who were businessmen enriched themselves by securing contracts to supply the army and to collect taxes and by exploiting public lands, mines, and quarries in the provinces. In this way the equites became a prosperous business and landowning class, eventually forming a third political group, along with the 最適化populares, whom they occasionally rivaled in the growing power struggle in Rome.

Augustus, the first emperor (reigned 27 bc – ad 14), reorganized the equestrian order as a military class, thus removing it from the political arena. The emperor appointed its members (under the republic they had been appointed by the censor). Qualifications for membership were free birth, good health and character, and sufficient wealth. Senators’ sons were eligible by right of birth but lost this title on admittance to the Senate. In an equestrian career a number of subordinate military posts were obligatory, although dependent on nomination by the emperor. A purely civil career became possible in the 1st century ad as the equites expanded into the imperial household much like modern civil servants. Their business background and connection with public finances seemed particularly to qualify them for the role of imperial agents in the financial administration of the provinces. They also held military authority in Egypt and in some of the smaller provinces.


Could women in Ancient Rome hold any power?

Freeborn Roman women were not able to vote, hold political office or serve in the military, and only rarely owned land or businesses in their own right. Largely excluded from education, the women of Ancient Rome were forever subject to their fathers and husbands, to the point of having no legal rights over their own children.

That’s not to say that they couldn’t become successful in business and politics, such as Eumachia of Pompeii, who was an extremely wealthy business magnate.

Aside from the wives and mothers of Roman emperors, who often held a significant amount of political power, the only official high-ranking job open to women was religious.

The Vestal Virgins (who kept the sacred fire of Rome burning) were of particularly high status. As priestesses of Vesta – the goddess of the hearth, home and family – the six women would serve for 30 years and held significant power, including independence from their fathers’ rule and they could also manage their own property.

The odds, however, were stacked against Roman women. When Rome encountered societies where women held positions of power, or were treated as being equal to men, they were viewed as being profoundly ‘barbarian’.

Answered by one of our Q&A experts, historian and author Miles Russell